ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

無資格でも介護に携わることはできますか?

pixta_6275440_s

無資格でも介護って出来ますか?

介護に携わる上では資格と言うよりも経験や知識は必須になります。
例えば自宅で介護をする場合と老人ホームなどの施設で介護士として働く場合では若干ニュアンスが違います。

自宅で介護をする場合は無資格でもある程度の知識や経験があれば、家族の要望に出来る限り沿うような介護ができると言えます。

それに出来れば無資格ではなくて初任者研修の資格を持っていればさらに痒い所に手が届くような介護が出来ると言えます。

対して老人ホームのような施設で介護士として働く場合は、無資格でも募集をしているところはありますが、いずれは資格取得を促されます。

そして長くその施設にいるなら、上級の資格取得のためにさまざまな研修などを受けるように促されることもあります。

どちらの場合でも重要なのは資格と言うことになりますが、実際の現場では正しい知識と経験が何よりも必要になります。

結論から言えば、無資格でも介護に携わることは可能ですし、働くこともできる場合があります。

介護に正解はない


そもそも介護と言うのは、人生の経験豊富な高齢者に対して行う行為なので、マニュアルがあったとしたらそれは役に立ちません。

十人十色と言うように介護をされる側の人間もさまざまなキャラやクセがありますから、それに柔軟に対応する方がより良い介護ができると考えます。

確かにマニュアル化した方が良い部分はありますが、人と人とのふれあいの部分ではマニュアルは必要ないと言えます。

仮に自宅で家族の介護をする場合、トイレや食事に関する介護にはマニュアルがある程度役立つでしょうが、趣味や会話、外出の部分においては、あまりそれらは重要ではありません。

またその人のクセなどに合わせて介護をしていくとなると、本来ならこういう接し方は良くないと言われていても、本人が望んでいるとなれば、無意味なものになり、介護を受ける側としては気持ちが伝わらないと感じるかもしれません。

無料で働きながら介護の資格取得を目指せる求人サイトもある

現在は無資格でも働きながら介護の資格取得を目指したいという方にぜひおすすめしたい求人サイトはかいご畑です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれます。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でおすすめしたいです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー資格の種類

img02

代表的なヘルパー資格の種類

一般的な介護資格

介護に関する資格といってもいくつかの種類があります。

一般的に認知度の高いヘルパー資格というと、介護福祉士・ホームヘルパー2級・ホームヘルパー1級などではないでしょうか。

こうした資格を有していると介護現場で働くうえで有利であるわけですが、現在では資格が無くても現場で実際に働きながら資格を取得できるところも増えてきています。

特に介護福祉士の資格は国家資格となっているので、介護に関する資格を考える上では意識しておきたい資格のひとつです。

ホームヘルパーの資格を有しているよりも介護福祉士の資格を持っていた方がさらに就職に有利となります。

ホームヘルパー資格の種類

もっとも身近なヘルパー資格として知られるホームヘルパー資格ですが、ホームヘルパー資格の中にも1級~3級までランク分けされています

3級は介護というよりも家事援助を目的としており、通常の介護に必要な介助をすることができない資格です。

2級はホームヘルパー資格の中でも最も有名な資格で、家事援助だけでなく介護や介護を行うことができる資格です。

1級になるとサービス提供責任者としての業務を中心に行うことができ、2級で一定期間以上の実務経験を経て取得することができる資格となっています。

ホームヘルパー資格の呼称

一般的に広く知られているホームヘルパー資格ですが、3級の業務範囲はお手伝いさん的な要素も多く、すでに事実上廃止されています。

また2級に関しては「介護職員初任者研修課程」という呼称に変わり、1級に関しても介護福祉士実務者研修課程と業務内容が重なってしまうことから、この資格に一本化されています

従って、現在ホームヘルパーという呼称自体が無くなっていますので、知っておくとよいでしょう。

旧ホームヘルパー2級が「介護職員初任者研修課程」、ホームヘルパー1級は「介護福祉士実務者研修課程」という資格を取得する必要があり、取得しない場合は2級扱いとなります。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

厚生労働省の公認

pixta_6653207_m

認定試験が必要ない資格

ホームヘルパーの資格を有している人は一般的に訪問介護員のことを指し、訪問介護員養成研修を受講することで資格を取得できます。

ホームヘルパーの場合は、資格取得に必要な認定試験などをする必要はなく、受講後に修了証明書を交付されることで認定されます。

これまでは3級~1級まで分かれていましたが、現在は事実上ホームヘルパーという呼称はありません。

2級が介護職員初任者研修課程、1級は介護福祉士実務者研修課程という資格を取得しない限り2級扱い、3級は事実上廃止されています。

ホームヘルパー資格の取得方法

ホームヘルパーの資格を取得する方法は様々です。

各自治体で講座を行っている場合もありますし、資格取得のための専門の学校や通信講座などもあります。

また、ホームヘルパーの資格を取得するに際して、特に学歴や職歴なども問われることがないため、誰でも講座を受けることができるのも特徴です。

将来的には必須の資格

介護職員初任者研修課程(旧ホームヘルパー2級)以上の資格は、これから超高齢化社会へと突入する日本においてはある意味で必須の資格といってもいいでしょう。

介護などの福祉分野はこれまで以上に専門性を求められる時代になってきています。

ホームヘルパーという資格の内容や呼称が変わったのは、介護福祉士という資格を介護資格の上位に位置づけ、介護福祉士そのものの質をさらに高めていく狙いがあると言われています。

ホームヘルパー2級である介護職員初任者研修課程は受講確認のための筆記試験のみで認定を受けることができ、介護福祉士実務者研修課程もしっかりと講座を受講すれば概ね認定を受けることができます。

その中で、さらにステップアップしたいと考えれば介護福祉士の資格を狙うこともできます。

介護福祉士は国家資格となるため、初任者研修や実務者研修などと比較すると合格率は低めとなります。

しかし、合格率は60%ほどなので国家資格としてはハードルは低めとなっています。

日本ホームヘルパー協会

nihonhomehelper

日本ホームヘルパー協会とは

更なる福祉と社会的評価の向上を目指す団体

日本ホームヘルパー協会というのは、介護に携わる資格保有者の社会的評価の向上や福祉そのもの向上などを理念に掲げ、介護に携わる資格所有者にあっては、資格を有する者として知識や技能を高めそれを介護や介助サービスとして提供することや、資格保有者同士とそれに伴う関係職種との連携かつ相互に情報交流を図りつつ介護業務の円滑な遂行などを目的としています。

全国を3ブロックに分け、16の県や市に支部を置いており、各ブロックや支部で連携を図りながら活動をしています。

現在は、北部ブロックに函館市・栃木県・埼玉県・千葉県・東京支部、中部ブロックに新潟県・山梨県・愛知県支部・大阪・三重県・奈良支部・和歌山県、南部ブロックに島根県・鹿児島県・北九州支部・福岡市があります。

各地区では様々な研修やイベントが行われており、会員でなくても参加することができます。

教材や図書なども

日本ホームヘルパー協会では、訪問介護員に役立つ教材や図書なども提供しています。

介護時に役立つ技術を映像で学べる教材や多くのヘルパーから好評を博しているレッスンノートを始め、ヘルパーさんが活用できる手帳、勉強会のDVDなども人気です。

こうした書籍やDVDなどは日本ホームヘルパー協会のホームページから購入することができ、一般の方でも購入できます。

これまで以上に注目される資格

一般的にホームヘルパーと呼ばれる人たちは、全国に40万人弱いると言われています。

その中でも介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士など様々な資格があります。

ホームヘルパーは訪問介護員と呼ばれるため訪問介護しかしてはいけないと思われがちですが、老人福祉施設などでの勤務も可能です。

高齢化が叫ばれて久しい時代となりましたが、これからもますますホームヘルパー資格の重要性が問われることは間違いありません。

日本ホームヘルパー協会の概要

日本ホームヘルパー協会は訪問看護院の資質向上や職改善を目指して活動している協会です。
研修会やイベントなども行っており、様々な資料データなども公開していることからホームヘルパーにとって非常に役立つ情報を提供してくれています。

注意しなければならぬこととして、日本ホームヘルパー協会というのはあくまでホームヘルパーのサポートなどを行っている団体であり、ここで介護職員初任者資格を得るための勉強ができるわけではありません。

スクールなどの案内などは行っていますが、この点は気をつけましょう。

日本ホームヘルパー協会の特徴

日本ホームヘルパー協会では通学制度などを設けていないため、介護職員初任者研修を受けるためにはそれが可能なスクールを探す必要があります。

ただ、介護に関する理解を深めるのには日本ホームヘルパー協会が行っている研修会やイベントが役立ってくれるでしょう。
そもそも、自分が本当に介護職員初任者に向いているのかどうか悩んでいるという方も多いはず。
そういった場合には日本ホームヘルパー協会が実践している研修会へイベントに参加してみましょう。

会員になればほとんど無料で参加することができるのですが、非会員だったとしても参加費を支払うことにより研修会に参加が可能です。
費用は研修会の内容によって違いますが、高くても5,000円ほどです。
海外研修だと100,000円を超える場合もありますが、まずは介護について理解を深められる研修会などに参加してみると良いでしょう。

東京を中心に実施されていることが多く、実施の頻度もかなり頻繁であるため、ホームページ上で紹介されている日程表を確認し、申し込んでみてくださいね。

日本ホームヘルパー協会の口コミ

「研修会に参加し、介護職員初任者としての役割や業務内容についても理解した上でスクールを考えることができました。」
「介護職員初任者について悩みがあったものの、研修会で相談しながら自分に向いているか考えられました。」

ヘルパーの資格制度

ヘルパーの資格制度はどのようなものか

2013年度から新たな制度がスタート

ホームヘルパーの資格といえば、ホームヘルパー1級や2級といったものが有名ですが、2313年度からは新しい資格制度が始まっています。
これまでのホームヘルパー2級を介護職員初任者研修課程と改め、その上に介護福祉士実務者研修課程を設けたのです。
そのため、ホームヘルパー2級の資格を有している人は介護職員初任者研修課程を修了したとみなされますが、ホームヘルパー1級の人は新たに介護福祉士実務者研修課程を修了しなければ2級扱いとなってしまいます。
従って、新たにヘルパーの資格を取得する人は、旧ヘルパー2級である介護職員初任者研修課程から受講することになります。

介護資格の専門性を高めるために試験も難しくなる

ホームヘルパーの資格制度が変更になった大きな要因は、介護に携わる資格の専門性を高める狙いがあるようです。
例えば、介護福祉士になる場合には実務での経験が3年を超えていれば介護福祉士の試験を受けることができましたが、改正後は介護職員実務者研修を受講する必要があります。
さらに、福祉系の学校において卒業と同時に介護福祉士の資格を取得できていた体制も改められ、試験を必ず受けなければ資格が付与されません。
これは、介護福祉士という資格のステータスを上げることで、「介護福祉士は介護資格の中で頂点に位置する」という構図を作るために明確化されたものでもあるのです。

今後改善されるべき課題

ヘルパー資格において今後もっとも改善が望まれる課題が、報酬などの待遇面です。
昔と比べて随分と待遇面も改善されてきてはいますがまだまだ発展途上の段階でもあります。
制度改正によって、介護福祉士資格を取得するまでの道のりが厳しくなってきている以上は、それに見合った報酬なども当然必要になってきます。
資格取得まで厳しい努力を重ねてきたのに、それに見合ったものが返還されないのでは介護福祉士を目指す人もいなくなってしまいますから、資格制度の改正と合わせて待遇面なども改善されるようなシステム作りが期待されています。

ヘルパー2級の資格

2013年度から廃止

ホームヘルパー2級の資格は、2013年度からは実質的に廃止されて介護職員初任者研修という資格に移行されています。

これまでのホームヘルパー2級資格を有している人は自動的に介護職員初任者研修を修了しているとみなされるため、特別に試験を受け直さなければならないということはありません。

従って、これからホームヘルパー2級の資格を取得したいと考えている人は介護職員初任者研修を受講するということになります。
名称は変わっても、内容自体は大きな違いがない上に受験に際しての特別な制限もないので、誰でも取得を目指せる資格となっています。

介護職員初任者研修の資格取得方法

これからますます超高齢化社会へと突入していく日本では、介護資格の重要性は高まる一方であり、現在以上に需要も増していきます
介護職員初任者研修の資格を取得するには、福祉関係の学校で取得する方法と、通学と通信とを合わせて取得する方法とがあります。

介護職員初任者研修の取得には130時間の受講が必要で、その上で資格試験を受けることができるようになります。

将来的には介護福祉士も視野に

また、介護職員初任者研修を修了すれば、その上の介護福祉士実務者研修を受講することもでき、さらにその上の介護福祉士の資格を目指すことができます。
介護福祉士になれば、実質的に介護の仕事を極めた人と位置付けられますので、自身のキャリアアップのためにもぜひ目指したい資格でもあります。

そのためにもまず、介護職員初任者研修を受講しておき、しっかりと基礎を学んでおく必要があるのです。
これまでは、資格同士の連動性を欠いていたり資格内容が重複していたりしたため、介護資格そのものがややこしいという意見が多く聞かれましたが、制度の改正によってそれぞれの資格ごとに役割が明確されたことは今後の高齢化社会へ向けて明るい材料であるとも言えるのです。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー1級の資格

pixta_7443452_S

ホームヘルパー1級は2013年度から廃止

ホームヘルパー1級の資格は現在では廃止になっています。

ホームヘルパーの資格制度は全体的に改正されており、新たに資格を取得するには介護職員初任者研修という資格からになります。

この介護職員初任者研修というのはホームヘルパー2級の資格に相当するものですが、現在ホームヘルパー1級及び2級を有している人は自動的に介護職員初任者研修修了者とみなされます。

これまでは、ホームヘルパー2級の上が1級、さらにその上が介護福祉士というランク付けでしたが、現在では、まず介護職員初任者研修という資格から始まり、その上に介護福祉士実務者研修、そしてその上に介護福祉士という位置付けとなっています。

つまり、ホームヘルパー1級の資格を取得したくても、現在では取得することはできないのです。

資格取得の方法

ヘルパーの資格を取得するにはまず介護職員初任者研修からがスタートとなるわけですが、資格を取得するには専門の学校に通うか、もしくは通信と通学を合わせた取得方法のみとなっています。

試験の資格を得るためには、受講時間が130時間なければならないとされており、内容もこれまでのホームヘルパー資格よりもカリキュラムが充実しているのが特徴です。

筆記試験も行われますが、これは受講した内容の確認程度のものなので、しっかり受講さえしていればそれほど難しいものではありません。

介護福祉士を目指すなら必須の資格

介護職員初任者研修の資格を取得すれば、その上の介護福祉士実務者研修を受講することもできます。

介護福祉士実務者研修というのは、旧ホームヘルパー1級と介護福祉士の中間のような資格となっており、この資格を取得すれば介護のスペシャリストである介護福祉士の資格にも挑戦することができるようになります。

そのためにはまず介護職員初任者研修が第一関門となるわけですが、受講にかかる期間は受講場所などによって異なっており、早ければ1か月程度で取得できることもあります。

無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパーの資格のメリット

ヘルパー資格を取るメリットとは

これからの時代に必須

近い将来には、日本の高齢化率も30%を超えることが確実視される中、ヘルパー資格の重要性も高まってきています。
高齢化が進めば進むほど、今後さらに病院や老人福祉施設へ入居される人も増えていく確率が高まりますし、ますますヘルパーの需要が増す傾向にあるのです。
しかも現在は不況の風が吹き荒れていますから、今からヘルパーの資格を取得しておくことで将来の選択肢も必然的に広がってくるというメリットがあります。

資格さえあれば始めたい時に始められる

ヘルパーの資格を取得するには、まず介護職員初任者研修という資格が第一の目標となります。
この資格を取得する特別な条件は設けられておらず、決められた講座を受講すれば誰でも取得することができます。
受講年齢も決められていないので、就職を有利にするための資格として受講するのもいいですし、働きに出たいと考えている主婦の人でも受講することができます。
また、介護職員初任者研修の資格を取得しておけば、就職後にすぐ即戦力として活躍できるという利点もあります。
介護という仕事は決して楽なものではありませんが、人のために役に立てる資格はそうあるものではありませんから、資格の価値以上に充実感を味わえる仕事でもあるのです。

資格取得のための受講内容

介護職員初任者研修は、介護をするにあたっての基本的な知識を学ぶ大切な資格ですから、介護に関わる人にとってはまず避けては通れない講座内容となっています。
講座は、資格取得に必要なカリキュラムを130時間学ぶ必要があり、その後資格試験を受験する資格が与えられます。
試験では筆記試験が行われますが、試験内容は講座で学んだことの復習のような内容となっていますので、しっかりと講座を受けてさえいれば誰でも合格することができる内容です。
介護の基礎となる介護職員初任者研修を取得しておけば、その先にある介護福祉士の資格も視野に入れることができます。

ヘルパー資格の期間

取得期間は最大で半年程度

ホームヘルパーの資格を新たに取得するには、まずは介護職員初任者研修の資格取得を目指すことになります。
介護職員初任者研修は旧ホームヘルパー2級に相当する資格で、介護に必要な基礎的なことを学ぶことができます。

資格取得には130時間の受講が義務付けられており、講習や実技を通して介護の基本的な事項を学んでいきます。

受講期間は早い人で1か月ほどですが、多くの場合は3か月から6か月ほどの期間が必要となります。
130時間の受講を終了した時点で試験を受ける資格が発生し、筆記試験を受けることできます。

筆記試験はこれまでに学んできた内容を再確認するようなものなので、それほど難解な試験ではありません。
しっかりと受講さえ受けておけば必ず受かることができる内容です。

資格取得後の更新もなし

資格というと、免許のように更新などもあるのではと思われる人もいるかもしれませんが、ヘルパー資格に関しては更新は必要ありません。
つまり、ヘルパー資格は一度取得しておけば資格の期限が切れてしまうという心配もなく、永久的に保持できる資格だというわけです。

また、資格取得に挑戦する際にも年齢制限がないので、誰でも気軽に受講することが可能となっています。
将来性を考えて資格を取得しておきたいという人はもちろん、主婦や無職の方も受講することができます。

短期で取得できる方法もある

介護職員初任者研修の受講期間は概ね3か月から6か月程度かかりますが、受講場所によっては短期集中で資格を取得できるところもありますから、すぐにでも資格が欲しいと考えてる人はこうしたシステムを利用するのもひとつの方法です。

多くの場合は、専門の学校などへ通学をするか、通信と通学をセットで受講するという方法となります。
現在では様々な場所で介護職員初任者研修の受講を行っていますから、自分に合った受講場所を選ぶことができます。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー資格の給付金・補助金

img008

ヘルパー資格には給付金や補助金制度は適用されるのか

教育訓練給付制度を利用できる

ヘルパー資格の登竜門とも言える介護職員初任者研修を受講するのにはそれなりにお金もかかってしまいます。

いくら資格取得のためとは言え、決して安くはない受講料は受講者にとっては大きな負担となってしまいます。

そんな場合に活用できるのが、厚生労働省の実施している教育訓練給付金制度です。

これは雇用安定と促進を目的に設置されている制度で、給付条件さえ満たしていれば誰でも給付を受けることができます。

給付条件には、厚生労働大臣が指定している講座を受講することが最低条件となっており、この中に介護職員初任者研修も含まれています。

ハローワークで手続きをし、講座修了後に受講に要した金額の20%分が返還されます。

給付を受ける条件を満たす対象は?

教育訓練給付金の給付を受けるには、「雇用保険の一般被保険者であり、かつ被保険期間が3年以上であること」と、「退職後1年以内で、かつ前職の被雇用保険期間が3年以上あること」のどちらかが原則となります。

つまり、雇用保険のある会社で3年以上勤務した人であれば給付の条件を満たしているということになるわけです。

ただし、この給付金制度を初めて利用するという人の場合は、被保険者期間が1年以上であればよいということになっていますから、基本的には雇用保険に加入している会社に1年以上在籍していれば誰でも給付を受けることができるのです。

もし給付を受けられるかどうかはっきりしない場合は、最寄りのハローワークに聞いてみるといいでしょう。

給付を受ける際の注意点

教育訓練給付金を受ける際の注意点としては、必ず本人が申請することと、自身の居住している地域を管轄しているハローワークへ申請するという点です。

もし、急な病気や怪我などやむを得ない事情で本人が申請できない場合に限っては代理人もしくは郵送で申請することができます。

給付に際しては、受講が修了してから1か月以内に申請をしなければ給付を受けられないので注意が必要です。

働きながら無料で介護の資格取得を目指す方法

介護業界専門の求人サイトであるかいご畑は、就業中にキャリアアップするための資格取得を支援してくれる制度を設けているので、大変おすすめです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座例

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

1 / 712345...最後 »

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ