ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格の取り方 > ヘルパー資格の職業訓練

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格の職業訓練


pixta_1780035_s

ヘルパー資格を職業訓練でとる 求職者支援制度

ヘルパー資格を取得するにはいくつか方法があります。

その一つは職業訓練を受けるというものです。

職業訓練は求職者支援制度と公共職業訓練の2種類に分けられています。

まず求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者などが対象で、民間訓練機構が行うものです。

特徴として・原則無料で受講可能・期間中、訓練終了後もハローワークが積極的な就職支援を行う・収入などの一定要件を満たす方には、期間中「職業訓練受講給付金」が支給されるなどです。対象となるのは・ハローワークに求職の申し込みをしている・雇用保険保険者や受給資格者でない・労働の意思と能力がある・職業訓練などの支援を必要とハローワークが認めたものの全てに当てはまる必要があります。

なお、受講給付金について・月の収入が8万円以下・世帯全体の収入が付25万円以下・現在の住所以外に土地・建物の所有がないなど7点ほどの条件があります。

その全てを満たす方が対象になるので、ハローワークで調べるといいでしょう。

ヘルパー資格を職業訓練でとる 公共職業訓練

公共職業訓練とは国や独立行政法人などで離職者・在職者及び学卒者を対象に、行うものです。

対象や訓練内容により受講費・期間は異なります。

例えば学卒者対象の職業訓練の場合、最短で6ヶ月~2年といった種類にわかれます。

また都道府県によっても費用などの違いが有りますのでハローワークで相談したり情報を集めるといいでしょう。

ヘルパー資格を職業訓練でとる メリット

どちらの訓練も違いはあるものの、その目的は就職することに重点を置いています。

民間での学習と違い、訓練を受けながら実際の求職活動もサポートして下さいます。

またヘルパー2級の資格だけでなく、介護福祉士の受験対策を行っている所もあります。

これらの点から短期的な視野ではなく、長期的な視野で就職を考える方に最適です。

さらに実際の求人では資格を手にし、給与を上げた方も何人かいます。

将来の為に職業訓練を視野に入れることも必要ともいえるでしょう。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ