ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

介護職員実務者研修

pixta_4323865_S

介護職員実務者研修とは

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。

その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。

また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。

平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。

つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。

その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。

この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。

近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。

そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。

介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。

長い目で見て、将来性がある仕事です。

社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

働きながら無料で介護の資格取得を目指す

就業中にキャリアアップするための資格取得を支援してくれる制度を設けている求人サイトがあります。
それは介護業界専門の求人サイトであるかいご畑です。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

仕事はやめられないけどステップアップしたいと考えている方には、大変おすすめしたいです。

かいご畑で受けられる無料講座例

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

介護福祉士

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護福祉の分野で設けられている国家資格です。
介護職として、第一線で仕事をするのが介護福祉士です。

一般的に、ケアワーカーと呼ばれることも多く、介護を必要としている高齢者に対して、直接支援をします。
食事、買い物、入浴のお世話など、その人一人ひとりに合わせた、日常生活の支障を解消することがお仕事の内容です。

高齢者や身体が不自由な人に対して、身の回りのお世話をする仕事となっていますが、体力勝負の仕事です。
足腰が不自由なお年寄りの介助は、時に肉体的、身体的に辛いと思う出来事も待っています。

その為、介護福祉士は女性だけではなく、男性の手も必要と言われます。
体力勝負の仕事だからこそ、体力に自信がある人こそ、チャレンジをすることが求められている資格です。

介護福祉士の試験とは

介護福祉士の試験とは、厚生労働省によって実施されます。
国で定められた国家資格で、合格をすれば介護の現場での仕事が待っています。

試験は、年に一度しか行われません。
年に一度しか行われない試験と言う事もあり、受験者がとても多くいる資格です。

第一次試験と第二次試験があり、第一次試験は1月頃、第二次試験は3月頃に行います。
試験地は、それぞれの都道府県が設けた会場で受験をすることになります。

試験の内容は、第一次試験が筆記試験です。
「人間と社会」、「介護」、「こころとからだのしくみ」の三領域についての質問があり、最後に総合問題を問われます。
一般的な知識から、専門性の高い内容まであるので、ある程度の勉強は必須だと言えるでしょう。
ただし、一時試験だけでも、毎回60%の人は試験に合格しているので、しっかりと勉強をすれば難しい試験ではないです。

そして、第二次試験は実技試験です。
実技試験も、これまでの学校や介護の現場での知識を生かせばさほど難しい内容ではありません。
実際に、試験全体での合格率は65%近く、他の国家資格と比べてもとても高いのが特徴です。

将来性の高い介護の現場で、国家資格を持っていれば、必ず職に困ることはありません。
介護福祉士は、介護職の必要性に対応するために、年々注目度が高まっています。

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。
その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。
また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。
平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。
つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。
その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。
この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。
近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。
そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。
介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。
長い目で見て、将来性がある仕事です。
社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。
その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。
また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。
平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。
つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。
その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。
この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。
近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。
そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。
介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。
長い目で見て、将来性がある仕事です。
社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

これからヘルパーになるには

pixta_7774950_S

ヘルパー試験の廃止

これまでの「ホームヘルパー」の資格は、平成25年度をもって廃止されています。
旧ホームヘルパー2級の資格は、介護の仕事のファーストステップとも言われました。

事実、介護の現場で働くパート職員から、これから国家資格所得を目指す方まで、幅広い人が保有している資格の一つです。
ヘルパーの資格の廃止が決定される直前には、多くの人が資格所得をめざし、講座を受講しました。

この背景には、新資格である「介護職員実務者研修」は、ヘルパー2級に比べて難易度が上がることが上げられています。
今後、介護職に就くためには、旧ヘルパー2級程度とされる介護職員実務者研修の資格保有が条件の一つに加わりました。

これからヘルパーになるには

これからヘルパーとしての仕事に就きたいと思う人は「介護職員実務者研修」を受ける必要があります。
旧ヘルパー2級と同等に扱われる資格ですが、難易度がぐんと上がったことが難点の一つです。

ただし、厚生労働省で決められた各都道府県に設けられた学校に通い、真面目に講習に取り組めば、さほど難しい試験ではありません。
国家資格とは違いますので、長時間の勉強が必要なテストや試験もないです。

これまでのヘルパー2級の資格に比べた違いは、少しばかり専門的な知識が必要になったくらいです。
その為、学校に拘束される時間が少し増え、場合によっては必要なレポートの種類が増えただけと言えます。

人によっては、より多く勉強をしなければならないことに嫌気を感じるかもしれませんが、必要だから制度は改訂されたわけです。
しっかりと勉強をして身に着けた新しい知識は、必ず将来に生きると言えます。

旧ヘルパー2級所得者よりも、介護の現場に入る前に、より濃い内容の勉強ができることは素晴らしい事です。
既に制度が改訂された後ですし、前向きに考えて資格所得を目指すことが大切でしょう。

無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパーの資格試験

ヘルパー試験の廃止

これまでの「ホームヘルパー」の資格は、平成25年度をもって廃止されています。
旧ホームヘルパー2級の資格は、介護の仕事のファーストステップとも言われました。

事実、介護の現場で働くパート職員から、これから国家資格所得を目指す方まで、幅広い人が保有している資格の一つです。
ヘルパーの資格の廃止が決定される直前には、多くの人が資格所得をめざし、講座を受講しました。

この背景には、新資格である「介護職員実務者研修」は、ヘルパー2級に比べて難易度が上がることが挙げられています。

今後、介護職に就くためには、旧ヘルパー2級程度とされる介護職員実務者研修の資格保有が条件の一つに加わりました。

これからヘルパーになるには

これからヘルパーとしての仕事に就きたいと思う人は、「介護職員実務者研修」を受ける必要があります。
旧ヘルパー2級と同等に扱われる資格ですが、難易度がぐんと上がったことが難点の一つです。

ただし、厚生労働省で決められた各都道府県に設けられた学校に通い、真面目に講習に取り組めば、さほど難しい試験ではありません。

国家資格とは違いますので、長時間の勉強が必要なテストや試験もないです。

これまでのヘルパー2級の資格に比べた違いは、少しばかり専門的な知識が必要になったくらいです。
その為、学校に拘束される時間が少し増え、場合によっては必要なレポートの種類が増えただけと言えます。

人によっては、より多く勉強をしなければならないことに嫌気を感じるかもしれませんが、必要だから制度は改訂されたわけです。
しっかりと勉強をして身に着けた新しい知識は、必ず将来に活きると言えます。

旧ヘルパー2級所得者よりも、介護の現場に入る前に、より濃い内容の勉強ができることは素晴らしい事です。
既に制度が改訂された後ですし、前向きに考えて資格所得を目指すことが大切でしょう。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界を専門に扱っている求人サイトの「かいご畑」では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれます。

かいご畑を利用して就業すると受けられる無料講座があるので、無資格で介護職に就いてから資格取得ができるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるのでたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー資格の取得費用

attractive asian woman on white background

ヘルパー資格の取得費用とは

ヘルパーの資格所得にかかる費用は、都道府県により異なります。

これは、ヘルパー資格はあくまでも国家資格ではなく、厚生労働省により定められた機関での学習が必要とされているからです。

学校に通い、講座を受講することで得られる「終了証明書」をもって、ヘルパーの資格と認められているので、学校に通う事が絶対条件となります。

つまり、この学校の規定や講座の内容により、費用が大幅に変わってきます。

一般的に、最安値で50,000円程度で、高くて150,000円と言われています。

これは、地方によって差があり、サービス内容によっての違いだと考えられるでしょう。

学校によっては、資格を無事に取得し、学校指定の紹介先へ就職することで受講料の何割かが返金される制度もあります。

また、自分で仕事を探したとしても、就職お祝い金が支給される場合もあり、学校によって制度はまちまちです。

割引制度を活用する

ヘルパーの資格には、割引制度を活用できることが多いです。

所謂、ハローワークから情報が出ている求職者支援訓練学校では、通常の半額かそれ以下の価格で講座の受講が可能です。

また、母子家庭の母親に対して、受講費免除を設けている地方自治体もあります。

自分で申し込みをした場合でも、学校で定められている一定の条件を満たすことで、受講料の割引を受けられる制度があります。

例えば、友達同士での受講、紹介を通しての受講、学割など、学校によって割引制度はまちまちです。

ただし、割引制度を利用しても、テキスト代、健康診断、実務試験会場までの交通費などの諸費用は、自己負担となることが一般的です。

最終的に同じ資格を得られるのでしたら、少しでも安く受けられる方が得ですので、自分の条件を元にいくつかの学校に問い合わせをしてみることをおススメします。

ヘルパー資格の費用と分割

ヘルパー試験の受講費用は、大体50,000円~150,000円程度とされています。

中には、分割で支払いたいと思う人もいるかと思いますが、大体の学校では分割での支払いを認めています。

学校によっては、2回~最大で36回払いの選択肢を得られることもあるので、自分のお財布と相談しながらやりくりすることができます。

ただし、分割をすれば、それだけ利子が付きますので、賢く計算しなければなりません

中には、金利・手数料無料と言う学校もあります。

独自の分割方法を設けている学校もあるので、分割を検討しているのでしたら、資料請求後に詳しいと言わせをするといいですね。

無料で介護の資格取得を目指せる

ヘルパー資格取得のための費用を少しでも抑えたいという方には絶対知ってほしい情報です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパーの資格の内容

ヘルパー資格所得の内容

ヘルパーの資格の所得には、厚生労働省で定められた基準をクリアすることが条件です。
資格所得には、各都道府県に設けられた学校に通い、講座や実務をこなす必要があります。

学校に通い、講座を修了することで得られる「終了証明書」を得て、資格所得とされます。
その為、学校や各都道府県によって、講座の内容が多少違います。
ただし、日本全国どこの都道府県で、どの学校で資格を所得しようとも、学校での終了証明書の扱いは同じです。

その為、資格所得を目指している場合には、いくつかの学校に申し込み内容の確認をしてみることが大切です。
講座の内容や、テストやレポートについてなど、細かい事を確認するといいでしょう。

ヘルパーの資格と就職先

ヘルパーの資格を所得すれば、さまざまな介護の現場での仕事が待っています。
幅広い仕事の選択肢があるので、自分が働き甲斐を感じることができる職場を選ぶことができるでしょう。

例えば、訪問介護の仕事を通して、ご利用者様の自宅にて、身の回りのお世話をすることができます。
この場合には、買い物や散歩の付添、食事の介助、洗濯や犬の散歩まで、ありとあらゆるニーズにこたえることが仕事です。

また、デイサービスで日中、お年寄りの御世話をする仕事もあります。
デイービスは、日中介護サービスを必用としているお年寄りが集まり、レクレーションなどを楽しむ施設です。
施設が用意したバスや車で、ご利用者様の自宅にお迎えに行き、送り届けるまでの仕事です。

他にも、各種老人ホームでの生活の介助も選択肢の一つとなります。
老人ホームは、24時間お年寄りが生活をしているので、夜間を含めたローテーションでのシフト組になります。
夜間は時給が高いことがメリットですが、日中に比べて介護職員の数が少なく、徘徊をするお年寄りの世話や、夜中のおむつ変えなどで、何かと忙しい仕事です。

ヘルパー資格を取ることで就ける仕事は色々ありますが、自分の性格や体力を考慮して、無理のない範囲で仕事をすることが、長く続けられる秘訣でしょう。

ヘルパーの受験資格

ヘルパー資格所得と受験資格

ヘルパーの試験に、受験資格はありません。
国家試験と言うわけでもないため、難しい試験もなく、比較的難易度が低いとされています。
事実、介護の仕事に就きたい人にとって、まず始めに歩む登竜門と言われている資格になります。

実際に、年齢制限もないですし、学歴などを問われることもないです。
その為、中学校を卒業したばかりの若い人でも挑戦することができ、介護職員としての仕事を目指せます。
勉強が苦手で、高校進学をしなかったという若い受験者も少なくはありません。

また、これまでの仕事の経歴を問われることがありませんので、さまざまな人が資格所得を目指します。
社会人でヘルパーの資格所得を目指す人の中には、サラリーマン、主婦など、社会人から学生まで、多くの人が受ける資格です。

ヘルパー資格を取るため必要な事

ヘルパーの資格を取るために必要な事は、講座の受講です。
ただ、どこの学校でもいいというわけではなく、厚生労働省に定められているスクールへの申し込みが必要です。

その、カリキュラムに応じた講座を受けて、レポート作成や実務を受けなければなりません。
一般的に「ヘルパー」という資格は、この講座の「終了証明書」のことになります。
つまり、学校で勉強したことのあかしを得ることで、ヘルパーの資格を得たと言えるわけです。

平成25年度に制度改定されてから、ヘルパーの資格所得についての決まりが変わりました。
資格制度が見直され、多少受講内容に専門的知識の習得が必要になったものの、受験資格などに変わりはありません。

介護の仕事に就きたいと思っている人ならば、誰でも資格を得ることができます。
日本の現状では、ヘルパーとして働ける人材確保が求められているので、資格所得後には必ず就職先が見つかります。

何か手に職を付けて、自分の強みを見出したいと思っている人にぴったりの資格です。
学歴、年齢、性別等問わずに挑戦することができる資格なので、まず時間があるときに学校に通い、資格所得をしてみるといいでしょう。

無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変お得な介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー資格の年齢制限

358df645614f91c7c55dcea7138f660c_s

ヘルパー資格の年齢制限

ヘルパーの資格に年齢制限はありません。

その為、10代の若い人から60代以上の定年を迎えた人まで、チャレンジできる資格です。

例えば、中学校を卒業した後すぐに、ヘルパーの講座を受講すれば資格所得を目指すことが可能です。

高校に行くことを選択しなかった人でも、資格を取れば、介護職員としての立派な職をつかむことができるでしょう。

また、定年退職をした後に資格所得を目指す人も少なくありません。

まだまだ体力が有り余っている場合に、十分挑戦できる資格の一つです。

一般的に、仕事探しが不利になる55歳・60歳以上であっても、ヘルパーの資格を持っていれば、就職に困ることはないでしょう。

ヘルパーは体力勝負と言う事を忘れない

年齢制限がないとはいえ、忘れてはならない事は、ヘルパーの資格は体力勝負という事です。

一般的な仕事よりも、はるかにきつい肉体労働を課せられる場面もしばしばあります。

例えば、足腰が不自由なお年寄りには、お風呂への入浴準備やベットからの起き上がりの介助が必要です。

その為には、そのお年寄りの体重を支えなければならず、一度に大変な負荷がかかります。

自分で身体を動かすことができない人を支えるのは、大変な苦労です。

そして、重いからと言って万が一落としてしまえば、大きなケガや事故につながります。

そうでなくても、ご利用者様の身体に危害を加えてはなりませんので、体力と共に忍耐も使う大変な仕事です。

その為、年齢制限がないとはいえ、それぞれの年代に応じた障害が伴います。

10代のまだまだ若いうちでしたら、お年寄りの排泄のお世話ができるかなどが問われます。

ある程度の年齢に達したご年配の方でしたら、肉体労働に耐えることができるのかがカギとなります。

年齢制限がない資格ですが、実際に介護の現場に立った時に、自分自身の体力や気持ちを優先して、仕事を選ぶことはできません。

資格の所得を目指すと同時に、本当に仕事ができるのか、自分自身に問いただすことが大切です。

ヘルパー資格の願書

ヘルパーを職業訓練で取る

ヘルパーの資格を職業訓練で所得することが可能です。
職業訓練は、求職者に対して、資格を取るために講座を開くことを目的としています。
ヘルパー意外にもたくさんの資格所得の道がありますが、どれもハローワークなどで紹介されて、申し込みをする流れになります。

職業訓練は、国のお金が使われます。
私たちが納めている税金から、資格所得のための講座や試験の費用がまかなわれます。
つまり、一般的に自分で申し込みをしてヘルパーの資格を取るよりも、格安なのが魅力的です。

しかし、職業訓練でのヘルパー資格の受講は簡単なものではありません。
毎回、どこの会場でも定員をはるかに上回る応募があることが多いです。
3倍、5倍、10倍もの倍率を潜り抜けて試験受講の権利を突破するためには、それなりの覚悟と対策が必要になります。

ヘルパー資格の願書に大切なこと

ヘルパー資格を職業訓練で取るためには、介護に対する思いを相手に伝えなければなりません。
ただ単に資格がほしいから、お金がほしいからというだけの理由では、あっさりと落とされてしまうことが目に見えています。

筆記や面接がある場合には、なぜ介護職をしたいのか、どうしてヘルパーの資格なのかをはっきりと伝えられるようにすることが重要です。
これまでの経験や、実生活で感じている介護の必要性などを交えながら、応募理由として話してみるといいでしょう。

ヘルパー資格の願書が大切な理由
ヘルパーの資格の所得は、大して難しいものではありません。
一般的には、授業に出て講座を受けて、それなりの知識を実につければ簡単に資格所得が出来ます。

大して難しいテストがなく、簡単に資格所得が可能なこと、将来性があるということから、多くの受講希望者が出る講座です。
しかし、資格所得を目前にして、訓練をやめてしまう人、気が変わってしまう人が後を立ちません。
また、資格を所得下のにもかかわらず、実際に仕事をしないという人もいます。

そのため、国の税金を使う職業訓練所では、目的があいまいな人の受講をあまり受け入れたくない事情があります。
願書を出すときには、初心に帰り介護が必要だと思う理由、自分の志願理由を明確にすることが大切です。

倍率が高い講座であれば、本当にやる気のある人のみが選ばれるはずです。
その中で、切磋琢磨しながら勉強をすることで、より高い専門知識を得て、世の中に活躍することが出来るでしょうね。

ヘルパー資格の難易度

高まる介護の必要性

近年、ヘルパーの資格への注目度はどんどんと高まっています。
高齢化社会により、日本人全体の人口に対するお年寄りの割合が、年々どんどんと上昇していることが一つの影響です。
そして、それに伴って、介護施設や老人ホームなどの施設が沢山立ち並び、介護の手の必要性が叫ばれています。

実際に、介護をする側の人材不足が問題となっています。
国は、優秀な人材を沢山確保したいと考えていると言います。

ヘルパーは、今も、これからも生かせる仕事なので、将来性が高いです。
その為、志願者が多く、資格保有者が年々と増えていると言えます。

ヘルパー資格の難易度とは

多くの人が所得するヘルパーの資格ですが、難易度は大して高くはありません。
資格の中では、どの資格に比べても比較的簡単だという人が多く、誰でも簡単にとることができると言われています。

そもそも、現状でヘルパーの資格は国家資格ではありません。
あくまでも、厚生労働省が認める機関にて講習を受けて終了した人が受けられる「終了証明書」のみをもって、資格所得とされています。

平成25年度には、制度が変わり多少難易度が上がりました。
とは言え、合格できない資格ではありません。

勉強時間が増え、認知症に関する知識などの専門性の高い内容を扱う事が義務図けられただけの話です。
決して資格そのものの難易度が高くなったわけではないです。

ヘルパーは簡単に取れるのか

ヘルパーの資格は、学校に申し込みをして、お金を支払い、しっかりと講座に出ていれば、ほぼ確実に資格を取ることができます。
よほど態度が悪く、学校へ出席しない、レポートの完成度が低い、などと言う事があれば別ですが、ほとんどの方が難なく合格することができます。

ヘルパーの資格は、学校の終了証明書の事です。
しっかりと学校で定められているカリキュラムをこなすことが求められています。

他の資格に比べて、テストのために一生懸命勉強する必要性もそうそうありません。
難しいテストがあるわけではないので、講座に出て、話を理解することができれば問題はないでしょう。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ