ヘルパー資格を「0円(無料)」で取る方法【キャリアアップ応援制度とは?】
0円(無料)でヘルパー 資格を取る方法 > ヘルパーの資格について > 介護福祉士の国家試験の申込方法を知っておこう

ホームヘルパー2級は『介護職員初任者研修」に名称・内容とも変更

今までは介護の資格として「ホームヘルパー1級・2級」「介護職員基礎研修」が広く知られていましたが、平成25年度4月に介護保険法施行規則の改正によりホームヘルパー2級は廃止となり、相当する新たな資格として「介護職員初任者研修」がつくられました。

「ホームヘルパー1級・2級」は訪問介護を想定していた研修だったのに対して「介護職員初任者研修」は昨今増えている介護施設での介護も視野に入れた研修内容になりました。

これに伴い介護職におけるキャリアアップが「介護職員初任者研修 → 実務者研修 → 介護福祉士」とシンプルになりわかりやすくなりました。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格の取り方

介護職員初任者研修の資格は、130時間のカリキュラムが用意されています
ホームヘルパー2級との大きな違いは、介護現場での実習がなくなった点で、代わりに筆記試験が追加されています。
介護職の入り口とされる介護職員初任者研修は、合格点は100点満点中70点以上で真面目に授業を受けてしっかり理解すれば難しくないといわれています。

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

介護福祉士の国家試験の申込方法を知っておこう


国家資格である介護福祉士の試験は1年に1度あります。
ここでは介護福祉士の国家試験の申し込み方法について紹介しましょう。

介護福祉士の試験とは?!

介護福祉士は国家資格であり、筆記試験と実技試験が実施されます。
筆記試験会場は全国34試験地であり、実技試験は北海道、東京都、大阪府、福岡県で開催されます。
筆記試験の科目は全部で11科目であり、①人間の尊厳と自立、介護の基本、②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、③社会の理解、④生活支援技術、⑤介護過程、⑥発達と老化の理解、⑦認知症の理解、
⑧障害の理解、⑨こころとからだのしくみ、⑩医療的ケア、⑪総合問題となっています。
また実技試験は介護などに関する専門的な技能を実技することになります。
受験手数料は15300円になります。

介護福祉士の受験をするための申し込み手順とは?!

介護福祉士の国家試験を受験するためには、まずは厚生労働大臣の指定を受けた指定試験機関や指定登録機関である公益財団法人社会福祉振興・試験センターに受験の手引きを請求します。
過去に受験したことがあったとしても、受験の手引きの請求は必要になります。
受験の手引きには受験の申し込みに必要な書類や、必要書類の記入方法、受験の際の説明、受験資格についての説明、提出期限などが詳しく記載されています。
実務経験ルートで介護福祉士を受験される場合には、受験の手引きの中に実務経験証明書の書類も同封されているので、働いている介護施設の事業所に記入してもらうことになります。
複数の事業所での従事期間を合算する場合は、全ての事業者に書類を送って記入してもらうことになります。
受験を申し込みした時点で、実務経験を満たしていない場合には、実務経験見込みとして提出することになります。

全てのルートで必要な書類とは?!

介護福祉士の全てのルートで必要な書類としては、受験申込書、受験手数料振替振込受付証明書貼付用紙、受験用写真等確認票になります。


未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

スタッフサービス・メディカル

スタッフサービス・メディカルは未経験・資格なしでも安心してはたらける求人サイトです。こだわりの条件で検索できたり困ったことを専任の担当者に相談できるのも嬉しいポイントです。

公式ホームページを見る

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

ベネッセMCM

大きな特徴ともいえるのが、非常に満足度が高いということです。
実際に講座を受講した方の満足とは96%となっており、非常に高い評価を誇っています。
実際に講座を修了した後はしっかりと就職先のサポートまで行ってくれるのが特徴です。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ