ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格について > ヘルパーの資格制度

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパーの資格制度


ヘルパーの資格制度はどのようなものか

2013年度から新たな制度がスタート

ホームヘルパーの資格といえば、ホームヘルパー1級や2級といったものが有名ですが、2313年度からは新しい資格制度が始まっています。
これまでのホームヘルパー2級を介護職員初任者研修課程と改め、その上に介護福祉士実務者研修課程を設けたのです。
そのため、ホームヘルパー2級の資格を有している人は介護職員初任者研修課程を修了したとみなされますが、ホームヘルパー1級の人は新たに介護福祉士実務者研修課程を修了しなければ2級扱いとなってしまいます。
従って、新たにヘルパーの資格を取得する人は、旧ヘルパー2級である介護職員初任者研修課程から受講することになります。

介護資格の専門性を高めるために試験も難しくなる

ホームヘルパーの資格制度が変更になった大きな要因は、介護に携わる資格の専門性を高める狙いがあるようです。
例えば、介護福祉士になる場合には実務での経験が3年を超えていれば介護福祉士の試験を受けることができましたが、改正後は介護職員実務者研修を受講する必要があります。
さらに、福祉系の学校において卒業と同時に介護福祉士の資格を取得できていた体制も改められ、試験を必ず受けなければ資格が付与されません。
これは、介護福祉士という資格のステータスを上げることで、「介護福祉士は介護資格の中で頂点に位置する」という構図を作るために明確化されたものでもあるのです。

今後改善されるべき課題

ヘルパー資格において今後もっとも改善が望まれる課題が、報酬などの待遇面です。
昔と比べて随分と待遇面も改善されてきてはいますがまだまだ発展途上の段階でもあります。
制度改正によって、介護福祉士資格を取得するまでの道のりが厳しくなってきている以上は、それに見合った報酬なども当然必要になってきます。
資格取得まで厳しい努力を重ねてきたのに、それに見合ったものが返還されないのでは介護福祉士を目指す人もいなくなってしまいますから、資格制度の改正と合わせて待遇面なども改善されるようなシステム作りが期待されています。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ