ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

ヘルパー資格を最短で取得する方法とは?

介護業界で働きたいと思った時に有利になるのが、ヘルパーの資格です。
ではヘルパーの資格を取得するためにはいったいどうすればよいのでしょうか?
ここでは最短でヘルパー資格を取得する方法について考えてみましょう.

介護の資格は介護職員初任者研修からスタート

ヘルパーの資格のスタートともいえるのが、介護職員初任者研修になります。
以前はホームヘルパー2級という資格でしたが、2013年から新しくスタートした介護の研修過程になります。
この介護職員初任者研修はホームヘルパー2級と同様に、訪問介護事業を行っている方、これから介護の仕事をしたいという方が必要となってくる資格になります。

ヘルパー資格を最短で取得するためにどうすればよいの?!

ヘルパーの資格を最短で取得するためには、介護職員初任者研修の通学講座がおすすめです。
介護職員初任者研修は介護の仕事が未経験の人、無資格の人も対象になる研修過程になるので、介護の資格が全くない!という状況でも安心して受講することができます。
カリキュラムは130時間であり、授業日程次第では勉強する期間を自由に選ぶことができるのです。
通信講座や夜間コースなどでは、資格取得までに3~4ヶ月程度かかってしまいますが、通学講座で短期収集型のコースを選択すれば最短1ヶ月での資格取得も可能です。

最短1ヶ月のコースは人気がある

介護職員初任者研修の最短1ヶ月コースは非常に人気があります。
1ヶ月短期コースの場合、週に3~4回の授業を受けることになります。
またコースによっては一部通信形式自宅学習を組み合わせていくコースもあるでしょう。
10時~17時程度までみっちり授業を受けることになるので、一気に講義・演習を消化していくことになります
平日の昼間に時間が採れるのであれば、集中的に学習ができる短期コースは非常に魅力的でしょう。
初任者研修の基本はスクーリングと通信講座になります。
多くの講座では通学授業と自宅学習(通信講座)を併用している内容が多いです。

ヘルパー資格取得に効率のよい勉強方法とは?

ヘルパーになるための基本的な資格となるのが、介護職員初任者研修や介護福祉士になります。
ではヘルパーの資格を取得するために効率の良い勉強方法はあるのでしょうか?
ここではヘルパー資格取得に効率の良い勉強方法についてまとめてみましょう。

ヘルパーの資格試験に合格する勉強方法とは!?

介護職を始めるにあたり、いくつか資格を取得しておいた方がよいと考える方は多いでしょう。
確かに全く知識がない状況よりも介護の資格を持っていた方が、採用の際には有利になるでしょう。

例えば介護の資格の1つに、介護福祉士があります。
介護福祉士は、介護職の資格の中でも唯一の国家資格になります。
試験は1年に1度しかないため、国家試験に不合格になった場合には、次の試験まで1年間待つことになります。

介護福祉士の試験勉強を効率よく行う方法としては、過去問を中心に勉強していくということでしょう。
過去問には普段の出題傾向などが詰まっており、この過去問をしっかりと読み込み、勉強しておけば、まず介護福祉士の筆記試験には合格できるでしょう。

過去問を解いて間違ったところ、分かりにくいところをだけを解答を見て理解していきます。
この勉強方法は一番シンプルな方法ではありますが、非常に効率のよい勉強方法と言えるでしょう。

通信講座や通学講座でのヘルパー資格取得方法も人気

ヘルパーの資格の中でも2013年にホームヘルパー2級から名称が変わった介護職員初任者研修は介護についている最低限の知識、技術、考え方を身に着ける資格になります。
この資格を取得するためには通学講座か通信講座に通う方法も人気です。
自分一人ではどうしてもはかどらない・・、独学だと怠けてしまう…という人は通学講座で受業を聞きながらしっかりと覚えていく方がよいでしょう。
通信講座や通学講座はたくさんの学校が開催されているので自分に合った会社を選びたいですね。

介護福祉士に将来性はある?

介護業界は人手不足の状況が続いています。
そのため介護福祉士の方もすぐに採用されるでしょう。
では介護福祉士には将来があるのでしょうか?
ここでは介護福祉士の将来性についてまとめてみましょう。

介護サービス受給者数は年々増えている

日本の高齢化社会は年々進んでおり、2010年をピークに日本の人口は減少傾向にあります。
逆に75歳以上の高齢者数は旧属に増加しており、介護サービス受給者数もこの12年間で、296万人も増加しました。
特に介護サービスの中でも居宅サービスの伸びが大きく、この12年の間に230%以上も増えているのです。
つまり介護サービスの需要は増えており、今後もさらに増え続けることが予想できます。
つまり介護業界は成長産業であり、介護の仕事というのは将来性に満ち溢れているのです。
介護福祉士の仕事に関しても将来性があると言えるでしょう。

介護職は社会全体から熱望されている

介護に携わる職種は、介護業界はもちろん、社会全体からも熱望されています。
介護保険制度の施行後、介護職員数は増加して、この12年間で約3倍にもなっています。
介護業界で働いてみようと介護福祉士の資格を取得する人は、介護業界から大歓迎されることになるでしょう。
介護職の経験がない人でも採用の面接に行ったらすぐに採用してくれたり、無資格だったりしたケースでも特に問題はありません。
また40を過ぎての転職であっても特に問題になることはないでしょう。
介護はキャリアアップしやすい業界であり、公的資格、国家資格がキャリアを証明してくれるでしょう。
介護福祉士の国家資格を取得している方は、働く上で大きな強みとなり、資格手当など給与面で優遇されることもあります。
介護福祉士だけを採用する介護施設もありますし、介護福祉士の資格を持つ人管理職を任せるという介護事業所も多いです。
さらに介護福祉士の資格を取得した後でも将来性を考えて、介護支援専門員の資格を取得して、ケアマネージャーに昇格するというケースは多いです。

介護福祉士の気になる勤務先

介護福祉士は介護業界で働くための資格として非常に意味を持ちます。
では介護福祉士はどのような場所で働くのでしょうか?
ここでは介護福祉士の勤務先についてまとめてみましょう。

介護福祉士の勤務先とは?!

介護福祉士はデイサービス、老人福祉施設、障がい者施設などで働くことが多いです。
日常生活に介護が必要になる高齢者や障がい者の方が利用している事業所や施設で活躍するケースがほとんどでしょう。
日本は高齢化が進み、介護の現場では慢性的な人材不足が行っています。
そのため介護福祉士は今後ますます需要が高まる職種になると言えるでしょう。

介護老人保健施設で働く介護福祉士

介護老人保健施設とは、病気、ケガの治療を終えて病院を退院した後に、自宅に戻らずに一定期間入所し、日常生活の自立度を高めるリハビリや、在宅復帰の準備を行う施設になります。
この介護老人保健施設で、介護福祉士は日常生活の介護の他に、集団レクリエーション活動を通じて入所者の生活リズムを整えたり、在宅復帰できるようにサポートしたりしていきます。

特別養護老人ホームで働く介護福祉士

特別養護老人ホームは、日常生活に介護が必要となる高齢者が入所する施設になります。
在宅復帰を目標としているわけではないため、一人一人の生活に寄り添いながら、穏やかな日々が過ごせるように介助をしていく必要があります。
特別養護老人ホームにおいては施設で亡くなる方も多いので、終末期ケアつまり看取りと向き合う心構えが必要になってきます。
この施設で働く介護福祉士は、精神的にも責任が大きい役割とはなるものの、入所者にとっては非常に身近な存在となりしっかりと生活を支えていくこととなるでしょう。

デイサービスセンターで働く介護福祉士

自宅で介護を必要としている高齢者を対象にしたデイサービスセンターで働く介護福祉士も多いです。
食事、入浴、レクリエーションなどを提供して、日中の引きこもりや孤立を防いでいきます。
心身機能を高めることを目的とした通所施設になっています。

ホームヘルパーの主な仕事とは?

ホームヘルパーという言葉はよく聞くものの、どのような仕事を行っているのかを詳しく知る人は少ないでしょう。
ここではホームヘルパーの主な仕事についてまとめてみましょう。

ホームヘルパーとは?

ホームヘルパーは高齢者、身体に障害を抱える人の介護を行う仕事で、日常生活上で困難なことを援助してあげます。
ホームヘルパーの正式名称は訪問介護員と言います。
ケアマネージャーが作成した介護サービスのケアプランに基づいて介護サービスを行っていきます。

ホームヘルパーの主な仕事とは?

ホームヘルパーの主な仕事は、身体介護と生活援助になります。
身体介護では、利用者が日常生活において困難なことをホームヘルパーが援助をして、利用者の能力のケアを行っていきます。
例えばトイレ、食事、着替え、入浴、身だしなみ、服薬、体位変換、付き添いなどの介助になります。
トイレ介助ではトイレの誘導から排泄介助、下半身洗浄、清拭、おむつ交換、トイレ掃除などです。
食事介助では、利用者に適した食事を調理師、食事を摂るお手伝いをしていきます。
また嚥下困難な利用者においては流動食などを用意しておきます。
着替え介助では下着やパジャマ交換、外出時には服装交換などを行います。
入浴介助では、浴槽の掃除をして利用者の着替えを用意します。
利用者が入浴すれば洗髪や体を洗うのをサポートしていきます。

ホームヘルパーの生活援助の仕事内容とは?!

ホームヘルパーの主な仕事には生活援助もあります。
生活援助とは食事、掃除、洗濯など生活する上で必要なことをホームヘルパーがサポートしていきます。
例えば住居の掃除、食事の用意、買い物代行、洗濯、ゴミ出しなどはすべて生活援助の仕事範囲内になります。
さらにホームヘルパーの仕事の中には利用者の相談や助言を行うこともあります。
話し相手になってあげるというのは重要な仕事の1つと言えるでしょう。

介護福祉士は通信講座でも取得可能?

介護福祉士は介護の資格の中でも国家資格になっており、持っていて損はありません。
では介護福祉士の資格は通信講座でも取得することができるのでしょうか?

介護福祉士の資格を取ろうと思った時に、学校に通ったり、独学で勉強したり様々な方法がありますが、通信講座での介護福祉士の資格取得は人気を集めています。
通信教育では、介護福祉士の試験に合格するために必要なポイントを絞り込んでいるテキストです。
勉強も働きながらでも効率よく学ぶことができるカリキュラムが豊富です。

通信講座での介護福祉士の資格を目指すメリットとは?!

通信講座での介護福祉士の勉強のメリットの1つが、勉強スタイルを選ぶことができるということです。
一般的に通信講座は、テキストが送られてきて、問題を解いて、郵送、ファックスで添削してもらう…という流れで勉強するのが一般的です。
近年の通信講座の中には、DVDを見て勉強する通信講座も登場していますし、WEB講座なども人気です。
自分が勉強しやすく、効率よく学ぶことができる講座を選ぶことができるので、よいでしょう。
またWEB添削などの通信講座もあるので、スピーディーな学習が進められます。

介護福祉士の筆記対策には通信講座がおすすめ

仕事をしている人や、学校が近くにないという人であれば、介護福祉士の通信講座がおすすめです。
最新の出題傾向を徹底分析した介護福祉士受験対策講座であれば、受験に特化した勉強を行うことができます。
また実務研修と同時に申し込みをすることもできるので、通信講座と通学講座を併せて勉強することができます。
2つの講座を受けることで、割引価格で講座を受けられる場合もありますよ。
独学で勉強すると試験対策などが大変になりますが、通信講座では出題されやすい問題などを中心に授業で取り上げてくれるのでおすすめです。

介護福祉士の資格って有効期限はある?

介護の仕事をする上で、介護の資格は欠かせません。
介護の資格はたくさんありますが、その中でも国家資格になるのが介護福祉士です。
では介護福祉士の資格は一度取得すると、いつまで有効なのでしょうか?
有効期限はあるのでしょうか?
ここでは介護福祉士の有効期限について考えてみましょう。

<介護福祉士の資格には有効期限がない

結論から申しますと、介護福祉士の資格には有効期限がないので、一度取得してしまえば永久にその資格を保持できることになります。
介護福祉士の国家試験受資格があって、介護福祉士の国家試験を受験して合格すれば、そこからは介護福祉士としての資格が無期限で与えられるということになるでしょう。
ただ国家試験に合格すれば、介護福祉士になれるというわけではありません。
介護福祉士の国家試験に合格した後に、介護福祉士になるためには、合格後に社会福祉振興試験センターへ資格の登録をしなければなりません。
介護福祉士の国家試験に合格した後に、登録申請を長い間、していなかった場合でもその資格が失われることはありません。
申請には有効期限はなく、介護福祉士の登録はいつ行ってもよいのですが、登録申請を行わなければ介護福祉士と名乗ることはできないのです。
登録していないと、就職の際にも照明するものがなく、不利になってしまう場合もあるので注意が必要です。

介護福祉士の登録申請はどうやって行うの?!

介護福祉士の登録をするためには、必要書類に必要事項を記入し、必要な提出書類を貼り付けて郵送することになります。
登録手続きが行われ、手続きが完了すれば介護福祉士の登録証が自宅に郵送されることになります。
介護福祉士の合格発表は毎年3月になります。
この3月~5月頃にかけては登録申請が多くなる時期になるので、介護福祉士の登録証が届くのが遅れてしまう可能性があるので、注意が必要です。
就職などで介護福祉士の資格が必要な場合は、早めに登録申請をしておくようにしておきましょう。

介護福祉士国家試験に合格したらどうなるの?

介護福祉士は介護の資格の中でも唯一の国家資格になります。
では介護福祉士に合格したらいったいどうすればよいのでしょうか?

介護福祉士の合格発表

介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験の2つで構成されています。
実技試験は一定の条件を満たしていれば免除が認められますが、筆記試験は受験者全員が受験することになります。
受験する試験によって合格発表の方法は異なってきます。
筆記試験の合格発表は、筆記試験合格後に実技試験も受験する場合に限って、筆記試験の合格発表や実技試験の受験表が郵送されてきます。
実技試験が免除の場合には、合格通知は郵送されてこないので、厚生労働省からの正式な合格発表を待つことになります。
実技試験も含めた場合の合格発表は、受験者全員に合格発表通知が郵送されてきます。
合格している場合には、合格証書、試験結果通知書などが入っており、不合格者にははがきでの通知になります。
またこれ以外にもホームページや掲示で結果を知ることもできます。

介護福祉士の試験に合格したら何をすればよいの?!

では介護福祉士の試験に合格したら、まずはどうすればよいのでしょうか?
まず合格したら提出が必要な書類があり、手続きも行わなければなりません。
実技試験の免除を行った時に、筆記試験前日までの見込み日数で種類を提出している場合には、受験資格を得たことを証明する書類を提出しなければなりません。
また介護福祉士に試験に合格したら、資格登録を行うことになります。
資格登録とは介護福祉士としての資格条件を満たす人物であることを国で照明してもらう手続きになります。
資格登録には期日は設けられていませんが、手続きが完了して登録証の交付がされるまでは、介護福祉士と名乗ることはできませんので早めの手続きが望ましいでしょう。
資格登録には登録の手引き、登録申請書、収入印紙9000円分、登録手数料貼付用紙、現金3320円、振替振込受付証明書、介護福祉士養成施設等の卒業証明書、戸籍証明書類などが必要になります。

介護福祉士の国家試験の提出書類って何が必要?

介護福祉士の国家試験を受験するにあたり、提出書類がいくつか必要になってきます。
ここでは介護福祉士の国家試験に必要な書類についてまとめてみましょう。

区分によって提出する書類が異なる

介護福祉士の国家試験は、それぞれ受けるルートが異なります。
福祉系の学校から受験する場合もあれば、実務経験ルートもあります。
このルートの違いによって提出する書類が変わってくるのです。
まず全ての区分に必要な書類としては、受験申込書、受験手数料振替払込受付証明書貼付用紙、受験用写真等確認票があります。
これらの書類は全ての区分の受験者に必要になります。

受験資格区分ごとに異なる必要な書類とは?!

次に受験資格区分ごとにそれぞれ必要になってくる書類についてまとめてみましょう。
まず実務経験ルートでの受験資格になる場合(3年以上介護等の業務に従事した方)は、実務経験証明書、従事日数内訳証明書、実務試験免除に関する書類を1枚提出しなければなりません。

実務経験ルートでは実務者研修を修了していれば、実技試験は免除されます。
また従事日数内訳証明書とは同じ期間に複数の事業所等に所属している場合に限り必要になってきます。
福祉系高等学校や専攻科を卒業した方が、介護福祉士の国家試験を受験する場合には、卒業証明書、教科目および単位履修証明書を提出することになります。

また実務経験ルートと同じく実技試験免除に関する書類をいずれか1枚提出することになります。
特例高等学校を卒業した方は卒業証明書が必要です。

再受験などで過去に受験票が交付された方に関しては、受験資格確定済申出書と実技試験免除に関する書類の提出が必要です。
実技試験免除に必要な書類は、介護技術講習修了証明書、介護技術講習受講決定通知書、実技試験免除確定済申出書、実務者研修修了証明書、実務者研修終了見込証明書、実技試験免除確定済申出書のいずれか1枚の書類が必要になります。

介護福祉士の国家試験の申込方法を知っておこう

国家資格である介護福祉士の試験は1年に1度あります。
ここでは介護福祉士の国家試験の申し込み方法について紹介しましょう。

介護福祉士の試験とは?!

介護福祉士は国家資格であり、筆記試験と実技試験が実施されます。
筆記試験会場は全国34試験地であり、実技試験は北海道、東京都、大阪府、福岡県で開催されます。
筆記試験の科目は全部で11科目であり、①人間の尊厳と自立、介護の基本、②人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、③社会の理解、④生活支援技術、⑤介護過程、⑥発達と老化の理解、⑦認知症の理解、
⑧障害の理解、⑨こころとからだのしくみ、⑩医療的ケア、⑪総合問題となっています。
また実技試験は介護などに関する専門的な技能を実技することになります。
受験手数料は15300円になります。

介護福祉士の受験をするための申し込み手順とは?!

介護福祉士の国家試験を受験するためには、まずは厚生労働大臣の指定を受けた指定試験機関や指定登録機関である公益財団法人社会福祉振興・試験センターに受験の手引きを請求します。
過去に受験したことがあったとしても、受験の手引きの請求は必要になります。
受験の手引きには受験の申し込みに必要な書類や、必要書類の記入方法、受験の際の説明、受験資格についての説明、提出期限などが詳しく記載されています。
実務経験ルートで介護福祉士を受験される場合には、受験の手引きの中に実務経験証明書の書類も同封されているので、働いている介護施設の事業所に記入してもらうことになります。
複数の事業所での従事期間を合算する場合は、全ての事業者に書類を送って記入してもらうことになります。
受験を申し込みした時点で、実務経験を満たしていない場合には、実務経験見込みとして提出することになります。

全てのルートで必要な書類とは?!

介護福祉士の全てのルートで必要な書類としては、受験申込書、受験手数料振替振込受付証明書貼付用紙、受験用写真等確認票になります。

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

       

	介護施設の求人

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判

エリアで選ぶ