ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格の取り方 > ヘルパーの資格の内容

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパーの資格の内容


ヘルパー資格所得の内容

ヘルパーの資格の所得には、厚生労働省で定められた基準をクリアすることが条件です。
資格所得には、各都道府県に設けられた学校に通い、講座や実務をこなす必要があります。

学校に通い、講座を修了することで得られる「終了証明書」を得て、資格所得とされます。
その為、学校や各都道府県によって、講座の内容が多少違います。
ただし、日本全国どこの都道府県で、どの学校で資格を所得しようとも、学校での終了証明書の扱いは同じです。

その為、資格所得を目指している場合には、いくつかの学校に申し込み内容の確認をしてみることが大切です。
講座の内容や、テストやレポートについてなど、細かい事を確認するといいでしょう。

ヘルパーの資格と就職先

ヘルパーの資格を所得すれば、さまざまな介護の現場での仕事が待っています。
幅広い仕事の選択肢があるので、自分が働き甲斐を感じることができる職場を選ぶことができるでしょう。

例えば、訪問介護の仕事を通して、ご利用者様の自宅にて、身の回りのお世話をすることができます。
この場合には、買い物や散歩の付添、食事の介助、洗濯や犬の散歩まで、ありとあらゆるニーズにこたえることが仕事です。

また、デイサービスで日中、お年寄りの御世話をする仕事もあります。
デイービスは、日中介護サービスを必用としているお年寄りが集まり、レクレーションなどを楽しむ施設です。
施設が用意したバスや車で、ご利用者様の自宅にお迎えに行き、送り届けるまでの仕事です。

他にも、各種老人ホームでの生活の介助も選択肢の一つとなります。
老人ホームは、24時間お年寄りが生活をしているので、夜間を含めたローテーションでのシフト組になります。
夜間は時給が高いことがメリットですが、日中に比べて介護職員の数が少なく、徘徊をするお年寄りの世話や、夜中のおむつ変えなどで、何かと忙しい仕事です。

ヘルパー資格を取ることで就ける仕事は色々ありますが、自分の性格や体力を考慮して、無理のない範囲で仕事をすることが、長く続けられる秘訣でしょう。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ