ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護福祉士


介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護福祉の分野で設けられている国家資格です。
介護職として、第一線で仕事をするのが介護福祉士です。

一般的に、ケアワーカーと呼ばれることも多く、介護を必要としている高齢者に対して、直接支援をします。
食事、買い物、入浴のお世話など、その人一人ひとりに合わせた、日常生活の支障を解消することがお仕事の内容です。

高齢者や身体が不自由な人に対して、身の回りのお世話をする仕事となっていますが、体力勝負の仕事です。
足腰が不自由なお年寄りの介助は、時に肉体的、身体的に辛いと思う出来事も待っています。

その為、介護福祉士は女性だけではなく、男性の手も必要と言われます。
体力勝負の仕事だからこそ、体力に自信がある人こそ、チャレンジをすることが求められている資格です。

介護福祉士の試験とは

介護福祉士の試験とは、厚生労働省によって実施されます。
国で定められた国家資格で、合格をすれば介護の現場での仕事が待っています。

試験は、年に一度しか行われません。
年に一度しか行われない試験と言う事もあり、受験者がとても多くいる資格です。

第一次試験と第二次試験があり、第一次試験は1月頃、第二次試験は3月頃に行います。
試験地は、それぞれの都道府県が設けた会場で受験をすることになります。

試験の内容は、第一次試験が筆記試験です。
「人間と社会」、「介護」、「こころとからだのしくみ」の三領域についての質問があり、最後に総合問題を問われます。
一般的な知識から、専門性の高い内容まであるので、ある程度の勉強は必須だと言えるでしょう。
ただし、一時試験だけでも、毎回60%の人は試験に合格しているので、しっかりと勉強をすれば難しい試験ではないです。

そして、第二次試験は実技試験です。
実技試験も、これまでの学校や介護の現場での知識を生かせばさほど難しい内容ではありません。
実際に、試験全体での合格率は65%近く、他の国家資格と比べてもとても高いのが特徴です。

将来性の高い介護の現場で、国家資格を持っていれば、必ず職に困ることはありません。
介護福祉士は、介護職の必要性に対応するために、年々注目度が高まっています。

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。
その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。
また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。
平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。
つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。
その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。
この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。
近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。
そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。
介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。
長い目で見て、将来性がある仕事です。
社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。
その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。
また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。
平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。
つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。
その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。
この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。
近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。
そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。
介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。
長い目で見て、将来性がある仕事です。
社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ