ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

主婦でもヘルパーの資格を取りたい!

主婦になって、ヘルパーとして働きたい!と一念発起する方は非常に多いです。
その場合、仕事を始めるにあたり、資格があった方が採用に有利になるため、主婦でヘルパーの資格を勉強して取得するという人が増えています。
主婦(主夫)でヘルパー資格は取得できるのでしょうか?

主婦で取得しやすいヘルパー資格とは?!

主婦でヘルパーになりたい!と思った時、実務経験などが全くない人にとっていきなり介護業界で働くのは非常に大変です。
そこで主婦になってからヘルパーを目指す人は、ヘルパーの資格取得をするのがよいでしょう。
ヘルパー資格として、介護職初心者におすすめなのが介護職員初任者研修という資格になります。
介護職員初任者研修は、以前あったホームヘルパー2級と同等の資格であり、これから介護の仕事を始める!という人にはぜひ最初に取得してもらいたい資格になります。

介護職員初任者研修は主婦でも取得できる資格なの?!

介護職員初任者研修は、介護をスタートさせる人にとって基本的な資格となります。
介護職員初任者研修の資格は、厚生労働省が認定する施設で、受講する必要がありますが、最短で1ヶ月の取得も可能になっています。
介護職員初任者研修は通信教育の他、通学教育、実務研修なども組み込まれているため、学校に通う必要があります。
主婦であれば昼間が暇な時間になりますので、昼間に合わせて開校している講座を選ぶようにしましょう。
また夜だけの講座、土日だけの講座というのもあるので、仕事をしながら介護職員初任者研修を取得するという人にはピッタリの仕事と言えるでしょう。

介護職員初任者研修の資格を持っていれば主婦であってもすぐに就職先が決まる

日本は世界の中でも高齢者が多い国になっています。
国民3人に1人が65歳以上という計算になります。
介護職は高齢者の増加に伴い、230~250万人必要と言われています。
介護の資格を持っていれば、介護職の経験がない主婦であっても採用案件は多く、引く手あまたの状態になるでしょう。

介護職員初任者研修の資格ありで、アルバイトで働ける

介護職員初任者研修は介護職をスタートさせるための基本的な資格と言えます。
介護職員初任者研修があるとアルバイトにも採用してもらいやすいのでしょうか?

介護職員初任者研修とは?!

介護職員初任者研修とは、最短1ヶ月、平均3ヶ月程度で取得できる最も分かりやすい資格で、介護のスタート資格ともいえます。
以前はホームヘルパー1級から3級、介護職員基礎研修などの資格がありましたが、現在では制度変更によって介護職員初任者研修が、ヘルパー初心者の入門的な資格という位置付けになっています。
以前のホームヘルパー2級資格では、受講をするだけで試験などはないという資格だったのですが、介護職員初任者研修については全過程が修了した後に筆記試験があります。

介護職員初任者研修を取得していると採用の時に有利になる?!

介護職員初任者研修を受講して、試験に合格すれば介護職員初任者研修の資格保持者となります。
この介護職員初任者研修の資格があるかないかだけでも採用には大きく左右します。
無資格だと仕事内容が分かりませんし、高齢者など介護者のことも分かりません。
しかし介護職員初任者研修の資格があるだけでも仕事内容や介護者のことをしっかりと把握しているので、自信にもつながりますし、仕事にも慣れやすいでしょう。
介護職員初任者研修の資格を持っていることで、仕事の幅が広がりますし、給料も無資格に比べると相対的に高くなります。
また事業所によっては介護職員初任者研修などの資格手当がもらえるところもあるでしょう。
ホームヘルパーとしてアルバイトで働くという時でも介護職員初任者研修があるのとないのでは、介護職員初任者研修があった方が断然優遇されるでしょう。
アルバイトで働く人の多くは介護職員初任者研修の資格を持っていませんので、介護職員初任者研修の資格を取るだけでも、仕事のキャリアアップにもつながります。

介護福祉士の資格取得はどうやってやるの?

介護福祉士になるために、介護福祉士の資格を取得する必要があります。
では介護福祉士の資格はいったいどのように取得するのでしょうか?
ここでは介護福祉士の資格取得までの流れについてまとめてみましょう。

介護福祉士になるためには実務者研修の受講が必要になる

介護福祉士とは社会福祉専門職の介護に関する国家資格になります。
障がい者や高齢者の食事、入浴、排せつ、歩行などの介助、介護者からの相談などに応じることもあり、アドバイスする場合もあります。

また介護者の精神的なサポートをするのも介護福祉士との違いになります。
介護福祉士になるためには国家試験を受験して、合格する必要があります。
この資格を取得する方法としては、介護福祉実務経験で取得する方法、養成施設で取得する方法、福祉系高校で取得する方法があります。

実務経験で介護福祉士の資格を取得する方法

実務経験で介護福祉士の資格を取るというのは、介護業務の実務経験を積んだ上で国家試験を受験して、介護福祉士の資格取得を目指していきます。
対象となる事業者及び、職種での従業期間3年以上、450日以上の従事時間が必要になります。
また介護福祉士の試験を受けるためには、まずは介護職員実務者研修の受講も必須となっています。

養成施設で介護福祉士を取得する方法

養成施設で介護福祉士の資格を取得するためには、指定の介護福祉士養成施設を卒業すれば、介護福祉士資格は取得できていました。
介護福祉士養成施設とは厚生労働省が認定する学校であり、4年生大学、短期大学、専門学校など種類もたくさんあります。
介護福祉士養成の施設に入学するためには、高等学校を卒業している人が対象になります。

福祉系高校で介護福祉士を取得する方法

福祉系の高校を卒業して、介護福祉士の国家資格を受けることでも介護福祉士の資格取得につながります。
福祉系高校ルートでの受験資格では、福祉系高校を入学、卒業する方になります。

介護職員初任者研修用の試験対策アプリを活用しよう

ホームヘルパーとして働く上で資格があるのとないのでは、採用にも関係してきます。
ホームヘルパーとして最も基本的な資格になるのが介護職員初任者研修です。
介護職員初任者研修の試験はいったいどのようなものなのでしょうか?

介護職員初任者研修の資格取得方法とは?!

介護職員初任者研修は在宅や介護施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識、技術を習得するための研修になります。
この資格を持つことによってホームヘルパーなど介護職としてのキャリアがスタートするといっても過言ではありません。
介護職員初任者研修があることで、正社員、パート、アルバイトなど様々な働き方が可能になるでしょう。
また介護職員初任者研修の資格を取得する人の中には仕事として資格を取るのではなく、家族の介護のために介護職員初任者研修の資格を取りにこられる方も増えています。
介護職員初任者研修の資格を取得するためには、講習と実技で計130時間の研修受講と全過程が修了した後に修了試験に合格することが重要になります。
修了試験は筆記試験1時間になり、その試験に合格すれば修了証明書が発行されます。

介護職員初任者研修の筆記試験の内容とは?!

介護職員初任者研修の筆記試験の制限時間は1時間程度であり、講義と実習で勉強した内容が出題されるので、毎日の課題をしっかりと予習、復習している人であれば合格する可能性が高いです。
一般的にはスクールで実施されている模擬試験を受験して、試験会場の雰囲気や筆記試験の出題傾向などをつかんでおくと安心感もあるでしょう。

介護職員初任者研修の試験対策アプリも登場している

AndroidやiOSには、介護職員初任者研修の筆記試験対策のアプリも登場しており、通学中などでも勉強できると人気を集めています。
介護職員初任者研修の試験対策アプリなどをうまく活用して、介護職員初任者研修の試験に合格したいですね。

介護福祉士とヘルパーって何が違う?!仕事内容は?!

介護職にはヘルパーと介護福祉士があります。
ではヘルパーと介護福祉士は一体なにが違うのでしょうか?
個々では介護福祉士とヘルパーの違いについてまとめてみましょう。

介護福祉士とヘルパーとは?!

介護福祉士は社会福祉専門職の介護に関する国家資格の名称になります。
つまり国家資格を取得した介護士になるのです。
一方ヘルパーは日常生活に支障がある高齢者、障碍者の自宅を訪問して、家事のサービスは身体の介護を提供する人のことを言います。

介護福祉士とヘルパーで仕事内容に違いはあるの?!

基本的には介護福祉士とヘルパーでは仕事内容には違いがありません。
ただ介護福祉士は国家資格を持っている人であり、ケアワーカーとも呼ばれているので現場の責任者になることができます。
また介護をするヘルパーに対して介護の指導を行うこともできるのです。
仕事領域において違いがあるので、介護福祉士は介護現場においてリーダーであり、介護のスペシャリストともいえます。

ヘルパーと介護福祉士では雇用や待遇に違いがある

介護福祉士の資格を持っている人は、その資格が国家資格になるため就職先を幅広く選択できるという利点があります。
さらに正社員として事業者や施設で雇用されるケースがほとんどです。
一方、ヘルパーさんはパートやアルバイトなどがほとんどで、非雇用体系になります。
また介護福祉士の資格があれば、ヘルパーさんと同じホームヘルパーの仕事をしていても、介護福祉士の資格手当がつく場合が多く、給与も大きな差が生じます。
ヘルパーさんは安月給のケースが多いのですが、介護福祉士は優遇される場合があります。
資格手当としては3000~10000円ほどつくでしょう。
また資格による仕事領域の違いで、事業者側もヘルパーと介護福祉士では見る目が変わってくる場合もあります。
ホームヘルパーとして働くのであれば介護福祉士の資格を取るのがよいでしょう。

ホームヘルパーに運転免許は絶対にいるの?!

ホームヘルパーとして働きたいけれど、運転免許を持っていないので無理かもしれない…
このように悩まれる方がいらっしゃいます。
では本当にホームヘルパーには運転免許が必要なのでしょうか?

運転免許がなくてもホームヘルパーとして働くことができる

ホームヘルパーとして働くのに必ず運転免許が必要ということはありません。
運転しなくても通勤できるのであれば、特に問題はないでしょう。
また介護者の自宅まで行く場合でも運転免許がないということを事業者に伝えておけば、他の人が運転をして訪問介護をおこなったり、徒歩や公共交通機関で行けるところを担当になったりする場合もあります。

ホームヘルパーの仕事内容とは?!

ホームヘルパーでは身体介護、生活援助、通院などのための乗車・降車の介助などを行っていきます。
身体介護では、食事、着替えの介助、排泄、入浴補助など体に直接触れて行う介助と、それに伴う準備や片づけを行います。
生活援助では、買い物、調理、掃除、洗濯など身の回りの家事のサポートや、薬の受け取りなど体に直接触れないお世話になります。
通院などのための乗車、降車の介助では運転免許が必要になります。
ホームヘルパーが車を運転して、利用者を病院へ連れて行って、移動や受診の手続きを介助します。
運転免許のないホームヘルパーであれば通院などのための乗車・降車の介助の仕事はできませんがそれ以外の仕事であれば、運転免許がなくても問題ないでしょう。

ホームヘルパーのやりがいと?!

ホームヘルパーは人気の職種である一方、非常に労働環境がきついとも言われています。
ただやりがい、魅力は非常にあります。
利用者の自宅を訪れて介助を行うので、個別のケアが可能になります。
利用者とホームヘルパーの関係性は深くなりますし、感謝の言葉を直接言われることも多いでしょう。
訪問介護の現場では、利用者対介護者の濃い関係になりますし、1人で全てをケアすることにので、他のスタッフと働く必要がなく、自由度が高いと言えるでしょう。

ホームヘルパーになるにはいったいいくらかかるの?!

ホームヘルパーになるためにはホームヘルパー2級の資格を取るのが一般的でした。
このホームヘルパー2級は現在介護職員初任者研修という名前に変更されました。
ではホームヘルパーになるまでにはいったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

ホームヘルパーになるためには?!

ホームヘルパーになるためには基本的に介護職員初任者研修の資格を取得するところから始まります。
介護職員初任者研修は介護職へのスタートラインであり、ホームヘルパーだけではなく、施設介護でも役立つ資格になっています。
介護職員初任者研修の講座カリキュラムでは学校で訪問介護員、施設介護でのヘルパー業務を想定した知識を学んでいきます。
ホームヘルパーになるための介護職員初任者研修の資格は通信教育だけでは資格を取得することはできません。
通信教育だけではなく、実習があるので通学が必要になります。
初任者研修は130時間のカリキュラム中、通信教育ができるのは最大で40.5時間であり、残りの15日間はスクーリング、つまり通学講習が必要になります。
介護職員初任者研修は最短で1ヶ月での取得が可能になっています。

ホームヘルパーの資格取得の学習スタイルとは!?

ホームヘルパーとして介護職員初任者研修の資格を取得したい場合、通信+通学教育が必要になります。
学習スタイルは各学校によって違いがあり、土日コース、短期コース、夜間コースなどがあるので、働きながら資格を取ることも可能です。
土日コースであれば4ヶ月、短期コースは1ヶ月、夜間コースは4~6ヶ月の通学が必要になります。

ホームヘルパーになるためにかかる費用はどれくらいなの?!

では介護職員初任者研修の講座を受けるのにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
取得費用はスクールによってばらつきがあります。
キャンペーンなどで格安で受けられる講座もあります。
平均的な費用としては5~15万円になります。

講座を選ぶ時のチェックポイントとしては、通いやすいかどうか、欠席振替のフォローがあるかどうか、講師のレベルなどがあります。

ホームヘルパーの就職率ってどれくらい?!

ホームヘルパーには資格があります。
ホームヘルパーの資格は就職に有利と言われています。
ここではホームヘルパーの資格と就職率についてまとめてみましょう。

ホームヘルパーの就職率とは?

日本では急速に高齢化が進み、介護の問題が浮き彫りになってきています。
介護施設が増える一方で、介護職員は慢性的な人手不足の状態になっています。
つまりホームヘルパーは、人手を欲しているので引く手あまたで就職できるという現状があります。
ただ介護業界は人材が不足しているのですが、勤務するためには介護の資格を取得しなければいけないという現状があります。
基本的には訪問介護以外の施設であれば、介護の資格を持っていなくても働くことは可能です。
ただ介護の資格があった方が、就職には圧倒的に有利と言えるでしょう。

ホームヘルパーで必要な資格とは?!

介護の仕事に就くためのスタートラインとなるのが、介護の入門資格ともいえる介護職員初任者研修です。
この資格は以前ホームヘルパー2級と呼ばれていました。
介護職員初任者研究は、介護職員として食事の補助、入浴介助、更衣など高齢者の状態に合わせて専門的なサポートを行うための知識とスキルを身につけたことを証明できる資格になります。
この資格は各地方自治体が指定した養成機関が主催している講座を受講して全過程を終えて筆記試験に合格すれば取得できます。
さらにその次の資格として、介護職員実務者研修があります。
この資格は介護職員初任者研修の内容を理解して、介護の基本的な知識を身に着けた上で、実践的な技術、知識を習得するためのものになります。
さらに介護の資格として、唯一の国家資格となるのが、介護福祉士です。
介護福祉士は、福祉の三大国家資格の1つであり、介護を必要とする人に対する生活援助、身体介護を行います。
現場で働くホームヘルパーの中でもより専門的な能力を有する資格者として位置づけられるのが介護福祉士なのです。

ホームヘルパーの雇用形態ってどんなものがあるの?

ホームヘルパーとは訪問看護員のことであり、自宅で暮らす要介護者の日常生活のサポートを行う介護スタッフのことです。
ここではホームヘルパーの雇用形態についてまとめてみましょう。

ホームヘルパーの働き方とは?!

ホームヘルパーが働く訪問介護の営業時間は基本的には平日の日中が中心になります。
ただ中には土日や早朝、夜間などにも対応している営業所もあるでしょう。
その中でホームヘルパーは、1~2時間単位で働く登録型のホームヘルパーもいれば、常勤で働くホームヘルパーもおり、夜勤専任やシフト勤務など様々なスタイルで働くことができる職種と言えるでしょう。
自由度が高いともいえます。
ホームヘルパーは直接雇用、登録ヘルパー、派遣ヘルパーの3つの働き方があります。

直接雇用とは正社員、パートなどのことで、勤務先の訪問介護事業所に直接就職するスタイルです。
この働き方が最も一般的と言えるでしょう。

登録ヘルパー、派遣ヘルパーって?!

ホームヘルパーの雇用形態として、直接雇用の他に登録ヘルパーや派遣ヘルパーなどの働き方もあります。
登録ヘルパーとは、訪問介護特有のスタイルとも言える雇用形態です。
訪問介護以外にも、訪問看護でもこの登録ヘルパーという働き方はあります。
登録ヘルパーの場合、訪問介護事業所にヘルパー登録をします。
そして、勤務時間の相談をしながら、訪問介護を利用する利用者ごとに受け持ってその利用者の自宅に訪問する働き方になります。
また登録ヘルパーの中には1日に何軒かの利用者を受け持つ勤務をする方もいるでしょう。
派遣ヘルパーは、派遣会社に登録をして、派遣会社から仕事の紹介を受けてホームヘルパーとして働く働き方になります。
雇用形態が変わったとしても、ホームヘルパーとして働く仕事内容としては大きな違いはありません。
ただ収入、社会保険などの仕組みは異なりますし、事業所とのかかわり方もそれぞれの雇用形態によって変わってきます。
ホームヘルパーは正社員よりも非常勤スタッフが多く、全体の80%を占めています。

介護タクシーとして営業する資格とは?

介護タクシーを開業するときに必要な資格は?

介護タクシーはケアドライバーともいい、今後の需要が増えると予想されている職業の1つです。
通常のタクシーとは違って必要な資格があると思っている方も多く、今後の需要に応じて開業しようと思っている方もいます。

主に介護タクシーを開業するときに必要な資格は普通自動車二種免許、介護職員初任者研修(ヘルパー2級相当)で、通常のタクシーに必要な普通自動車二種免許に加えて初歩的な介護の資格があれば開業できます。

また少し気を付けたいのが、介護タクシーのドライバーとして働くなら初任者研修は要りませんが、ケアドライバーとして働くなら初任者研修が必須となります。
初任者研修以外でも実務者研修や、介護福祉士、ケアマネなどの資格がある方も介護タクシーに転身できます。

介護タクシーは介護サービスを含めたタクシーというニュアンスがあります。
主に乗降の際の介助が必要になるので、どうしても初任者研修が必要になります。
初任者研修を取得している方ならご存知のように、介助することはいくつものコツやポイントがあります。
ただ手伝えば良いものではないので、正しい基礎的な知識が必要になるんです。

介護タクシーに役立つその他の資格とは?

介護タクシーは介助できれば良いのではなく、ユニバーサルドライバー研修、ハートフルアドバイザー研修、サービス介助士(ケアフィッター)、普通救命講習、などの研修や資格を持っているとさらに役立つといえます。

接客向上のための研修や、高齢者や障害者に適切な接客サービスをする研修、必要に応じて高齢者や障害者におもてなしと安全な介助を提供する技術、万一の際に応急処置や適切なサービスの提供ができることは、高齢者や障害のある方にとっては頼れることです。

介護タクシーだから安心して乗れる、という信頼を得るためにもこうした役立つ研修や資格はできるだけ取得しておく方が良いです。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、働きながら介護関係の資格を取得する支援を行ってくれるのでキャリアアップが目指せます。
料金はかからず無料で資格取得が可能となっているので、大変おすすめな介護職の求人サイトです。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという仕組みです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ