ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

介護福祉士の資格って有効期限はある?

国家資格である介護福祉士

介護の仕事をする上で、介護の資格は欠かせません。
介護の資格はたくさんありますが、その中でも国家資格になるのが介護福祉士です。

では介護福祉士の資格は一度取得すると、いつまで有効なのでしょうか?
有効期限はあるのでしょうか?

ここでは介護福祉士の有効期限について考えてみましょう。

<介護福祉士の資格には有効期限がない

結論から申しますと、介護福祉士の資格には有効期限がないので、一度取得してしまえば永久にその資格を保持できることになります。

介護福祉士の国家試験受資格があって、介護福祉士の国家試験を受験して合格すれば、そこからは介護福祉士としての資格が無期限で与えられるということになるでしょう。
ただ国家試験に合格すれば、介護福祉士になれるというわけではありません。

介護福祉士の国家試験に合格した後に、介護福祉士になるためには、合格後に社会福祉振興試験センターへ資格の登録をしなければなりません。

介護福祉士の国家試験に合格した後に、登録申請を長い間、していなかった場合でもその資格が失われることはありません。

申請には有効期限はなく、介護福祉士の登録はいつ行ってもよいのですが、登録申請を行わなければ介護福祉士と名乗ることはできないのです。
登録していないと、就職の際にも照明するものがなく、不利になってしまう場合もあるので注意が必要です。

介護福祉士の登録申請はどうやって行うの?!

介護福祉士の登録をするためには、必要書類に必要事項を記入し、必要な提出書類を貼り付けて郵送することになります。
登録手続きが行われ、手続きが完了すれば介護福祉士の登録証が自宅に郵送されることになります。

介護福祉士の合格発表は毎年3月になります。
この3月~5月頃にかけては登録申請が多くなる時期になるので、介護福祉士の登録証が届くのが遅れてしまう可能性があるので、注意が必要です。

就職などで介護福祉士の資格が必要な場合は、早めに登録申請をしておくようにしておきましょう。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

資格を取得するために学校に通いたいけど、授業料を払うために働き口も探さないといけないった際には最適です。
介護業界で働きながら資格の勉強をするので、勉強の効率もあがるでしょう。

なぜ無料で受けられるか不思議かと思いますが、そこには理由があります。
かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるのです。

介護業界に多くのつながりがあるニッソーネットの資格取得講座なので、安心して通えると大変人気があります。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

介護福祉士国家試験に合格したらどうなるの?

介護福祉士は介護の資格の中でも唯一の国家資格になります。
では介護福祉士に合格したらいったいどうすればよいのでしょうか?

介護福祉士の合格発表

介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験の2つで構成されています。
実技試験は一定の条件を満たしていれば免除が認められますが、筆記試験は受験者全員が受験することになります。
受験する試験によって合格発表の方法は異なってきます。
筆記試験の合格発表は、筆記試験合格後に実技試験も受験する場合に限って、筆記試験の合格発表や実技試験の受験表が郵送されてきます。
実技試験が免除の場合には、合格通知は郵送されてこないので、厚生労働省からの正式な合格発表を待つことになります。
実技試験も含めた場合の合格発表は、受験者全員に合格発表通知が郵送されてきます。
合格している場合には、合格証書、試験結果通知書などが入っており、不合格者にははがきでの通知になります。
またこれ以外にもホームページや掲示で結果を知ることもできます。

介護福祉士の試験に合格したら何をすればよいの?!

では介護福祉士の試験に合格したら、まずはどうすればよいのでしょうか?
まず合格したら提出が必要な書類があり、手続きも行わなければなりません。
実技試験の免除を行った時に、筆記試験前日までの見込み日数で種類を提出している場合には、受験資格を得たことを証明する書類を提出しなければなりません。
また介護福祉士に試験に合格したら、資格登録を行うことになります。
資格登録とは介護福祉士としての資格条件を満たす人物であることを国で照明してもらう手続きになります。
資格登録には期日は設けられていませんが、手続きが完了して登録証の交付がされるまでは、介護福祉士と名乗ることはできませんので早めの手続きが望ましいでしょう。
資格登録には登録の手引き、登録申請書、収入印紙9000円分、登録手数料貼付用紙、現金3320円、振替振込受付証明書、介護福祉士養成施設等の卒業証明書、戸籍証明書類などが必要になります。

介護福祉士の国家試験の提出書類って何が必要?

介護福祉士の国家試験を受験するにあたり、提出書類がいくつか必要になってきます。
ここでは介護福祉士の国家試験に必要な書類についてまとめてみましょう。

区分によって提出する書類が異なる

介護福祉士の国家試験は、それぞれ受けるルートが異なります。
福祉系の学校から受験する場合もあれば、実務経験ルートもあります。
このルートの違いによって提出する書類が変わってくるのです。
まず全ての区分に必要な書類としては、受験申込書、受験手数料振替払込受付証明書貼付用紙、受験用写真等確認票があります。
これらの書類は全ての区分の受験者に必要になります。

受験資格区分ごとに異なる必要な書類とは?!

次に受験資格区分ごとにそれぞれ必要になってくる書類についてまとめてみましょう。
まず実務経験ルートでの受験資格になる場合(3年以上介護等の業務に従事した方)は、実務経験証明書、従事日数内訳証明書、実務試験免除に関する書類を1枚提出しなければなりません。

実務経験ルートでは実務者研修を修了していれば、実技試験は免除されます。
また従事日数内訳証明書とは同じ期間に複数の事業所等に所属している場合に限り必要になってきます。
福祉系高等学校や専攻科を卒業した方が、介護福祉士の国家試験を受験する場合には、卒業証明書、教科目および単位履修証明書を提出することになります。

また実務経験ルートと同じく実技試験免除に関する書類をいずれか1枚提出することになります。
特例高等学校を卒業した方は卒業証明書が必要です。

再受験などで過去に受験票が交付された方に関しては、受験資格確定済申出書と実技試験免除に関する書類の提出が必要です。
実技試験免除に必要な書類は、介護技術講習修了証明書、介護技術講習受講決定通知書、実技試験免除確定済申出書、実務者研修修了証明書、実務者研修終了見込証明書、実技試験免除確定済申出書のいずれか1枚の書類が必要になります。

介護福祉士の国家試験の申込方法を知っておこう

国家資格である介護福祉士の試験は1年に1度あります。
ここでは介護福祉士の国家試験の申し込み方法について紹介しましょう。

介護福祉士の試験とは?!

介護福祉士は国家資格であり、筆記試験と実技試験が実施されます。
筆記試験会場は全国34試験地であり、実技試験は北海道、東京都、大阪府、福岡県で開催されます。
筆記試験の科目は全部で11科目であり、①人間の尊厳と自立、介護の基本、②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、③社会の理解、④生活支援技術、⑤介護過程、⑥発達と老化の理解、⑦認知症の理解、
⑧障害の理解、⑨こころとからだのしくみ、⑩医療的ケア、⑪総合問題となっています。
また実技試験は介護などに関する専門的な技能を実技することになります。
受験手数料は15300円になります。

介護福祉士の受験をするための申し込み手順とは?!

介護福祉士の国家試験を受験するためには、まずは厚生労働大臣の指定を受けた指定試験機関や指定登録機関である公益財団法人社会福祉振興・試験センターに受験の手引きを請求します。
過去に受験したことがあったとしても、受験の手引きの請求は必要になります。
受験の手引きには受験の申し込みに必要な書類や、必要書類の記入方法、受験の際の説明、受験資格についての説明、提出期限などが詳しく記載されています。
実務経験ルートで介護福祉士を受験される場合には、受験の手引きの中に実務経験証明書の書類も同封されているので、働いている介護施設の事業所に記入してもらうことになります。
複数の事業所での従事期間を合算する場合は、全ての事業者に書類を送って記入してもらうことになります。
受験を申し込みした時点で、実務経験を満たしていない場合には、実務経験見込みとして提出することになります。

全てのルートで必要な書類とは?!

介護福祉士の全てのルートで必要な書類としては、受験申込書、受験手数料振替振込受付証明書貼付用紙、受験用写真等確認票になります。

無資格でも介護職に就職できるの?

無資格は介護職に就けないの

介護の仕事を始める上で、介護職員初任者研修などの資格を取得してから就職先を探すという人が多いでしょう。
しかし介護の仕事は絶対に資格がなければ働けないのか?というとそんなことはありません。

無資格でも就ける介護職もあるのです。
ここでは無資格でも就ける介護職についてまとめてみましょう。

介護の仕事は資格がなくてもできる?!

介護の仕事は基本的には専門分野となるので、資格がないと無理…と感じてしまいがち。
しかし実際には、無資格の方でも介護職に就いている人はたくさんいます。

介護補助や介護助手という形で募集している介護施設では、資格がなくても採用してくれるケースが多いのです。
高齢化が進む日本では、介護業界では慢性的な人手不足の状態が続いています。

大幅な人員不足のため、たくさんの介護施設で働き手を求めているという現状があるのです。
そのため介護の資格を持っている人以外にも、無資格の方でも採用するケースも増えています。

もちろん介護の資格を持っている有資格者と比べると、介護の資格を持っていない人は仕事内容が限られてしまう場合もあります。

介護の資格がある人であれば、排泄や、食事、入浴など介護利用者の身体的な介助を行うことができますが、介護の資格がない場合には、介助、介護の仕事に携わることができません。

そのため無資格の方は、調理や洗濯、掃除などの身の回りの片づけなどを行うことになるでしょう。

介護の現場で働きながら資格を取得する人も多い

介護業界で働き始めてから、資格を取得し始めるという人は多いです。
介護の基本的な資格である介護職員初任者研修は、通学や通信での勉強が可能であり、働いている人でも十分に資格を取得することが可能です。

また事前に経験を積んでおいた方が、初任者研修の理解も早くなるでしょう。
介護福祉士資格のために必要な実務3年も初任者研修、実務者研修の前でもOKなので、無資格でも問題ありません。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

資格を取得するために学校に通いたいけど、授業料を払うために働き口も探さないといけないった際には最適です。
介護業界で働きながら資格の勉強をするので、勉強の効率もあがるでしょう。

なぜ無料で受けられるか不思議かと思いますが、そこには理由があります。
かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるのです。

介護業界に多くのつながりがあるニッソーネットの資格取得講座なので、安心して通えると大変人気があります。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

介護福祉士を受験するために必要なこと

介護福祉士は介護士の資格の中でも唯一の国家資格になります。
では介護福祉士を受けるにはいったいどうすればよいのでしょうか?

介護福祉士の資格を取得するには?!

介護福祉士の資格を取得するためには養成施設ルート、福祉系高校ルート、実務経験ルートの3つのルートがあり、最終的に国家試験を受験して、合格した者だけが介護福祉士の資格を取得することができます。
養成施設ルートでは養成施設で2年以上1800時間を受講しなければなりません。
福祉系高校ルートでは、福祉系高校で1800時間程度の授業を受けることになります。
実務経験ルートでは実務経験3年以上と、実務者研修を450時間受けることになります。
介護福祉士を目指す方にとってキャリアプランがシンプルに一歩化されたのでわかりやすくなっています。
介護職員初任者研修の資格を取得した後は、実務者研修、介護福祉士、認定介護福祉士という順番でステップアップしていくことになります。

介護福祉士の国家試験の合格率とは?!

介護福祉士の国家試験の合格率は過去5年間で平均64%になっています。
受験者数は近年減少傾向にあります。
昨年の試験では7万6000人程度が受験しています。
受験者数が激減したのにはワケがあり、実務者研修の受講必須が義務化されたことが影響していると考えられています。
実務者研修の講習には時間もお金もかかってしまいますので、受験するハードルが上がってしまったと感じる方もいるでしょう。
筆記試験の合格基準は、得点が75点以上で、総得点が125点になります。
また11科目群全てで最低1問は正解することが基準となっています。
実務者研修の受講が必須になっているので、以前まであった実技試験は廃止になっています。
介護福祉士の資格に合格するためには、過去問で出題した傾向をしっかりと把握することと、参考書の練習問題を解くことが重要になります。
自分の苦手科目や出題数の多い科目から勉強すると合格点がとりやすくなるでしょう。

病院で働く介護福祉士もいる?!

介護業界で働くヘルパーさんなどは介護施設で働くことが一般的でしょう。
しかし国家資格である介護福祉士は病院で働くケースもあります。
ここでは病院で働く介護福祉士についてまとめてみましょう。

介護福祉士が働く場所は様々

介護業界で働く介護福祉士の働く勤務地として真っ先に思い浮かべるのは、特別養護老人ホームや老健施設、介護施設などでしょ。
しかし介護福祉士が働く施設は介護施設だけではなく、病院などで働く介護福祉士もいるのです。
病院の中には精神科、整形外科などの科では、入院している患者さんのために介護が必要になる場合があります。
そこで介護福祉士が患者さんの介護にあたるために、病院で働いているのです。
同じ介護福祉士の介護の仕事であっても、介護施設で働くのと、病院で働くのでは仕事内容が変わってくるので注意が必要です。

介護施設で働くのと、病院で働くのは違うの?!

病院と介護施設の違いは、利用目的になります。
病院は病気やケガの治療を受けるために入院している患者さんに対して、治療、回復、通院を目的として技術、施術を提供します。
一方介護施設では、要介護者の方が、心身共に自分らしく生きるための生活を送ってもらうことを目的としているのです。
仕事内容は、病院では介護計画は標準化してあり、看護補助や看護助手の仕事をするのが介護福祉士の仕事になります。
またレクリエーションもありません。
一方介護施設では介護計画においては個別のケアプランになりますし、食事や排せつ、入浴など身体的な介護が主な作業となります。
またレクリエーションもあります。
給与面に関して、介護施設は社会福祉法人や民間会社によって運営されています。
一方病院は医療法人によって運営されています。
病院でも介護施設でも基本的な給与にはそれほど差はないものの、夜勤手当がついたり、各種手当に違いがある場合もあったりするでしょう。
福利厚生の面に関しては、介護施設よりも断然病院の方が手厚いでしょう。

介護福祉士の就職率は高い?

せっかく介護福祉士の資格を取得しても就職先がない…という状況では意味がありません。
では介護福祉士の就職率はいったいどのくらいなのでしょうか?
ここでは介護福祉士の就職率についてまとめてみましょう。

介護福祉士の就職率は100%?!

日本は高齢化社会に突入して、介護業界の人材不足は年々深刻化しています。
慢性的な人手不足の状態が続く介護業界で働く看護福祉士の就職率は100%以上ともいえるでしょう。
待遇や給与などを選ばなければどこでも就職できる状況になっています。

介護業界の人手不足は、労働環境が悪かったり、きつい仕事内容にかかわらず給与が安いなど待遇面に問題があったりするケースが多いです。
このような問題を改善するために、国や事業者などでは労働環境を整備したり、人手不足を改善するための施策を行ったりしています。

介護福祉士の資格を持っていても介護福祉士として働かない人は多い

実は国家資格である介護福祉士の資格を持っている人でも、介護福祉士以外の仕事についている人が非常に多いという現状があります。
日本では約45万人が介護福祉士として登録していながら、介護職についていない、働いていないという現状があります。
一度は介護福祉士として働いたものの、離職する人が多く、介護業界は非常に離職率の高い業種と言えます。
介護の仕事を辞めた理由として、職場の人間関係や、運営の在り方などに不満を感じている人が多いようです。
介護福祉士としての資格を取得した人の多くは、働きがい、やりがいを求めて介護業界に就職しているのですが、実際の介護の現場と自分の理想とがかけ離れてしまって、心が折れてしまうということが多いようです。

介護職への再就職支援策なども実施している

以前介護福祉士など介護の仕事をしていた人にもう一度再就職してもらおうと国や自治体では、介護職への再就職支援対策を行っています。
再就職準備金制度では、介護復帰に伴う経済的な負担を緩和してくれる支援制度であり、低賃金、重労働という環境に対する策とも言えるでしょう。

介護福祉士の気になる給料や年収について

介護福祉士は介護の国家資格になります。
そのため、他の介護の資格よりも優遇されることが多く、給与面にも反映してきます。
ここでは介護福祉士の給料や年収平均について解説していきましょう。

介護福祉士の給料や年収ってどれくらいなの?!

介護福祉士の給料や年収は、働く事業所や役職、正社員か非正社員かなど雇用形態によっても異なりますが、一般的に介護施設で働く正規職員の介護福祉士の月給は手取りが15~17万円前後になります。
年収でいうと250~400万円が一般的といわれています。
この金額は他の業種と比べてみても高い給料とは言えず、むしろ仕事の内容面からすると安すぎると感じるかもしれません。
介護施設の場合には、夜勤があるところもあり、月に4回ほどの夜勤や日曜日や祝日の当番などがある場合も。
変則的な勤務が基本であり、肉体的にも精神的にもハードな業務内容と言えるでしょう。
その割に、給与が見合っていないと感じる介護福祉士は多く、給与面が満足できずに離職する人が多い現状があります。

事業所によっては介護福祉士の資格を持っていることで資格手当がつく場合もある

介護施設の事業所には医療法人、民間の会社、社会福祉法人、医療法人などがあります。
その中でも、夜会福祉法人の介護施設は給料が低い場合でも、公務員に準じた給与体系の場合もあります。
手当や福利厚生がしっかりしている場合もあるでしょう。
また介護福祉士は介護職員初任者研修の資格を比べて、国家資格になりますので資格手当がつくケースもあります。
事業所によって資格手当の価格は異なりますが、3000~10000円前後の手当がつく場合も多いでしょう。
さらに休日手当や夜勤手当などもつくので、給料が高くなるケースもあります。

介護福祉士の初任給ってどれくらいなの?!

介護福祉士の初任給は、16万円前後の場合がおおいでしょう。
また介護業界では転職者が多く、35歳を過ぎても介護業界に転職するケースは少なくありません。
介護業界は資格さえあれば仕事は引くあまたの状態であるのです。

介護タクシーのドライバーとして働きたい!どうすればよい?

介護の仕事の中には介護タクシーのドライバーという仕事もあります。
では介護タクシーのドライバーとして働くためにはいったいどうすればよいのでしょうか?
何か必要な資格などはあるのでしょうか?
ここでは介護タクシーのドライバーとして働く方法についてまとめてみましょう。

介護タクシードライバーに必要な資格とは?!

介護タクシーのドライバーとしての仕事を始める上で、必ず必要となってくるのが普通自動車二種免許になります。
この資格は絶対に必要な資格となります。

個人で、介護タクシーを開業される場合には、まずは普通自動車二種免許を取得して、管理者や福祉車両の確保をします。
設備要件、資金要件を整えて、申請をすればケアドライバー、介護ドライバーとして仕事がスタートします。
普通自動車二種免許は、介護者の送迎をすることはできますが、利用者の身体的な介助やタクシーの乗降介助などを行うことはできませんので、注意が必要です。

利用者の身体介助やタクシーの乗降介助には介護職員初任者研修の資格がいる!

利用者を車に乗せて運転する場合、利用者の乗り降りのサポートをすることがあります。
これらの乗降介助を行う場合、介護職員初任者研修の資格が必要となってきます。
介護職員初任者研修は、以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格であり、介護保険タクシーの乗務員として働く場合は、必ず取得しておかなければいけない資格になります。
介護タクシーのドライバーの業務だけをするのであれば、取得しなくてもよいのですが、ケアドライバーという仕事をする上で、介護職員初任者研修の資格は取っておいて損はないでしょう。

介護タクシードライバーが持っておくと便利な資格とは?!

介護タクシードライバーとして働く場合、介護職員初任者研修や、普通自動車二種免許の他、いくつかの資格を取っておくと便利でしょう。
例えばユニバーサルドライバー研修あh、バリアフリー研修推進実行委員会が、開発、推進している研修で、介護タクシー利用者とのコミュニケーションの取り方、車いすの取り扱い、乗降時の介助方法などの知識やスキルが身に着く資格です。

未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルは未経験・資格なしでも安心してはたらける求人サイトです。こだわりの条件で検索できたり困ったことを専任の担当者に相談できるのも嬉しいポイントです。

公式ホームページを見る

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

ベネッセMCM

大きな特徴ともいえるのが、非常に満足度が高いということです。
実際に講座を受講した方の満足とは96%となっており、非常に高い評価を誇っています。
実際に講座を修了した後はしっかりと就職先のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ