ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

介護タクシーとして営業する資格とは?

介護タクシーを開業するときに必要な資格は?

介護タクシーはケアドライバーともいい、今後の需要が増えると予想されている職業の1つです。
通常のタクシーとは違って必要な資格があると思っている方も多く、今後の需要に応じて開業しようと思っている方もいます。
主に介護タクシーを開業するときに必要な資格は普通自動車二種免許、介護職員初任者研修(ヘルパー2級相当)で、通常のタクシーに必要な普通自動車二種免許に加えて初歩的な介護の資格があれば開業できます。

また少し気を付けたいのが、介護タクシーのドライバーとして働くなら初任者研修は要りませんが、ケアドライバーとして働くなら初任者研修が必須となります。
初任者研修以外でも実務者研修や、介護福祉士、ケアマネなどの資格がある方も介護タクシーに転身できます。

介護タクシーは介護サービスを含めたタクシーというニュアンスがあります。
主に乗降の際の介助が必要になるので、どうしても初任者研修が必要になります。
初任者研修を取得している方ならご存知のように、介助することはいくつものコツやポイントがあります。
ただ手伝えば良いものではないので、正しい基礎的な知識が必要になるんです。

介護タクシーに役立つその他の資格とは?

介護タクシーは介助できれば良いのではなく、ユニバーサルドライバー研修、ハートフルアドバイザー研修、サービス介助士(ケアフィッター)、普通救命講習、などの研修や資格を持っているとさらに役立つといえます。

接客向上のための研修や、高齢者や障害者に適切な接客サービスをする研修、必要に応じて高齢者や障害者におもてなしと安全な介助を提供する技術、万一の際に応急処置や適切なサービスの提供ができることは、高齢者や障害のある方にとっては頼れることです。
介護タクシーだから安心して乗れる、という信頼を得るためにもこうした役立つ研修や資格はできるだけ取得しておく方が良いです。

ケアマネの勉強方法とは?

ケアマネの試験に向けた勉強方法とは?

ケアマネの試験は筆記試験で、1問1点の問題が合計で60問ある試験です。
そのため介護支援分野と保健医療福祉サービス分野の2つの分野で8割程度の合格点が必要と言われていて、その勉強方法もとても重要だと言われています。

主な勉強方法は独学、通信講座、通学スクールの利用などがあり、独学でも1万円くらい、通信講座で4万円前後、通学スクールで10万円くらい費用がかかります。
どの勉強方法も特にどれが群を抜いているということはなく、どれだけ自分が努力できたのかにかかっています。

違いがあるとすれば、通信講座や通学スクールの場合は、過去問と比べて出題傾向が全く違ったときには責任を取ってくれたり、また出題傾向がガラッと変わっても適応できるだけの勉強ができるともいえます。
独学の場合はそういった情報を得るところがなく、浅く広く勉強する以外にない状態のとなり、少し不利かもしれません。

勉強方法は独学するとしても1人ではなく複数人でやるか、できればWebをうまく活用して情報を得ながら進めていくことがおすすめです。

ケアマネの試験に合格するためのコツ

ケアマネの試験にできる限り合格するためには確実に取れる特典を確実に取り、得点の取りこぼしをなくし高得点を目指すことが必要です。
ケアマネの試験の内容は年々難しくなっていると言われています。
そのためどのような勉強スタイルでも自分なりに問題数をこなすことも必要です。

年々難しくなっているケアマネの試験は、過去問を解くのはおすすめできません。
過去問よりも今年の傾向と対策などの問題集や模擬テストのようなものが多くあるドリル形式の問題を解くのが良いでしょう。
浅く広く知識を持つよりも、確実に答えられる問題を増やすことが必要です。
確実に答えられる、自信をもって対処できるならその分自分に自信もつくし、確実な特典になって返ってくるようになります。

行動援護従事者養成研修って?

行動援護従事者養成研修とは?

行動援護従事者養成研修は、知的障碍者や精神障害、発達障害で行動上困難な方の行動援護に必要なスキルや知識を習得する資格です。
この行動援護従事者養成研修は、平成30年4月より精度が改定されることが決まっており、資格取得を考えている方は早めの取得が呼びかけられています。

具体的にどのように改定になるのかというと、これまでは行動援護従事者養成研修を修了すれば良かった資格ですが、平成30年4月からは行動援護従事者養成研修は終了し、知的障害者または精神障害者への直接業務1年以上の実務経験が必須になる条件が加わります。

行動援護で提供するサービスには起こり得る危険を回避することや、外出時や移動中の介護、排せつや食事の介護、その他必要になる介護が挙げられます。
この場合の例として、精神障害や知的障害のある方は初めての場所に出かけたりすると不安になって突発的な行動を起こすことがあります。
そういった場合にも冷静に対応し、適切な対処をするといったことが主な役割になります。

行動援護従事者養成研修を受講する方法について

平成30年3月31日までの間に行動援護従事者養成研修を修了させたい方は都道府県、または都道府県が指定するスクールや事業所で受講可能です。
都道府県で主催している場合は問い合わせが必要で、料金や日時、場所などは確認しておきましょう。

スクールの場合は平均して35000円くらいから45000円くらいの間で受講でき、受講する教室によっても受講料が変動することがあるのでこちらも各スクールや都道府県指定の事業所に確認が必要です。
研修にかかる期間は平均して3日から4日くらいで、介護の資格の有無、実務経験の有無に関係なく、期間中は受講できます。

修了後は各所から修了証明書が発行されます。
履歴書にかける資格なので取得後は就職の際にも役立ちますし、障害者施設や知的障害者施設では役立つ資格になります。

同行援護とは?

同行援護とは?

同行援護は平成23年6月に法改正に伴って施行されたもので、視覚障害者が外出するときに困難を伴うケースに対して、一緒に同行して移動や排せつ、食事などの援護と介護を行うことをいいます。
例えば、視覚障碍者でも1人で自由に外出できる方と身体介護が必要な方もいます。
また家の周囲なら良いが一定距離以上の遠出はできないなどの方もいます。

さまざまな条件に合わせて必要な情報提供を行いつつ、移動に伴う援護、排せつや食事といった必要なケアを適切に行うというもので、場合によっては代筆や代読なども行います。
完全にすべてを代行するというものではなく、必要に応じて援護するのが同行援護に該当します。

同行援護従事者妖精研修過程というものを受講することで同行援護ができるようになり、需要もどんどん増えていることから受講者も数も増えています。
これまでは視覚障害者ガイドヘルパーなどがありましたが、その内容がさらにパワーアップした状態でリニューアルしたといっても良い内容です。

介護職が介護保険制度上の資格なのに対して、同行援護従事者は障害者総合支援法上の資格になり、少し性質が違うものです。
同行援護は一般課程と応用課程があり、障害者福祉サービスで同行援護サービスをするには一般課程が必要になります。

同行援護養成研修を受けるには?

同行援護養成研修を受けるには受講可能なスクールに申し込む必要があり基本は通学です。
一般課程だけだとおよそ30000円から50000円、応用課程だけで15000円から34000円ほど、一般課程と応用課程の両方で、35000円から50000円とスクールによって幅があります。

スクールによっては一般課程のみの受講は不可、応用課程のみの受講は不可などのように決まり事があり、すべてにおいて対応しているスクールの方が便利です。
一般課程で20時間、応用課程で12時間が必要で、全カリキュラムを修了する方がのちのち安心して同行援護ができます。

ケアマネの合格点とは?

ケアマネの試験で合格点はどれくらい?

ケアマネというと介護系の資格の中で難しい資格というイメージがあります。
もちろん受験資格を取得するだけでも最低5年はかかりますし、簡単にホイホイ合格できるような内容でもありません。
ケアマネの試験で気になる合格点は介護支援分野が25点満点中13~15点、保健医療福祉サービス分野が35点満点中22~26点と言われています。

ケアマネの筆記試験は何点取れば合格できます!というような設定は存在しません。
そのため合格基準は筆記試験だけで決めることは難しいし、その年の合格者の平均点数によってかなり変動します。

ですが一応の平均として、介護支援分野も保健医療福祉サービス分野も80%くらいの正解率はキープしておきたいところです。
どちらも80%くらいをクリアしておけばまず筆記試験で落ちることはないでしょうし、介護支援分野なら20点、保健医療福祉サービス分野なら28点がボーダーラインになるのでどちらも過去平均より高くクリアしています。

ケアマネの試験の合格率は?

ケアマネの試験は毎年10月に実施されていて年に1回だけの試験です。
そのため何年もかかって合格する人もいれば一発合格をする人もいて、運やタイミングによっても合格率は変動します。
全国平均で見ると合格率は13%程度で、高くても15%~20%くらいがほとんどです。

都道府県別で見ていくと過去5年ほど振り返っても、ケアマネの合格率は愛知県が高く、次いで東京、埼玉、といった順番です。
愛知県は16%~22.9%というかなり高い数値をキープしていて、ケアマネになりたい人が多いといえます。
東京も同じくらいで、やや合格率1位にはなっていないだけの僅差です。

合格率だけを見ていくのはやや参考になりませんが、試験前の勉強方法が重要で、独学かスクールや通信講座などを利用するかによっては合格率は大きく変わってくるといえます。
ケアマネの試験は合格ラインを各分野7~8割くらいを目安にすると良いでしょう。

介護福祉士の難易度はどれくらい?

介護福祉士の資格の難易度はどれくらいでしょうか?

介護福祉士はヘルパーを経験した人が初めてトライできる国家資格で、筆記と実技があります。
介護福祉士といっても立派な国家資格で、難関国家資格のように合格率10%以下ということはありませんが、平均して60%~70%ほどの合格率と、実技の難しさは定評があるものです。

難易度は合格率だけで判断できませんが、初回は20%台の合格率だったことを考えると、難易度としては下がってきているといえます。
また別の角度から見ると介護福祉士の試験に対する傾向と対策が十分に行われるようになったといえます。
専門の講座を受講したり、実技も練習時間を設けるなどして十分な合格を期待して受験するケースも増えています。

一応の合格基準点は、筆記試験で70点、実技試験で48~50点くらいになります。
もちろん受験する人数によって大きく変動するものですが、筆記試験は120点満点中の70点前後なので低い基準といえます。
60%に満たない正解率ですから、かなり低いといえます。
実技も100点満点中の50点前後なので、これもまたかなり低いといえます。

国側は総得点の60%くらいを合格基準にするといっていますが、総得点の60%はクリアしているとしても、ギリギリな印象もあります。

介護福祉士の得点アップ方法とは?

介護福祉士の筆記試験は5択のマークシート方式です。
そのため少しくらいわからない問題があっても山勘でイケるという人もいますが、山勘よりも正解率を高める方法があります。
5択を利用すると確実に不正解なものがわかるので、それを省いて選択肢を少なくして考え、同時に消去法で答えていく方法もおすすめです。

より一層の正解率が欲しい人は、介護福祉士合格講座などのスクールを利用してしっかりと受験地策を行うことです。
本番を想定した模試などがあれば多く受けておくと場慣れするし、マークシートも惑わされなくなりすらすら記入できるようになります。

喀痰吸引について

喀痰吸引について

喀痰吸引は以前、医療行為とみなされていて介護業界では職員が対応できないものでした。
平成24年4月からは法改正によって、研修を修了した介護職員ならたんの吸引や経管栄養に対して対応して良いことになり、それ以降研修を受ける介護職員が増え続けています。

喀痰吸引ができる介護職員は認定特定行為業務従事者として作業できるようになったものの、喀痰吸引をするには介護職員が研修を修了するだけでは足りず、利用者や利用者の家族の同意が必要になることや、担当医師や看護師との連携が必要になるといった条件が多くあり、現状でもそれらをクリアした状態で行われています。

喀痰吸引の研修は大きく分けて3つに分かれており、1号研修(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部のたんの吸引、胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)、2号研修(1号研修のうち選択する)、3号研修(特定の人に対する必要な行為)があります。
どの研修も50時間の講義を受けて筆記試験を受ける必要があり、9割以上の得点取得でなければ実地研修に進めないという厳しい内容です。

喀痰吸引研修を終えると給料はどうなるのか

ある意味では特殊な研修を50時間も講義を受けてクリアしているので、給料面にも反映される必要があります。
喀痰吸引ができる介護士は職場の種類や規模にもよりますが、5000円から10000円程度の手当が付き、時給だと200円程度のアップが見込めると言われています。

研修に費やす時間や費用を考えるとかなり安い手当と判断できますが、これ以上の手当はほとんどありません。
在宅介護をしているケースに置き換えて考えると、家族が研修を受けて対応するとしても数時間おき、夜も同じように数時間おきに喀痰吸引などの処置をするとなるとかなりの負担になります。
法改正によって介護職員が対応できるようになったことは評価しますが、今後は介護職員が対応する場合でも現状の倍くらいの手当が必要だと考えられます。

介護福祉士の試験日について

介護福祉士の試験日はいつですか?

介護福祉士は国家資格でヘルパーを3年ほど経験すると受験資格がもらえるものです。
肝心の試験日は毎年1月に行われていて過去5年を振り返ると月末に実施されていることがわかるといえます。
介護福祉士の資格は受験資格を獲得するまで少し期間が長いことや、実技がうまくできないなどの理由で敬遠する人もいますが、実際に受験した人の合格率を見てみると70%越えという高い合格率を誇っています。

もちろん、その年によって合格率は変動しますが、平均しても60%台後半くらいになります。
比較的試験日も1月と決まっていて取り組みやすいし、実務経験が3年を超えていてなおかつ今後も介護業界で頑張っていきたい人にはもってこいの資格です。

しかし2018年から少し受験に関する要件が変更になることから、受験者が増える可能性があり、その受験者の数によっては合格率は下がることも考えられます。
さまざまな憶測が飛び交う状態ですが、国家資格なことは間違いありませんし、取得することで待遇面も違ってきますので介護業界ではあった方が良い資格です。

介護福祉士を取得するメリット

介護福祉士を取得すると国で認められた介護職として働けるようになります。
介護について専門的な知識と技術を保持していると判断しますので、職場では有利に作用します。
大まかなメリットとして事業所によっては資格手当が3000円から10000円が期待できるようになります。
待遇面では資格手当程度ですが、今後どんどん求められる資格なので注目度は高いです。

ほかでは仕事の幅が広がって管理職の仕事を任されることもあります。
これは職場の環境や人数などにもよりますが、国家資格を有することで管理職を与えられるといったことはよくあり、その分の手当も付く可能性が出てきます。

管理職までいかなくてもリーダーなどのとりまとめ役や新人さんの教育係に抜擢される可能性は十分にあるといえます。

介護事務の仕事について

介護事務とは?

介護事務は介護サービスを行う施設や事業所に勤務する事務職の1つで、介護に関する手続き全般を任されることが多く、介護保険に関する専門知識が必要になる仕事です。
介護事務の仕事のほとんどは基本となる介護ソフトを使用していて、そのソフトが使えることも条件の1つです。
同時に一定のPCのスキルも必要になりますし、迅速な対応ができるかどうかも見られることがあります。

介護事務は資格が存在していて、多くの通信講座や通学の講座があり、名称や勉強スタイルは多少違っていても習得する内容はほとんど変わらないのが現状です。
また介護事務の資格は国家資格のように必須ではないので、十分なスキルがあれば対応可能なことも多いです。

十分なスキルと言えるのは、介護保険に関する知識、コミュニケーション能力、PCスキル(ワードやエクセルと専用介護ソフト)、経理業務スキル、介護業界への関心の高さなどがあります。
介護保険に関する知識は特に通信講座などを受けなくても独学でも十分対応できます。
以前は介護職だったという場合なら身近なのですぐに覚えられることもあります。

ほかではどうしても介護事務はコミュニケーション能力が必要で、ケアマネやその他の介護職員とのやり取りが基本となるので介護に関する知識や関心の高さは必要だといえます。

介護事務の講座を受講するメリットは?

介護事務に関する資格について先にも述べた通り、必須アイテムではありません。
しかし素人がいきなり入って完璧な業務は難しいので介護事務講座を受講する人も多くいます。
この介護事務講座を受講するメリットは知識を習得している証拠になり就職活動のときも有利になる、介護職から転身できる、介護保険の知識が高まるというものがあります。

これから転職や就職活動をするなら受講しておくことは良いことです。
ただし本当に介護事務の道に進む場合なら良いですが、他の職業に就く可能性があるなら無理しなくても良いでしょう。

介護福祉士の合格率はどれくらい?

介護福祉士の合格率はどれくらいでしょうか?

介護福祉士の合格率は過去5年くらいの間では60%から70%くらいの間を推移しています。
これは高いと判断する方が良いのかもしれませんが、受験者が減少していることや受験資格に変更があったことなどを考えると正しい判断がしにくいといえます。

これまで介護福祉士は実務経験が3年以上あれば受験できた国家資格ですが、それに加えて実務者研修の受講必須という条件が加わったので受験者が減ったと考えられています。
申し込み閉め切り日までの間に実務者研修が間に合わなかったなどの理由で申し込みを断念した方も多いと言われています。

国家資格として難関国家資格と言われるものは合格率が10%以下のものもあります。
そういった見方をすると難関というわけではないものの、試験がマークシートで5択を採用していることなども合格率アップにつながっている可能性が高いといえます。

また合格基準も総得点の60%程度と定めていることから比較的低い設定になっています。
比較的合格しやすい設定なので受験するなら法改正や内容が改定されないうちが良いといえます。

介護福祉士は筆記と実技があり、両方の点数が135点以上になれば合格という計算になります。
そういった意味では筆記試験は点数稼ぎにもなるのでできるだけ獲得できるだけ獲得した方が良いです。
実技は緊張することもありうまくいかないこともあるのでしっかりと練習しましょう。

介護福祉士取得後の変化は?

介護福祉士を取得すると働く事業所や施設では少し待遇が変化します。
やはり国家資格を取得したことによる手当が付きますし、平均して3000円から10000円くらいの手当が期待できます。
また、給料面以外では仕事領域の幅が広がってリーダー役やまとめ役、新人さんの指導役、場合によっては管理職に抜擢されることもあります。

キャリアアップとともに責任も重くなりますが、これを機に、認定介護福祉士を目指すこともおすすめです。

1 / 912345...最後 »

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ