ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格の取り方 > ヘルパーの受験資格

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパーの受験資格


ヘルパー資格所得と受験資格

ヘルパーの試験に、受験資格はありません。
国家試験と言うわけでもないため、難しい試験もなく、比較的難易度が低いとされています。
事実、介護の仕事に就きたい人にとって、まず始めに歩む登竜門と言われている資格になります。

実際に、年齢制限もないですし、学歴などを問われることもないです。
その為、中学校を卒業したばかりの若い人でも挑戦することができ、介護職員としての仕事を目指せます。
勉強が苦手で、高校進学をしなかったという若い受験者も少なくはありません。

また、これまでの仕事の経歴を問われることがありませんので、さまざまな人が資格所得を目指します。
社会人でヘルパーの資格所得を目指す人の中には、サラリーマン、主婦など、社会人から学生まで、多くの人が受ける資格です。

ヘルパー資格を取るため必要な事

ヘルパーの資格を取るために必要な事は、講座の受講です。
ただ、どこの学校でもいいというわけではなく、厚生労働省に定められているスクールへの申し込みが必要です。

その、カリキュラムに応じた講座を受けて、レポート作成や実務を受けなければなりません。
一般的に「ヘルパー」という資格は、この講座の「終了証明書」のことになります。
つまり、学校で勉強したことのあかしを得ることで、ヘルパーの資格を得たと言えるわけです。

平成25年度に制度改定されてから、ヘルパーの資格所得についての決まりが変わりました。
資格制度が見直され、多少受講内容に専門的知識の習得が必要になったものの、受験資格などに変わりはありません。

介護の仕事に就きたいと思っている人ならば、誰でも資格を得ることができます。
日本の現状では、ヘルパーとして働ける人材確保が求められているので、資格所得後には必ず就職先が見つかります。

何か手に職を付けて、自分の強みを見出したいと思っている人にぴったりの資格です。
学歴、年齢、性別等問わずに挑戦することができる資格なので、まず時間があるときに学校に通い、資格所得をしてみるといいでしょう。

無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変お得な介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ