ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格の取り方 > ヘルパー資格の年齢制限

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格の年齢制限


358df645614f91c7c55dcea7138f660c_s

ヘルパー資格の年齢制限

ヘルパーの資格に年齢制限はありません。

その為、10代の若い人から60代以上の定年を迎えた人まで、チャレンジできる資格です。

例えば、中学校を卒業した後すぐに、ヘルパーの講座を受講すれば資格所得を目指すことが可能です。

高校に行くことを選択しなかった人でも、資格を取れば、介護職員としての立派な職をつかむことができるでしょう。

また、定年退職をした後に資格所得を目指す人も少なくありません。

まだまだ体力が有り余っている場合に、十分挑戦できる資格の一つです。

一般的に、仕事探しが不利になる55歳・60歳以上であっても、ヘルパーの資格を持っていれば、就職に困ることはないでしょう。

ヘルパーは体力勝負と言う事を忘れない

年齢制限がないとはいえ、忘れてはならない事は、ヘルパーの資格は体力勝負という事です。

一般的な仕事よりも、はるかにきつい肉体労働を課せられる場面もしばしばあります。

例えば、足腰が不自由なお年寄りには、お風呂への入浴準備やベットからの起き上がりの介助が必要です。

その為には、そのお年寄りの体重を支えなければならず、一度に大変な負荷がかかります。

自分で身体を動かすことができない人を支えるのは、大変な苦労です。

そして、重いからと言って万が一落としてしまえば、大きなケガや事故につながります。

そうでなくても、ご利用者様の身体に危害を加えてはなりませんので、体力と共に忍耐も使う大変な仕事です。

その為、年齢制限がないとはいえ、それぞれの年代に応じた障害が伴います。

10代のまだまだ若いうちでしたら、お年寄りの排泄のお世話ができるかなどが問われます。

ある程度の年齢に達したご年配の方でしたら、肉体労働に耐えることができるのかがカギとなります。

年齢制限がない資格ですが、実際に介護の現場に立った時に、自分自身の体力や気持ちを優先して、仕事を選ぶことはできません。

資格の所得を目指すと同時に、本当に仕事ができるのか、自分自身に問いただすことが大切です。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判