ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格について > ヘルパーの資格のメリット

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパーの資格のメリット


ヘルパー資格を取るメリットとは

これからの時代に必須

近い将来には、日本の高齢化率も30%を超えることが確実視される中、ヘルパー資格の重要性も高まってきています。
高齢化が進めば進むほど、今後さらに病院や老人福祉施設へ入居される人も増えていく確率が高まりますし、ますますヘルパーの需要が増す傾向にあるのです。
しかも現在は不況の風が吹き荒れていますから、今からヘルパーの資格を取得しておくことで将来の選択肢も必然的に広がってくるというメリットがあります。

資格さえあれば始めたい時に始められる

ヘルパーの資格を取得するには、まず介護職員初任者研修という資格が第一の目標となります。
この資格を取得する特別な条件は設けられておらず、決められた講座を受講すれば誰でも取得することができます。
受講年齢も決められていないので、就職を有利にするための資格として受講するのもいいですし、働きに出たいと考えている主婦の人でも受講することができます。
また、介護職員初任者研修の資格を取得しておけば、就職後にすぐ即戦力として活躍できるという利点もあります。
介護という仕事は決して楽なものではありませんが、人のために役に立てる資格はそうあるものではありませんから、資格の価値以上に充実感を味わえる仕事でもあるのです。

資格取得のための受講内容

介護職員初任者研修は、介護をするにあたっての基本的な知識を学ぶ大切な資格ですから、介護に関わる人にとってはまず避けては通れない講座内容となっています。
講座は、資格取得に必要なカリキュラムを130時間学ぶ必要があり、その後資格試験を受験する資格が与えられます。
試験では筆記試験が行われますが、試験内容は講座で学んだことの復習のような内容となっていますので、しっかりと講座を受けてさえいれば誰でも合格することができる内容です。
介護の基礎となる介護職員初任者研修を取得しておけば、その先にある介護福祉士の資格も視野に入れることができます。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判