ヘルパー資格を「0円(無料)」で取る方法【キャリアアップ応援制度とは?】

ホームヘルパー2級は『介護職員初任者研修」に名称・内容とも変更

今までは介護の資格として「ホームヘルパー1級・2級」「介護職員基礎研修」が広く知られていましたが、平成25年度4月に介護保険法施行規則の改正によりホームヘルパー2級は廃止となり、相当する新たな資格として「介護職員初任者研修」がつくられました。

「ホームヘルパー1級・2級」は訪問介護を想定していた研修だったのに対して「介護職員初任者研修」は昨今増えている介護施設での介護も視野に入れた研修内容になりました。

これに伴い介護職におけるキャリアアップが「介護職員初任者研修 → 実務者研修 → 介護福祉士」とシンプルになりわかりやすくなりました。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格の取り方

介護職員初任者研修の資格は、130時間のカリキュラムが用意されています
ホームヘルパー2級との大きな違いは、介護現場での実習がなくなった点で、代わりに筆記試験が追加されています。
介護職の入り口とされる介護職員初任者研修は、合格点は100点満点中70点以上で真面目に授業を受けてしっかり理解すれば難しくないといわれています。

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格の法改正


ヘルパー資格の法改正でどこが変わったか

ホームヘルパー資格の廃止

ヘルパー資格は2013年度から改正されて新しくなりましたが、一体どこがどのように変わったのでしょうか。
まず、これまでのホームヘルパー2級とホームヘルパー1級という呼称が廃止され、ホームヘルパー2級が「介護職員初任者研修」という名称になりました。
ホームヘルパー1級は、介護職員基礎研修とともに「介護福祉士実務者研修」という資格に組み込まれ、例えホームヘルパー1級を有していても新たに「介護福祉士実務者研修」を受講する必要があり、受講しない場合は旧ホームヘルパー2級と同列の扱いとなります。

なぜ法改正されたのか

資格制度の改正がなぜ行われたのかというと、これまで以上にシンプルにすることで受講者にとっても要介護者にとっても分かりやすいようにしたのです。
これまでの介護資格はそれぞれの資格で重複するところがあったりしてややこしい部分が多々あったのです。
例えば、介護福祉士の資格を取得するのに、ホームヘルパー2級の資格者でも可能であったり、介護現場で働いたことがなくても、専門の学校を卒業すれば自動的に介護福祉士の資格を取得できたりもしたのです。
これでは介護福祉士に至るまでのプロセスが曖昧であり、キャリアパスとしては成り立っていなかったというのが現状だったのです。

法改正によるメリット

資格の位置付けを明確にし、介護福祉士を頂点に段階的にキャリアアップしていけるようにしたのが改正の目的です。
従って、専門の学校を卒業しても介護福祉士の資格を得るはできなくなり、まずは初任者研修や実務者研修という段階を踏まなければキャリアアップができないようにしたというわけです。
こうすることで、介護福祉士という資格そのものにも高い価値が生まれ、専門資格としての地位が確立できるのです。
こうしたシステムを設けることで、介護資格の更なる質の向上を図ることも可能となり、これからの高齢化社会にも対処するためにも必要なこととも言えるのです。


未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルは未経験・資格なしでも安心してはたらける求人サイトです。こだわりの条件で検索できたり困ったことを専任の担当者に相談できるのも嬉しいポイントです。

公式ホームページを見る

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

ベネッセMCM

大きな特徴ともいえるのが、非常に満足度が高いということです。
実際に講座を受講した方の満足とは96%となっており、非常に高い評価を誇っています。
実際に講座を修了した後はしっかりと就職先のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ