ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格について > ヘルパー資格の法改正

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格の法改正


ヘルパー資格の法改正でどこが変わったか

ホームヘルパー資格の廃止

ヘルパー資格は2013年度から改正されて新しくなりましたが、一体どこがどのように変わったのでしょうか。
まず、これまでのホームヘルパー2級とホームヘルパー1級という呼称が廃止され、ホームヘルパー2級が「介護職員初任者研修」という名称になりました。
ホームヘルパー1級は、介護職員基礎研修とともに「介護福祉士実務者研修」という資格に組み込まれ、例えホームヘルパー1級を有していても新たに「介護福祉士実務者研修」を受講する必要があり、受講しない場合は旧ホームヘルパー2級と同列の扱いとなります。

なぜ法改正されたのか

資格制度の改正がなぜ行われたのかというと、これまで以上にシンプルにすることで受講者にとっても要介護者にとっても分かりやすいようにしたのです。
これまでの介護資格はそれぞれの資格で重複するところがあったりしてややこしい部分が多々あったのです。
例えば、介護福祉士の資格を取得するのに、ホームヘルパー2級の資格者でも可能であったり、介護現場で働いたことがなくても、専門の学校を卒業すれば自動的に介護福祉士の資格を取得できたりもしたのです。
これでは介護福祉士に至るまでのプロセスが曖昧であり、キャリアパスとしては成り立っていなかったというのが現状だったのです。

法改正によるメリット

資格の位置付けを明確にし、介護福祉士を頂点に段階的にキャリアアップしていけるようにしたのが改正の目的です。
従って、専門の学校を卒業しても介護福祉士の資格を得るはできなくなり、まずは初任者研修や実務者研修という段階を踏まなければキャリアアップができないようにしたというわけです。
こうすることで、介護福祉士という資格そのものにも高い価値が生まれ、専門資格としての地位が確立できるのです。
こうしたシステムを設けることで、介護資格の更なる質の向上を図ることも可能となり、これからの高齢化社会にも対処するためにも必要なこととも言えるのです。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判