ヘルパーの資格を0円で取得する方法
ヘルパー資格 > ヘルパーの資格の取り方 > 外国人のヘルパー資格

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

外国人のヘルパー資格


cae497eb3e31acce6e0736458178ace4_s

ヘルパーには国籍は関係ない

ヘルパーは国籍関係なく資格の所得が可能です。

実際に、現在の日本は超高齢化社会に突入しようとしていて、ヘルパーの人材不足が叫ばれています。

この中で、外国人のヘルパーさんを歓迎する声は高まっているので国籍関係なく働くことができます。

一番大切なことは国籍よりも、お年寄りを敬う気持ちと、体力と言えるでしょう。

また、ヘルパーの仕事を通じて日本語の学習ができるという人も多いです。

お年寄りの中には、言葉が拙い外国人に一生けん命話をして下さる方が多くいます。

話をしているうちに、お互いに楽しい時間を過ごせますし、語学習得に努めることができるでしょう。

この様に、国籍関係なく、相手を尊重して一生懸命働くことができれば、自然と仕事になじむことができます。

日本語が拙くても資格所得は可能

日本語が分からないと、資格を所得することは難しいと感じるかもしれません。

しかし、ヘルパーの資格は、日本語が流暢でなくても、比較的簡単に資格を取ることができるでしょう。

ある程度の日本語能力さえあり、読み書きさえ理解できれば問題はないです。

講座の一環でレポートがありますが、家に持ち帰りパソコンで調べながら書くことができれば問題はありません。

テストはマークシートなので、ある程度勉強をしていればさほど難しくなく解けるはずです。

資格所得に必要なのは、講義と実習がほとんどですから、語学力にさほど心配はいりませんね。

ヘルパーで働くために必要なビザ

他のどんな資格でも同じことですが、ヘルパーとして働くとしても、日本で働けるビザをもっているかが問われます。

ビザを持っていなければ、仕事をすることはできません。

また「ホームヘルパー」として仕事ができるのは、実際に2級以上からになります。

2級以上の資格を持っていて、日本で働ける有効なビザをもっていることで、仕事に就くことができるでしょう。

また、日本に永住できる永住権を持っていれば、日本人と同じように働くことが可能です。

介護職は、現在日本人だけでは人で不足となっています。

その為、外国籍であっても、外国人であっても、必ず仕事場があるはずです。

人種の差別をすることなく迎え入れてくれる温かい職場は必ずあります。

何よりも、真摯にお年寄りを敬い働けることが大切ですので、求職時には自分のやる気をアピールするといいでしょう。

無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ


ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判