ヘルパー資格を「0円(無料)」で取る方法【キャリアアップ応援制度とは?】

ホームヘルパー2級は『介護職員初任者研修」に名称・内容とも変更

今までは介護の資格として「ホームヘルパー1級・2級」「介護職員基礎研修」が広く知られていましたが、平成25年度4月に介護保険法施行規則の改正によりホームヘルパー2級は廃止となり、相当する新たな資格として「介護職員初任者研修」がつくられました。

「ホームヘルパー1級・2級」は訪問介護を想定していた研修だったのに対して「介護職員初任者研修」は昨今増えている介護施設での介護も視野に入れた研修内容になりました。

これに伴い介護職におけるキャリアアップが「介護職員初任者研修 → 実務者研修 → 介護福祉士」とシンプルになりわかりやすくなりました。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格の取り方

介護職員初任者研修の資格は、130時間のカリキュラムが用意されています
ホームヘルパー2級との大きな違いは、介護現場での実習がなくなった点で、代わりに筆記試験が追加されています。
介護職の入り口とされる介護職員初任者研修は、合格点は100点満点中70点以上で真面目に授業を受けてしっかり理解すれば難しくないといわれています。

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護福祉士の受験資格について


介護福祉士の受験資格について

介護福祉士は介護業界の資格の中でも重要な資格で、介護に携わってすぐに受験できるものではありません。
介護福祉士の受験資格は実務経験3年以上、実務者研修を終了していることとなっています。
これは単純に大体3年働いたはず、というあいまいな感覚で実務経験3年を示しているのではなく、従業期間3年は1095日以上で、それか従事日数540日以上と決まっています。

具体的に数えられないことが多いので、社会福祉振興・試験センターでは従業期間計算表が設定されていて、それで具体的に計算できる仕組みになっています。

実務経験の対象になるのは、施設か職種での在職期間です。
これはどういうことかというと、産休や育休、病休などの休職期間が含まれるもので、ちょっと解釈が違うと受験資格をクリアできなくなるので正しい解釈が必要です。

従事日数は雇用契約で実際に介護の業務に従事した日数のことをいいます。
この場合は、有給休暇や特別休暇、出張や研修などは含まれないので計算するときに注意が必要です。
ただし1日の勤務時間は問わないので、1時間でも勤務すれば見なされることになります。
これらの計算はギリギリの状態よりも計算ミスで調整されても余裕がある状態にしておくことがベストです。

実務経験はどういう勤務のこと?

実務経験はよく資格取得のときに使われるフレーズで、指定施設で介護に関係した仕事をしていること、介護の業務に従事していると認められる職種で働くことという意味があります。
介護といっても、児童、障害者、高齢者、その他、とうように分野があります。
どの分野でも資格取得のために認定されている、必要な手続き等が済んでいる施設で働くことが実務経験に直結します。

介護福祉士は、国籍や、性別、年齢、学歴などは問わないものの、実技試験がとても難しいと言われています。
緊張するし自然な対応がしにくいことからぎこちない動きになることも多いので慣れも必要です。


未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルは未経験・資格なしでも安心してはたらける求人サイトです。こだわりの条件で検索できたり困ったことを専任の担当者に相談できるのも嬉しいポイントです。

公式ホームページを見る

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

ベネッセMCM

大きな特徴ともいえるのが、非常に満足度が高いということです。
実際に講座を受講した方の満足とは96%となっており、非常に高い評価を誇っています。
実際に講座を修了した後はしっかりと就職先のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ