ヘルパー資格を「0円(無料)」で取る方法【キャリアアップ応援制度とは?】
0円(無料)でヘルパー 資格を取る方法 > ヘルパーの資格の取り方 > 通信でヘルパー資格も取得できるが・・・

ホームヘルパー2級は『介護職員初任者研修」に名称・内容とも変更

今までは介護の資格として「ホームヘルパー1級・2級」「介護職員基礎研修」が広く知られていましたが、平成25年度4月に介護保険法施行規則の改正によりホームヘルパー2級は廃止となり、相当する新たな資格として「介護職員初任者研修」がつくられました。

「ホームヘルパー1級・2級」は訪問介護を想定していた研修だったのに対して「介護職員初任者研修」は昨今増えている介護施設での介護も視野に入れた研修内容になりました。

これに伴い介護職におけるキャリアアップが「介護職員初任者研修 → 実務者研修 → 介護福祉士」とシンプルになりわかりやすくなりました。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格の取り方

介護職員初任者研修の資格は、130時間のカリキュラムが用意されています
ホームヘルパー2級との大きな違いは、介護現場での実習がなくなった点で、代わりに筆記試験が追加されています。
介護職の入り口とされる介護職員初任者研修は、合格点は100点満点中70点以上で真面目に授業を受けてしっかり理解すれば難しくないといわれています。

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

通信でヘルパー資格も取得できるが・・・


通信でヘルパー資格も取得できるが

忙しくてヘルパーの資格を取れない人もあきらめない

ヘルパーの資格に魅力を感じている人でも、毎日忙しくてなかなか資格所得ができないという人もいるでしょう。

現状の仕事や、学校が忙しければ、自分が取りたい講座の受講を諦めなければならないはずです。

そうなると、どんなに願っていても、いつまでたっても資格所得は出来ませんね。

確かに、ほとんどの講座は昼間の時間に行われています。

しかし、忙しい人でも資格所得を可能とする講座がいくつかあるので、忙しくても決してあきらめてはなりません。

通信でヘルパー資格も取れる

ヘルパー資格には、通信講座と言うものもあります。

その為、ヘルパーは平日忙しいと言う人でもチャレンジすることができる資格となっているのです。

ヘルパー所得のための講座は、都道府県が認める機関で講座や実務を受けることが条件となっています。

この、認定機関も様々あり、それぞれいくつかの講座が開設されています。

日中の講座が多くあるものの、中には夜間や通信での講座も少なくはありません。

確かに、日中に根気詰めて勉強するよりも効率が悪くなるかもしれませんが、時間を有効活用できる通信講座は多くの人から人気を集めています。

ただし、通信であっても、テストや実務のために、最低でも数回は学校に訪れる必要があることは頭に置いておきましょう。

ヘルパーの通信講座の受け方

ヘルパーの通信講座の受け方は、まずは資料請求をすることから始まります。

自分が受けたいと思っている講座があるところに、電話やネットでお問い合わせをしてみましょう。

ヘルパー通信講座では、一般的に教科書を見ながら、自分で勉強を勧めることになります。

定期的にレポート提出が求められるので、期限までに与えられたレポートをオンラインや郵送で提出することになります。

また、テストや実務のために、合計で数時間は教室に出向くことがあります。

一般的な講座に比べれば実際に脚を運ぶ時間は少ないので、うまくスケジュール管理をしましょう。

現状の仕事の有給をつかい、学校の合間などをうまく使うようにするといいですね。

無料で働きながら介護の資格取得を目指せる

働きながらヘルパー資格取得を目指したいという方にぜひおすすめしたいのが求人サイトのかいご畑です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれます。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でおすすめしたいです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー2級取得者の体験談
学校の実習があり、そこで取得した、

単純に食いっぱぐれのない仕事だと思って福祉の仕事をしようと思い、その最初に取得していたのがヘルパー2級でした。
福祉関連の専門学校へ入学した後にヘルパー実習を受講して取得するに至りました。
訪問入浴実習と施設体験実習が1日ずつ計2日間の実習がありました。

訪問入浴の実習では、3人体制で居宅にいる利用者のお宅へ自動車で行き、持ち運び出来る浴槽による入浴介助の見学、立ち会いでした。そこでは実際に利用者に触れることはなく、見学や浴槽の搬入搬出を手伝いをしていました。そこでは利用者にこまめに声かけしながら洗髪、身体を洗うなどの様子を見させていただき、常に利用者の状態に気を配りながら介助することの大切さを学びました。

施設体験実習では特別養護老人ホームへ行き、利用者とのコミュニケーションを取ることが主でした。実習ということで、身体介助はなかったですが、話し相手になるような形で利用者との関わりの時間が持てました。
実際に終えてみての感想は、実習を受けて資格を得たからといって即仕事が出来ることでは全くなく、本当に福祉の世界の入口に立つためのきっかけの一つなんだろうなと思いました。そこから勉強して体験して少しずつ力を付けていくことが重要だと思いました。

ホームヘルパーに興味があったため。

私は私立大学の薬学部を卒業してからすぐに地元の総合病院で薬剤師として働き始めました。薬剤師は患者さんや他の医療従事者から感謝されることが多かったので、やりがいを持って働くことができました。薬剤師として働いているうちに、高齢者の介護や面倒を見るホームヘルパーという職業に興味を持ち始めました。

薬剤師として働き初めてから3年が経った頃に、一念発起してホームヘルパーの資格が取れる専門学校へ通い始めました。薬学部を卒業したので、医療系の知識はありましたが、ヘルパーとしての知識はほとんどなかったので、勉強はとても大変でした。必死になって勉強や実習をした結果、ホームヘルパー2級のしを取得することができました。

今では平日は薬剤師として働く一方、休日にはホームヘルパーとして働いています。おじいちゃんやおばあちゃんの介護や面倒を見るのは、とても大変ですが、おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔を間近でが見られるので、とても満足しています。

就職先で必須!

知り合いが経営している仕事先に就職することになり、ヘルパー2級を取ってくれといわれ取得しました。通学での資格取得であり、まず朝から夕方まで介護のことに関して座学で勉強しました。そのあと、通学先の指定した介護施設で2週間ほど職場研修を行いました。

座学終了後には、試験がありましたが授業をある程度聞いていれば未経験の方でも合格するレベルの問題だったと思います。職場研修では、1日の流れから勉強し、利用者とのコミュニケーション、入浴・食事介助の見学等しました。個人的に大変だなと感じたのが、午前10時頃から午後3時頃まで食事・入浴以外は特にすることがなく、意外と長く感じて雑談などで利用者とのコミュニケーションをとり続けるのが大変だなと思いました。

職場研修が終わってからは、レポートを提出して終わりの流れでした。取得自体は、特に難しいという点はなく座学→実施研修→レポートを普通にすれば取れると聞いていたので、余程の問題を起こさない限りは問題がないと思います。

身内の介護を考えてとりました。

高齢の祖母がもし介護が必要になったときに、知識が無いと出来ないと思い取得しようと思いました。当時は正社員で働いていたので、通信と日曜日にスクールに通いました。

通信の方は帰宅後に取り組みました。通信の方は課題ごとにテストがあり、スクールが始まるまでに合格してないといけなかったので結構時間に追われていました。テストはテキストを見ながらでも大丈夫でしたが、量が多く一度は読まないと難しかったです。スクールは地元で開催していたので、通うことにそこまで苦労は無かったです。

少人数だったので良い雰囲気で学ぶことができました。短期間のスクールだったので9時頃から16時頃までみっちりとスケジュールは組まれていました。
ただ、施設への実習は平日のみ3,4日連続で通わないといけなかったので、上司に相談し休みを頂いて通いました。

実習は朝から夕方まで利用者さんの話し相手、食事介護、送迎の付き添い、お風呂介助、ヘルパーさんと一緒に訪問介護に行き料理、掃除(1日2件ほど)など休む暇も無く体験しました。実習終了後はスクールに提出物を出し、資格を取ることが出来ました。

ホームヘルパー2級の資格は就職に直結できるから

学歴がなかった私にとっては、就職難と呼ばれる現代で一人生きていく自信がありませんでした。そんななか就職雑誌を見ると、いつもそこには介護職が募集されています。とりあえず、ホームへヘルバー2級の資格を取ってさえいれば就職口には困らないだろうと思い、取得を決意しました。

選択したのは通学の講座です。自宅近くの講座教室に週1回通い、座学で介護のイロハを学びました。時に教室内で人形を使い、実際の介護方法を体験することも有りました。先生方も、一緒に講義を受けた方々も非常に言い方で、楽しみながら勉強を続けられました。

座学での教室学習が終わると、次は実際の介護施設に出向き、利用者様とコミュニケーションを取りながら実際の介護を体験しました。食事介助と入浴介助がほとんどでしたが、介護職の責任の重さを肌で感じる非常に貴重な体験をさせていただきました。施設の介護体験を既定の時間数以上終了すると、ホームヘルパー2級の資格を取得することができました。


未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルは未経験・資格なしでも安心してはたらける求人サイトです。こだわりの条件で検索できたり困ったことを専任の担当者に相談できるのも嬉しいポイントです。

公式ホームページを見る

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

ベネッセMCM

大きな特徴ともいえるのが、非常に満足度が高いということです。
実際に講座を受講した方の満足とは96%となっており、非常に高い評価を誇っています。
実際に講座を修了した後はしっかりと就職先のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ