ヘルパー資格を「0円(無料)」で取る方法【キャリアアップ応援制度とは?】

ホームヘルパー2級は『介護職員初任者研修」に名称・内容とも変更

今までは介護の資格として「ホームヘルパー1級・2級」「介護職員基礎研修」が広く知られていましたが、平成25年度4月に介護保険法施行規則の改正によりホームヘルパー2級は廃止となり、相当する新たな資格として「介護職員初任者研修」がつくられました。

「ホームヘルパー1級・2級」は訪問介護を想定していた研修だったのに対して「介護職員初任者研修」は昨今増えている介護施設での介護も視野に入れた研修内容になりました。

これに伴い介護職におけるキャリアアップが「介護職員初任者研修 → 実務者研修 → 介護福祉士」とシンプルになりわかりやすくなりました。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格の取り方

介護職員初任者研修の資格は、130時間のカリキュラムが用意されています
ホームヘルパー2級との大きな違いは、介護現場での実習がなくなった点で、代わりに筆記試験が追加されています。
介護職の入り口とされる介護職員初任者研修は、合格点は100点満点中70点以上で真面目に授業を受けてしっかり理解すれば難しくないといわれています。

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

喀痰吸引について


喀痰吸引について

喀痰吸引は以前、医療行為とみなされていて介護業界では職員が対応できないものでした。
平成24年4月からは法改正によって、研修を修了した介護職員ならたんの吸引や経管栄養に対して対応して良いことになり、それ以降研修を受ける介護職員が増え続けています。

喀痰吸引ができる介護職員は認定特定行為業務従事者として作業できるようになったものの、喀痰吸引をするには介護職員が研修を修了するだけでは足りず、利用者や利用者の家族の同意が必要になることや、担当医師や看護師との連携が必要になるといった条件が多くあり、現状でもそれらをクリアした状態で行われています。

喀痰吸引の研修は大きく分けて3つに分かれており、1号研修(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部のたんの吸引、胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養)、2号研修(1号研修のうち選択する)、3号研修(特定の人に対する必要な行為)があります。
どの研修も50時間の講義を受けて筆記試験を受ける必要があり、9割以上の得点取得でなければ実地研修に進めないという厳しい内容です。

喀痰吸引研修を終えると給料はどうなるのか

ある意味では特殊な研修を50時間も講義を受けてクリアしているので、給料面にも反映される必要があります。
喀痰吸引ができる介護士は職場の種類や規模にもよりますが、5000円から10000円程度の手当が付き、時給だと200円程度のアップが見込めると言われています。

研修に費やす時間や費用を考えるとかなり安い手当と判断できますが、これ以上の手当はほとんどありません。
在宅介護をしているケースに置き換えて考えると、家族が研修を受けて対応するとしても数時間おき、夜も同じように数時間おきに喀痰吸引などの処置をするとなるとかなりの負担になります。
法改正によって介護職員が対応できるようになったことは評価しますが、今後は介護職員が対応する場合でも現状の倍くらいの手当が必要だと考えられます。


未経験!資格なしでも働ける!介護求人会社ランキング

かいご畑

かいご畑は厚生労働大臣から認可されている介護就職支援センターです
キャリアアップ応援制度が用意されていることから資格を0円で取得できる制度も整っています。

公式ホームページを見る

きらケア 介護派遣

きらケア介護派遣では専任のアドバイザーが徹底的にサポートしてくれます!
さらに就業後までずっとサポートをしてくれるので安心。
「給料前払い制度」が利用できたり「無料」の資格取得支援制度もあります。

スマイルSUPPORT介護

スマイルSUPPORTは、首都圏最大級の求人数を誇る求人数を取り扱っています。
コンサルタントが条件に合った求人を探してくれるだけでなく、条件面の交渉までしてくれるので入ってから思っていた待遇と違うといったギャップが少ないです。
そのため利用者満足度は96.7%と大変高いです。。

当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ

サイトマップ| プライバシーポリシー | 運営者情報| お問い合わせ | リサーチ詳細