ヘルパー資格を「0円(無料)」で取る方法【キャリアアップ応援制度とは?】

ホームヘルパー2級は『介護職員初任者研修」に名称・内容とも変更

今までは介護の資格として「ホームヘルパー1級・2級」「介護職員基礎研修」が広く知られていましたが、平成25年度4月に介護保険法施行規則の改正によりホームヘルパー2級は廃止となり、相当する新たな資格として「介護職員初任者研修」がつくられました。

「ホームヘルパー1級・2級」は訪問介護を想定していた研修だったのに対して「介護職員初任者研修」は昨今増えている介護施設での介護も視野に入れた研修内容になりました。

これに伴い介護職におけるキャリアアップが「介護職員初任者研修 → 実務者研修 → 介護福祉士」とシンプルになりわかりやすくなりました。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格の取り方

介護職員初任者研修の資格は、130時間のカリキュラムが用意されています
ホームヘルパー2級との大きな違いは、介護現場での実習がなくなった点で、代わりに筆記試験が追加されています。
介護職の入り口とされる介護職員初任者研修は、合格点は100点満点中70点以上で真面目に授業を受けてしっかり理解すれば難しくないといわれています。

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格の取得費用


attractive asian woman on white background

ヘルパー資格の取得費用とは

ヘルパーの資格所得にかかる費用は、都道府県により異なります。

これは、ヘルパー資格はあくまでも国家資格ではなく、厚生労働省により定められた機関での学習が必要とされているからです。

学校に通い、講座を受講することで得られる「終了証明書」をもって、ヘルパーの資格と認められているので、学校に通う事が絶対条件となります。

つまり、この学校の規定や講座の内容により、費用が大幅に変わってきます。

一般的に、最安値で50,000円程度で、高くて150,000円と言われています。

これは、地方によって差があり、サービス内容によっての違いだと考えられるでしょう。

学校によっては、資格を無事に取得し、学校指定の紹介先へ就職することで受講料の何割かが返金される制度もあります。

また、自分で仕事を探したとしても、就職お祝い金が支給される場合もあり、学校によって制度はまちまちです。

割引制度を活用する

ヘルパーの資格には、割引制度を活用できることが多いです。

所謂、ハローワークから情報が出ている求職者支援訓練学校では、通常の半額かそれ以下の価格で講座の受講が可能です。

また、母子家庭の母親に対して、受講費免除を設けている地方自治体もあります。

自分で申し込みをした場合でも、学校で定められている一定の条件を満たすことで、受講料の割引を受けられる制度があります。

例えば、友達同士での受講、紹介を通しての受講、学割など、学校によって割引制度はまちまちです。

ただし、割引制度を利用しても、テキスト代、健康診断、実務試験会場までの交通費などの諸費用は、自己負担となることが一般的です。

最終的に同じ資格を得られるのでしたら、少しでも安く受けられる方が得ですので、自分の条件を元にいくつかの学校に問い合わせをしてみることをおススメします。

ヘルパー資格の費用と分割

ヘルパー試験の受講費用は、大体50,000円~150,000円程度とされています。

中には、分割で支払いたいと思う人もいるかと思いますが、大体の学校では分割での支払いを認めています。

学校によっては、2回~最大で36回払いの選択肢を得られることもあるので、自分のお財布と相談しながらやりくりすることができます。

ただし、分割をすれば、それだけ利子が付きますので、賢く計算しなければなりません

中には、金利・手数料無料と言う学校もあります。

独自の分割方法を設けている学校もあるので、分割を検討しているのでしたら、資料請求後に詳しいと言わせをするといいですね。

無料で介護の資格取得を目指せる

ヘルパー資格取得のための費用を少しでも抑えたいという方には絶対知ってほしい情報です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー2級取得者の体験談
身近に資格を取っている人が多かった。

今や「旧ヘルパー2級」などど呼ばれている資格のようですが、当時はすごく世間でも「(ヘルパー2級の資格を取ることを)推していた時代」だったような気がします。

それに当時身近にもヘルパー2級の資格を取ってヘルパーをしている人が何人かいらっしゃったんです。私もちょうど実家に戻って来た頃で、「手に職」ではないですが、仕事の選択肢の一つにできたら良いなとか、将来の親の介護にも役に立つのかなという気持ちがありました。私はいろんなカルチャー講座を展開している会社の、ヘルパー2級過程を受講した形です。

週2日教室へ通って5人くらいのクラスメートと共に、何ヶ月か座学や教室でできる範囲の実技をし、終わり頃には施設などに研修しに行きました。受講した会社(学校)によって、レポートをたくさん書かされたとかいろいろ違ったようです。私が受講した所は、研修に行った時以外はレポートを書かされたとかはなかったように記憶しています。結局ヘルパーにはなりませんでしたが、感化は受けて、有料老人ホームの調理補助としてしばらく働きました。

それに、ヘルパーは「甲斐甲斐しくお世話してあげる人」ではなく、「利用者さんの生活の質を向上させるためのお手伝いをする人」なんだと知れたことが大収穫でした。その考え方は今でも私自身が他の人と接する際の指針にもなっています。

安定した職に就くため。

私が大学を卒業した約20年ほど前は不景気で就職氷河期でした。私は卒業時になっても内定が1つも取れず、また地元は田舎なので企業はかなり少なく介護事業所とお店以外はほとんど働く場所がない状態でした。
介護職であれば将来確実に需要がある上、地元でも求人がきちんとあったことから将来性が高く安定している介護職に就こうと思いました。

ただ大学時代は介護福祉以外のことを学んでいて、介護の知識がなかったことから介護の知識を得ておく方が就職に有利だと思いました。資格取得については通信の方が安かったのですが、自分で勉強するのでは自信がなかったことから、週に1回市内で行われている講座に通学して最後に現場実習を終えて資格取得しました。

教室には当時の私と同じ年代の人は少なく、30代以上の人がほとんどでした。皆将来介護福祉を学んで現場に立ちたいと思っている人が多かったことから、同級生にもすぐになじんでとても楽しく勉強することができました。

介護力を身につけるためです

働いていた福祉用具を販売する会社を退職し、認知症がある方が入るグループホームに転職しました。
介護をするのは初めてでしたので、おむつ交換や入浴介助や食事介助にはかなり手間取り、また認知症の方への対応もどうして良いか分かりません。

悩んでいたところ、インターネットでホームヘルパー2級の資格を取るための講座があることを知りました。職場に相談したところ「良いことなので行ってみてください」と後押ししてくれました。ちょうど自宅近くに講座をしている施設がありましたので、そちらに通いました。

週末だけに講座があるので無理なく行くことが出来ました。一緒に講座を受けている方には「ヘルパーの事業所で働くため」や「老人ホームに就職するため」と色々な方々がおり、勉強する励みになりました。

講座を受けたおかげで、介護や高齢者についての理解を深めることが私なりに出来たと思います。また資格を取ったことで自分に自信が持てるようになり、以前のように悩むことがなくなり、介護がとても楽しくなりました。

介護職に就きたいと思ったからです。

私は高校生の時、進路に悩みました。介護に興味はありましたが、小柄な自分に体力がなく無理だろうと諦めていました。高校卒業が近づくにつれ、自分が何をしたいのか全く分からず月日だけだ過ぎているとき、母親から『医療事務をやってみたら?』と勧められ、一年間通学する医療事務の学校へ行きました。

そして、卒業とともに医療事務の仕事に就きました。1年ほど、医療事務の仕事をしていましたが、やっぱり介護の勉強をして、介護の仕事に就いてみたいと思いました。
そして、週1回、教室へ行き、講義をしてくださる先生がいて、教材を使いながら説明をしてくださったり、先生の経験をお話ししてくださいました。

残りの時間は在宅でホームヘルパーの勉強をするという通信を選び、半年程、勉強をして、ホームヘルパー2級課程の受講が修了する前に、実技の研修があり、在宅介護(訪問介護)、施設へ訪問し、各1日ずつ研修を受け、ホームヘルパー2級課程修了、ホームヘルパー2級課程取得となりました。

福祉系の高校に通っていて授業で資格が取得できたので

福祉系の学校だったので授業や実習のうちで必要な単位を取って卒業と同時に資格を取得しました。特に筆記試験などはなく、授業などにたいして欠席などが目立たなければほとんどの人が資格取得していました。それに、学校に通わず通信などでも比較的取得しやすい資格だと思います。

でもいざ就職などするときホームヘルパー2級を大前提にしていることが多いので取得しておいて損はありませんでした。
それにホームヘルパー2級は基礎の基礎ですが、それがわかっているのといないのとではかなり差があるので必要な資格でした。ホームヘルパー2級は現場への実習も必修になるので、それまで実感がわかなかったり実際どんなところなんだろう?という疑問も解決されます。

複数の施設や病院に実習にいくので、それぞれのやり方やデイと特養ではどのように違うかや実際仕事探しのときにもすごく役に立ちます。あと人間関係も。介護業界はシビアなので正直人間関係が一番重要な気がしました。

簡単にとれるため

祖母が寝たきりとなり、8年。大学を卒業したものの正社員での就職が難しく、契約や派遣を転々として生活していました。
同居の祖母の介護を共働きの両親の代わりに行っていたこともあり、介護に少し興味を持ち、簡単にとれる資格はないかと調べたところ、2週間に1回の通学と、レポートで簡単に取れるホームヘルパー2級があることを知り、新しい分野を知ることもできるので、受講しました。

いろいろな分野の講師から話を聞くこともでき、視聴覚障害者のガイドヘルパーや施設介護での実体験を知ることもでき、大変身になる時間でした。
ただ気になる点は、病棟勤務を離れた60代の看護師については、これから初めて福祉の分野に触れ、職業に就こうかどうか決めかねている私たちに「だから福祉職は・・・」とか、「何度言っても福祉職は分からない」など、性格なのか偏見なのか指導方法なのか不明ですが、言われたことがすぐにできないと厳しく叱責されました。

受講生もそれぞれに性格がありますので、その叱責を聞かされる周りの者の福祉現場へのあこがれは消えうせるものでした。それでも、受講生仲間で励ましあいながら、無事に修了テストにも合格でき、取得できたことは大変うれしかったです。

キャリアと給料アップのため挑戦!

再就職で介護職につきましたが、仕事を通じて役立つ場面が少なく、知識やスキル不足を痛感していました。それに任せられる仕事の内容のわりには給料が安いのも気になっていました。

同じ職場にいる介護職員初任者を見て、彼女のようにもっと専門的な知識やスキルを得て利用者のために仕事が出来るようになりたいと日に日に思うようになりました。資格取得のためのスクールは、その人に教えてもらいました。
通信講座もあるようですが、結局スクリーニングが必要になるからと通学を勧められました。

私は平日のシフトが休みの日に合わせて、スクールへ週に数回通いました。上司にも伝えてあったため、休みの日の融通は利かせてもらえた方だと思います。
皆が応援してくれて、授業でわからなかったことはちょこちょこ教えてくれたので助かりました。試験を受けるまでは、仕事が終わったあとも対策として勉強する日々が大変でしたが、そのかいあって無事合格することが出来ました。

学校の先生がホームヘルパー2級をオススメしたから

言語聴覚士の専門学校に行った際に学校の先生から実習の際に役立つからホームヘルパー2級は取得しておくことをお勧めすると言ってたので、実習の際に役立つならば取得しておこうと思っていました。幸いにも経済的な余裕も当時はあったことから、ホームヘルパー2級を取得しようと思いました。

取得した方法は通信講座にしました。ただし通信講座でも2日間の介護施設実と訪問介護実習を1日、そしてデイサービスでの実習を1日やりました。
現在はだいぶ制度が変わっていましたが、私が取得した当時はまだ介護職員初任者研修の制度に変わる前でしたので通信講座での取得も可能でした。数日は施設での実習がありますので完全に通信講座だけでホームヘルパー2級は取得できませんが、介護職員初任者研修の制度になってからの取得方法からすれば簡単だったと思います。

現在は修了試験が必ず行われますが、2013年4月以前のホームヘルパー2級では修了試験がないので淡々とスケジュールをこなしていくだけで取得することができました。今思うことは、早く取得できて良かったと思っています。実習に行った先が介護老人保健施設でしたので、ホームヘルパー2級の知識や技術は役に立ちました。

言語聴覚士はリハビリ職ではありますが、福祉施設で勤務する場合にはホームヘルパー2級も取得しておくと介護スタッフや利用者さんと接する際に円滑にコミュニケーションを取ることができましたので取得する価値は大いにあります。

スキルアップと訪問介護事業所に勤務するため

大学の社会福祉学部を卒業し、特別養護老人ホームに就職しました。介護系の資格は何も持っていませんでしたが、ホームに入所している方々の介護職員として配属されました。

事務長から「介護の仕事を続けていくならヘルパー2級の資格を取ってみないか?うちのホームには訪問介護事業所を併設しているから、もしもの際は異動をしてもらうことが出来るので、うちとしても助かる」と言われ、地元にある介護職員初任者研修を受講できるスクールに通いました。

毎週土曜日の朝から夕方までの講座だったので、勤務シフトで土曜日を休みにして通いました。私は社会福祉は大学で学びましたが、介護は全くの初心者でした。ホームでも先輩職員の見よう見まねだけで介護をしていました。

講座では介護に関して、高齢者の身体や精神状態、介護の仕方、介護するにあたっての心構えや対応方法など、様々なことを学ぶことが出来ました。約4ヶ月程度、毎週のように受講する負担はありましたが、介護職員として働くスキルを学ぶことが出来たので、その後の仕事に非常に有効でした。

できないことをできるようになりたい!

大学生の頃、実家に療養中の祖父がおりました。年齢的に生活活動全般に介助が必要となり、県外に出ていたこともあり、実家に帰る度にできないことが増えていく祖父を見て、ショックを受けたと共に、介護の重要性を実感しました。
いざ、介助を手伝おうにも何をどうしたらいいか分からない状態で、何もできない自分に悔しい思いをしました。また、祖父自身も私では不安なのか、私の介助を拒む仕草が見えました。

どうしたら相手に負担をかけずに介助できるのかをネットで検索していた際に、ホームヘルパーという資格を知りました。通学での資格取得できるとのことで、すぐに手続きを行いました。講義や実技など、初めて触れる介護内容に、奥が深いことを実感しました。決められた通学での受講時間等をこなした後、介護の職場にて介護実習を体験しました。

やはり実際飛び込んでみなければ分からない、介護される側の心理状態であったり、介護の優先順位であったり、習ったことだけでは通用しないことがたくさんありました。介護実習で一番に感じたのは、気持ちのある介護の必要性でした。

スタッフの中には、流れ作業になっていたり、業務時間内の仕事にだけをこなしている人がいたりと様々でしたが、利用者様から笑顔を多く向けられているスタッフは、利用者様にきちんと向き合っているスタッフでした。
資格取得後、祖父の介護の手伝いをする際、不慣れながらも祖父に言葉をかけたり、話す時間を取り入れながら介助するように心がけました。

そうすることで、身構えていた祖父も少しずつ私に介助を任せてくれるようになりました。お互いの意思疎通は必要不可欠で、知識だけでなく、実際に経験することが身になると痛感しました。良い経験ができ、資格取得をして本当に良かったと思っています。


未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルは未経験・資格なしでも安心してはたらける求人サイトです。こだわりの条件で検索できたり困ったことを専任の担当者に相談できるのも嬉しいポイントです。

公式ホームページを見る

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

ベネッセMCM

大きな特徴ともいえるのが、非常に満足度が高いということです。
実際に講座を受講した方の満足とは96%となっており、非常に高い評価を誇っています。
実際に講座を修了した後はしっかりと就職先のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ