ヘルパー資格を「0円(無料)」で取る方法【キャリアアップ応援制度とは?】

ホームヘルパー2級は『介護職員初任者研修」に名称・内容とも変更

今までは介護の資格として「ホームヘルパー1級・2級」「介護職員基礎研修」が広く知られていましたが、平成25年度4月に介護保険法施行規則の改正によりホームヘルパー2級は廃止となり、相当する新たな資格として「介護職員初任者研修」がつくられました。

「ホームヘルパー1級・2級」は訪問介護を想定していた研修だったのに対して「介護職員初任者研修」は昨今増えている介護施設での介護も視野に入れた研修内容になりました。

これに伴い介護職におけるキャリアアップが「介護職員初任者研修 → 実務者研修 → 介護福祉士」とシンプルになりわかりやすくなりました。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格の取り方

介護職員初任者研修の資格は、130時間のカリキュラムが用意されています
ホームヘルパー2級との大きな違いは、介護現場での実習がなくなった点で、代わりに筆記試験が追加されています。
介護職の入り口とされる介護職員初任者研修は、合格点は100点満点中70点以上で真面目に授業を受けてしっかり理解すれば難しくないといわれています。

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ケアマネの勉強方法とは?


ケアマネの試験に向けた勉強方法とは?

ケアマネの試験は筆記試験で、1問1点の問題が合計で60問ある試験です。
そのため介護支援分野と保健医療福祉サービス分野の2つの分野で8割程度の合格点が必要と言われていて、その勉強方法もとても重要だと言われています。

主な勉強方法は独学、通信講座、通学スクールの利用などがあり、独学でも1万円くらい、通信講座で4万円前後、通学スクールで10万円くらい費用がかかります。
どの勉強方法も特にどれが群を抜いているということはなく、どれだけ自分が努力できたのかにかかっています。

違いがあるとすれば、通信講座や通学スクールの場合は、過去問と比べて出題傾向が全く違ったときには責任を取ってくれたり、また出題傾向がガラッと変わっても適応できるだけの勉強ができるともいえます。
独学の場合はそういった情報を得るところがなく、浅く広く勉強する以外にない状態のとなり、少し不利かもしれません。

勉強方法は独学するとしても1人ではなく複数人でやるか、できればWebをうまく活用して情報を得ながら進めていくことがおすすめです。

ケアマネの試験に合格するためのコツ

ケアマネの試験にできる限り合格するためには確実に取れる特典を確実に取り、得点の取りこぼしをなくし高得点を目指すことが必要です。
ケアマネの試験の内容は年々難しくなっていると言われています。
そのためどのような勉強スタイルでも自分なりに問題数をこなすことも必要です。

年々難しくなっているケアマネの試験は、過去問を解くのはおすすめできません。
過去問よりも今年の傾向と対策などの問題集や模擬テストのようなものが多くあるドリル形式の問題を解くのが良いでしょう。
浅く広く知識を持つよりも、確実に答えられる問題を増やすことが必要です。
確実に答えられる、自信をもって対処できるならその分自分に自信もつくし、確実な特典になって返ってくるようになります。


未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルは未経験・資格なしでも安心してはたらける求人サイトです。こだわりの条件で検索できたり困ったことを専任の担当者に相談できるのも嬉しいポイントです。

公式ホームページを見る

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

ベネッセMCM

大きな特徴ともいえるのが、非常に満足度が高いということです。
実際に講座を受講した方の満足とは96%となっており、非常に高い評価を誇っています。
実際に講座を修了した後はしっかりと就職先のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ