ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格の取り方 > ヘルパーの資格試験

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパーの資格試験


ヘルパー試験の廃止

これまでの「ホームヘルパー」の資格は、平成25年度をもって廃止されています。
旧ホームヘルパー2級の資格は、介護の仕事のファーストステップとも言われました。

事実、介護の現場で働くパート職員から、これから国家資格所得を目指す方まで、幅広い人が保有している資格の一つです。
ヘルパーの資格の廃止が決定される直前には、多くの人が資格所得をめざし、講座を受講しました。

この背景には、新資格である「介護職員実務者研修」は、ヘルパー2級に比べて難易度が上がることが上げられています。
今後、介護職に就くためには、旧ヘルパー2級程度とされる介護職員実務者研修の資格保有が条件の一つに加わりました。

これからヘルパーになるには

これからヘルパーとしての仕事に就きたいと思う人は、「介護職員実務者研修」を受ける必要があります。
旧ヘルパー2級と同等に扱われる資格ですが、難易度がぐんと上がったことが難点の一つです。

ただし、厚生労働省で決められた各都道府県に設けられた学校に通い、真面目に講習に取り組めば、さほど難しい試験ではありません。
国家資格とは違いますので、長時間の勉強が必要なテストや試験もないです。

これまでのヘルパー2級の資格に比べた違いは、少しばかり専門的な知識が必要になったくらいです。
その為、学校に拘束される時間が少し増え、場合によっては必要なレポートの種類が増えただけと言えます。

人によっては、より多く勉強をしなければならないことに嫌気を感じるかもしれませんが、必要だから制度は改訂されたわけです。
しっかりと勉強をして身に着けた新しい知識は、必ず将来に生きると言えます。

旧ヘルパー2級所得者よりも、介護の現場に入る前に、より濃い内容の勉強ができることは素晴らしい事です。
既に制度が改訂された後ですし、前向きに考えて資格所得を目指すことが大切でしょう。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ