ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

福祉用具専門相談員とは?

福祉用具専門相談員とは?

福祉用具専門相談員は、介護に必要な用具のレンタルと販売について相談やアドバイスができる専門職で、介護保険の指定を受けた福祉用具の貸与、販売をする事業所には2名以上配置される決まりになっています。
介護用具の中でも介護保険の指定を受けているものが対象なので、専門性が高く他の介護保険サービスの専門職の人と連携しながら高齢者の自立をサポートしています。

例えば、利用者どんな福祉用具が適しているのかを選ぶときは、利用者の心身の状態を考えてどんな福祉用具があれば解決できるのか、1人1人に合う福祉用具を選びます。
安全に福祉用具を使うために説明や指導も行いながら、貸与の後は定期的に利用者を訪問して使用状況を確認したり、安全性を確認したりします。

大抵の福祉用具専門相談員は福祉用具貸与事務所、福祉用具販売店、福祉用具メーカー、福祉施設、訪問介護事業所、ホームセンターなどで働いていて、その豊富な経験と知識を持って対応しています。

福祉用具専門相談員の資格取得方法は?

福祉用具専門相談員の資格は都道府県知事の指定を受けている研修事業者が実施している福祉用具専門相談員指定講習を受講し、50時間のカリキュラムを修了すると取得できるものです。
平均して通学タイプで6万円前後の費用がかかるものの、教育訓練給付制度に対応していることが多いので、実質もう少し安く抑えることができます。

福祉用具専門相談員の資格はどちらかというと即就職できるというものではありません。
ですが制度改正によって福祉用具専門相談員の仕事ができる人が限定されたので、今後は資格に対する注目度や関心が高まり、資格取得を目指す人も増えると予測できます。

特に福祉用具を製造している民間企業、レンタルやリースを行っている会社は、有資格者の募集が増えることが期待できます。
特殊な資格だからこそ、ニーズのあるところが限定されますが、取得しておいて損はありません。

サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者の仕事は高齢者に対する訪問介護でリーダーとして役割を担い、ケアマネージャーや訪問介護員、介護サービス事業者などのパイプ役として活躍します。

利用者との間では、訪問して生活環境や健康状態のチェックを行います。
このときに、利用者本人や同居する家族がどんなことやものを求めているのか、サービスではどんなものを提供したらいいかを考えて選定します。

選定したサービスを提供したあとは、モニタリングを行うなどして様子を見て、問題がなく利用されているなら訪問介護計画書の見直しを行い導入していく、といった作業もしています。
住環境や家族、利用者について洞察力を働かせて多くの情報を集め、サービス提供に生かしているといえます。

サービス提供責任者は1人で何でも決めるのではなく、サービス担当者会議に出席してケアプランが適しているのかどうかを確認することもあります。
その他に事務員がいない事業所では、介護報酬請求作業を行うこともあり、介護系の仕事の中ではかなり忙しい種類の仕事といえます。

サービス提供責任者に向いている人

サービス提供責任者に必要なのは高いコミュニケーション能力と、管理能力、また各立場の人の思いや役割を尊重しつつ、客観的に状況を把握し、全体を見渡せる能力が必要です。
リーダーという風に例えることもできますし、プロデュースするといっても良い才能で、スケジュール以外にもヘルパーさんの特徴を生かして利用者に配置できるように、人選も行える決断力や判断力も必要です。

総合的に言えば、指導者であり、理解者であり、相談者として振る舞える人で、訪問介護員、利用者、ケアマネージャーといったそれぞれの潤滑油のような存在になる必要があります。
資格試験もあるので、それに合格できるだけのスキルや知識も必要で、人柄や能力も重視されることから誰でもなれるものではない立場のものです。

介護支援専門員の試験について

介護支援専門員の受験資格

介護支援専門員の資格は広く広まっている言い方をするとケアマネージャーといいます。
この介護支援専門員の資格は簡単に受験できるものではなく2018年より変更になることから多少基準が違い、新しい基準では国家資格に基づく業務経験が5年以上、生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員などが対象です。

この2018年から介護に関係する資格は大幅に変更され、介護職員初任者研修、ホームヘルパー2級、実務者研修などの資格を持っている方の受験資格制度は廃止になるなど、かなり大幅な改革が行われています。
介護業界も大きくシフトしていく過程なのでしょうが、多くの資格試験が難易度が高くなる傾向です。

介護支援専門員の受験資格は、2017年までの内容と比べてシンプルでわかりやすくなりました。
2017年まではわりとややこしくて、介護等業務経験10年という受験資格などもあり、これは介護関係の資格がなくても介護などの業務に10年以上関わってきた人なら受験資格が与えられるという意味ですが、その内容を証明するものが勤務の記録だけで、内容はわからないこともあり少しあいまいさもあったといえます。

介護支援専門員の試験はどこで受けられるのか

介護支援専門員の試験は、各都道府県の福祉協議会や専門の部署で取り扱いがあるといえます。
例えば、英検などを例にすると日本英語検定協会が主催していて、各都道府県で決められた場所と日時で行われますが、介護支援専門員の試験は、各都道府県ごとに管轄も違うし、受験料や講習代金、試験の日時などもまちまちでばらばらです。

受験費用は6000円台から9000円台まで開きがあるし、実務研修受講費用は20000円から70000円台までかなり広く差があります。
お住まいの都道府県で介護支援専門員の試験を検索するとすぐに見つかると思いますが、平均的に申し込みは6月から7月ごろ、試験は年1回の10月なのでタイミングを逃さずチェックしましょう。

ケアマネ試験の受験資格と合格ライン

ケアマネ試験について

ケアマネになるには試験に合格する以外にも多くのステップがあり、介護支援専門員実務研修研修受講試験(ケアマネ試験)の受験資格を満たすことが必要です。
ケアマネ試験は指定業務で最低5年以上900日以上の実績があることが必要で、最短でも5年はかかる資格です。

ケアマネ試験は毎年10月に実施されていて、年に1回の試験です。
大体6月から7月ごろに申し込みが始まり、都道府県によってその期間や詳細は少しずつ違います。
ケアマネ試験を最短でクリアするには何と言っても1発で合格することが重要で、そのためにさまざまな勉強や講習を受ける人もいます。

ケアマネ試験を受ける前の勉強は、独学で行うケースもあれば、通信講座を利用する、通学講座を利用するなどがあります。
試験対策費は結構高くつくことが多く、試験勉強のためにちょっと出費がかさんだなと感じることもあります。
大体の費用の相場は参考書などで独学する場合は1万円未満、通信・通学の講座を受講するときは数万円から10万円程度といったように大きな開きがあります。

もっと安く勉強するならWeb上の無料で公開されている演習問題がおすすめですが、やはり問題の質や難易度、さまざまなことを考えると多少の費用をかけて勉強することが必要です。

ケアマネ試験の難易度とは?

ケアマネ試験は難しいと良く言われており、その実態は合格率13%程度で、介護支援分野25点満点中13点、保健医療福祉サービス分野35点満点中22~25点というデータがあります。
各分野の点数は比較的低い合格ラインになっていて、実際は問題の7割くらいはクリアしておきたいところです。
介護支援分野は17点以上、保健医療福祉サービス分野だと少し多めに28点くらいは正解しておきたいところです。

ケアマネ試験では1問1点なので確実に得点を稼げるように確実な知識を勉強することが重要で、絶対的な覚え方や学習方法が試験をクリアさせてくれる方法になります。

介護福祉士の受験資格について

介護福祉士の受験資格について

介護福祉士は介護業界の資格の中でも重要な資格で、介護に携わってすぐに受験できるものではありません。
介護福祉士の受験資格は実務経験3年以上、実務者研修を終了していることとなっています。
これは単純に大体3年働いたはず、というあいまいな感覚で実務経験3年を示しているのではなく、従業期間3年は1095日以上で、それか従事日数540日以上と決まっています。

具体的に数えられないことが多いので、社会福祉振興・試験センターでは従業期間計算表が設定されていて、それで具体的に計算できる仕組みになっています。

実務経験の対象になるのは、施設か職種での在職期間です。
これはどういうことかというと、産休や育休、病休などの休職期間が含まれるもので、ちょっと解釈が違うと受験資格をクリアできなくなるので正しい解釈が必要です。

従事日数は雇用契約で実際に介護の業務に従事した日数のことをいいます。
この場合は、有給休暇や特別休暇、出張や研修などは含まれないので計算するときに注意が必要です。
ただし1日の勤務時間は問わないので、1時間でも勤務すれば見なされることになります。
これらの計算はギリギリの状態よりも計算ミスで調整されても余裕がある状態にしておくことがベストです。

実務経験はどういう勤務のこと?

実務経験はよく資格取得のときに使われるフレーズで、指定施設で介護に関係した仕事をしていること、介護の業務に従事していると認められる職種で働くことという意味があります。
介護といっても、児童、障害者、高齢者、その他、とうように分野があります。
どの分野でも資格取得のために認定されている、必要な手続き等が済んでいる施設で働くことが実務経験に直結します。

介護福祉士は、国籍や、性別、年齢、学歴などは問わないものの、実技試験がとても難しいと言われています。
緊張するし自然な対応がしにくいことからぎこちない動きになることも多いので慣れも必要です。

無資格でも介護に携わることはできますか?

pixta_6275440_s

無資格でも介護って出来ますか?

介護に携わる上では資格と言うよりも経験や知識は必須になります。
例えば自宅で介護をする場合と老人ホームなどの施設で介護士として働く場合では若干ニュアンスが違います。

自宅で介護をする場合は無資格でもある程度の知識や経験があれば、家族の要望に出来る限り沿うような介護ができると言えます。

それに出来れば無資格ではなくて初任者研修の資格を持っていればさらに痒い所に手が届くような介護が出来ると言えます。

対して老人ホームのような施設で介護士として働く場合は、無資格でも募集をしているところはありますが、いずれは資格取得を促されます。

そして長くその施設にいるなら、上級の資格取得のためにさまざまな研修などを受けるように促されることもあります。

どちらの場合でも重要なのは資格と言うことになりますが、実際の現場では正しい知識と経験が何よりも必要になります。

結論から言えば、無資格でも介護に携わることは可能ですし、働くこともできる場合があります。

介護に正解はない


そもそも介護と言うのは、人生の経験豊富な高齢者に対して行う行為なので、マニュアルがあったとしたらそれは役に立ちません。

十人十色と言うように介護をされる側の人間もさまざまなキャラやクセがありますから、それに柔軟に対応する方がより良い介護ができると考えます。

確かにマニュアル化した方が良い部分はありますが、人と人とのふれあいの部分ではマニュアルは必要ないと言えます。

仮に自宅で家族の介護をする場合、トイレや食事に関する介護にはマニュアルがある程度役立つでしょうが、趣味や会話、外出の部分においては、あまりそれらは重要ではありません。

またその人のクセなどに合わせて介護をしていくとなると、本来ならこういう接し方は良くないと言われていても、本人が望んでいるとなれば、無意味なものになり、介護を受ける側としては気持ちが伝わらないと感じるかもしれません。

無料で働きながら介護の資格取得を目指せる求人サイトもある

現在は無資格でも働きながら介護の資格取得を目指したいという方にぜひおすすめしたい求人サイトはかいご畑です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれます。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でおすすめしたいです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー資格の種類

img02

代表的なヘルパー資格の種類

一般的な介護資格

介護に関する資格といってもいくつかの種類があります。

一般的に認知度の高いヘルパー資格というと、介護福祉士・ホームヘルパー2級・ホームヘルパー1級などではないでしょうか。

こうした資格を有していると介護現場で働くうえで有利であるわけですが、現在では資格が無くても現場で実際に働きながら資格を取得できるところも増えてきています。

特に介護福祉士の資格は国家資格となっているので、介護に関する資格を考える上では意識しておきたい資格のひとつです。

ホームヘルパーの資格を有しているよりも介護福祉士の資格を持っていた方がさらに就職に有利となります。

ホームヘルパー資格の種類

もっとも身近なヘルパー資格として知られるホームヘルパー資格ですが、ホームヘルパー資格の中にも1級~3級までランク分けされています

3級は介護というよりも家事援助を目的としており、通常の介護に必要な介助をすることができない資格です。

2級はホームヘルパー資格の中でも最も有名な資格で、家事援助だけでなく介護や介護を行うことができる資格です。

1級になるとサービス提供責任者としての業務を中心に行うことができ、2級で一定期間以上の実務経験を経て取得することができる資格となっています。

ホームヘルパー資格の呼称

一般的に広く知られているホームヘルパー資格ですが、3級の業務範囲はお手伝いさん的な要素も多く、すでに事実上廃止されています。

また2級に関しては「介護職員初任者研修課程」という呼称に変わり、1級に関しても介護福祉士実務者研修課程と業務内容が重なってしまうことから、この資格に一本化されています

従って、現在ホームヘルパーという呼称自体が無くなっていますので、知っておくとよいでしょう。

旧ホームヘルパー2級が「介護職員初任者研修課程」、ホームヘルパー1級は「介護福祉士実務者研修課程」という資格を取得する必要があり、取得しない場合は2級扱いとなります。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

厚生労働省の公認

pixta_6653207_m

認定試験が必要ない資格

ホームヘルパーの資格を有している人は一般的に訪問介護員のことを指し、訪問介護員養成研修を受講することで資格を取得できます。

ホームヘルパーの場合は、資格取得に必要な認定試験などをする必要はなく、受講後に修了証明書を交付されることで認定されます。

これまでは3級~1級まで分かれていましたが、現在は事実上ホームヘルパーという呼称はありません。

2級が介護職員初任者研修課程、1級は介護福祉士実務者研修課程という資格を取得しない限り2級扱い、3級は事実上廃止されています。

ホームヘルパー資格の取得方法

ホームヘルパーの資格を取得する方法は様々です。

各自治体で講座を行っている場合もありますし、資格取得のための専門の学校や通信講座などもあります。

また、ホームヘルパーの資格を取得するに際して、特に学歴や職歴なども問われることがないため、誰でも講座を受けることができるのも特徴です。

将来的には必須の資格

介護職員初任者研修課程(旧ホームヘルパー2級)以上の資格は、これから超高齢化社会へと突入する日本においてはある意味で必須の資格といってもいいでしょう。

介護などの福祉分野はこれまで以上に専門性を求められる時代になってきています。

ホームヘルパーという資格の内容や呼称が変わったのは、介護福祉士という資格を介護資格の上位に位置づけ、介護福祉士そのものの質をさらに高めていく狙いがあると言われています。

ホームヘルパー2級である介護職員初任者研修課程は受講確認のための筆記試験のみで認定を受けることができ、介護福祉士実務者研修課程もしっかりと講座を受講すれば概ね認定を受けることができます。

その中で、さらにステップアップしたいと考えれば介護福祉士の資格を狙うこともできます。

介護福祉士は国家資格となるため、初任者研修や実務者研修などと比較すると合格率は低めとなります。

しかし、合格率は60%ほどなので国家資格としてはハードルは低めとなっています。

日本ホームヘルパー協会

nihonhomehelper

日本ホームヘルパー協会とは

更なる福祉と社会的評価の向上を目指す団体

日本ホームヘルパー協会というのは、介護に携わる資格保有者の社会的評価の向上や福祉そのもの向上などを理念に掲げ、介護に携わる資格所有者にあっては、資格を有する者として知識や技能を高めそれを介護や介助サービスとして提供することや、資格保有者同士とそれに伴う関係職種との連携かつ相互に情報交流を図りつつ介護業務の円滑な遂行などを目的としています。

全国を3ブロックに分け、16の県や市に支部を置いており、各ブロックや支部で連携を図りながら活動をしています。

現在は、北部ブロックに函館市・栃木県・埼玉県・千葉県・東京支部、中部ブロックに新潟県・山梨県・愛知県支部・大阪・三重県・奈良支部・和歌山県、南部ブロックに島根県・鹿児島県・北九州支部・福岡市があります。

各地区では様々な研修やイベントが行われており、会員でなくても参加することができます。

教材や図書なども

日本ホームヘルパー協会では、訪問介護員に役立つ教材や図書なども提供しています。

介護時に役立つ技術を映像で学べる教材や多くのヘルパーから好評を博しているレッスンノートを始め、ヘルパーさんが活用できる手帳、勉強会のDVDなども人気です。

こうした書籍やDVDなどは日本ホームヘルパー協会のホームページから購入することができ、一般の方でも購入できます。

これまで以上に注目される資格

一般的にホームヘルパーと呼ばれる人たちは、全国に40万人弱いると言われています。

その中でも介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士など様々な資格があります。

ホームヘルパーは訪問介護員と呼ばれるため訪問介護しかしてはいけないと思われがちですが、老人福祉施設などでの勤務も可能です。

高齢化が叫ばれて久しい時代となりましたが、これからもますますホームヘルパー資格の重要性が問われることは間違いありません。

日本ホームヘルパー協会の概要

日本ホームヘルパー協会は訪問看護院の資質向上や職改善を目指して活動している協会です。
研修会やイベントなども行っており、様々な資料データなども公開していることからホームヘルパーにとって非常に役立つ情報を提供してくれています。

注意しなければならぬこととして、日本ホームヘルパー協会というのはあくまでホームヘルパーのサポートなどを行っている団体であり、ここで介護職員初任者資格を得るための勉強ができるわけではありません。

スクールなどの案内などは行っていますが、この点は気をつけましょう。

日本ホームヘルパー協会の特徴

日本ホームヘルパー協会では通学制度などを設けていないため、介護職員初任者研修を受けるためにはそれが可能なスクールを探す必要があります。

ただ、介護に関する理解を深めるのには日本ホームヘルパー協会が行っている研修会やイベントが役立ってくれるでしょう。
そもそも、自分が本当に介護職員初任者に向いているのかどうか悩んでいるという方も多いはず。
そういった場合には日本ホームヘルパー協会が実践している研修会へイベントに参加してみましょう。

会員になればほとんど無料で参加することができるのですが、非会員だったとしても参加費を支払うことにより研修会に参加が可能です。
費用は研修会の内容によって違いますが、高くても5,000円ほどです。
海外研修だと100,000円を超える場合もありますが、まずは介護について理解を深められる研修会などに参加してみると良いでしょう。

東京を中心に実施されていることが多く、実施の頻度もかなり頻繁であるため、ホームページ上で紹介されている日程表を確認し、申し込んでみてくださいね。

日本ホームヘルパー協会の口コミ

「研修会に参加し、介護職員初任者としての役割や業務内容についても理解した上でスクールを考えることができました。」
「介護職員初任者について悩みがあったものの、研修会で相談しながら自分に向いているか考えられました。」

ヘルパーの資格制度

ヘルパーの資格制度はどのようなものか

2013年度から新たな制度がスタート

ホームヘルパーの資格といえば、ホームヘルパー1級や2級といったものが有名ですが、2313年度からは新しい資格制度が始まっています。
これまでのホームヘルパー2級を介護職員初任者研修課程と改め、その上に介護福祉士実務者研修課程を設けたのです。
そのため、ホームヘルパー2級の資格を有している人は介護職員初任者研修課程を修了したとみなされますが、ホームヘルパー1級の人は新たに介護福祉士実務者研修課程を修了しなければ2級扱いとなってしまいます。
従って、新たにヘルパーの資格を取得する人は、旧ヘルパー2級である介護職員初任者研修課程から受講することになります。

介護資格の専門性を高めるために試験も難しくなる

ホームヘルパーの資格制度が変更になった大きな要因は、介護に携わる資格の専門性を高める狙いがあるようです。
例えば、介護福祉士になる場合には実務での経験が3年を超えていれば介護福祉士の試験を受けることができましたが、改正後は介護職員実務者研修を受講する必要があります。
さらに、福祉系の学校において卒業と同時に介護福祉士の資格を取得できていた体制も改められ、試験を必ず受けなければ資格が付与されません。
これは、介護福祉士という資格のステータスを上げることで、「介護福祉士は介護資格の中で頂点に位置する」という構図を作るために明確化されたものでもあるのです。

今後改善されるべき課題

ヘルパー資格において今後もっとも改善が望まれる課題が、報酬などの待遇面です。
昔と比べて随分と待遇面も改善されてきてはいますがまだまだ発展途上の段階でもあります。
制度改正によって、介護福祉士資格を取得するまでの道のりが厳しくなってきている以上は、それに見合った報酬なども当然必要になってきます。
資格取得まで厳しい努力を重ねてきたのに、それに見合ったものが返還されないのでは介護福祉士を目指す人もいなくなってしまいますから、資格制度の改正と合わせて待遇面なども改善されるようなシステム作りが期待されています。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ