ヘルパーの資格を0円で取得する方法

ヘルパー資格を取る方法

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

ヘルパー資格について

中卒でヘルパー資格

pixta_10822600_s

中卒でヘルパー資格を取る

中卒であってもヘルパーの資格を取ることは可能です。

ヘルパーの資格を所得するには学歴は関係ありません。

中卒であっても、大卒であっても、公平にヘルパーの資格所得を目指すことができますよ。

また、中卒で勉強が苦手だと言う人に安心なのは、ヘルパー資格に難しい試験はありません。

あくまでも、ヘルパーは都道府県が設ける条件を満たした「公的認定資格」です。

その為、必ず受けなければいけない講座を受けて、レポートと実務を終了すれば、よほどのことがない限り資格を得られます。

資格所得の難易度は国家資格よりは低く、勉強ができないと思っている人でも挑戦しやすい資格と言えます。

中学卒業すぐでヘルパー資格所得の講座を受ける

中学校を卒業したばかりという人のなかには、とりあえず手に職を付けたいという人もいるでしょう。

最終学歴が「中学卒業」で仕事を見つけようと思っても、求人広告の学歴の壁につまずくことが多いといえます。

そこで、中学校を卒業してすぐの若いうちに、何か一つ資格を取っておくことは強みにつながります

中でも、ヘルパーの資格は、これから将来性もあり、必ず役に立つ時が来ます。

そして、受講に年齢制限もないので、中学を卒業したばかりという人もヘルパーの講座を受けることが可能となっています。

就職には中卒が響くことも

ヘルパーの資格は、確かに学歴も年齢も問われないので誰でも挑戦することができます。

しかし、中卒の人が立ち向かう壁は、資格所得だけではありません。

就職をしようと仕事を探しているときに、最低でも「高卒」と書かれていることが多いです。

中卒という学歴だけで、仕事に就けないこともあります。

しかし、現代の日本ではヘルパー不足が問題視されています。

あちらこちらに老人ホームやデイサービスなどが立ち並んでいることから、ヘルパーとして働ける人を探している場所は少なくありません。

その為、万が一「高卒以上」と書かれていても、面接の結果次第では働けることも少なくないです。

一度でもヘルパーとして仕事をして、周りに実力や真摯な態度が認められれば、その後の転職も難しくはなくなるはずです。

中卒で大切なことは、学歴の壁を乗り越えるために、一生懸命仕事をこなすことでしょう。

無料で働きながら介護の資格取得を目指せる求人サイト

働きながらヘルパー資格取得を目指したいという方にぜひおすすめしたいのがかいご畑です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれます。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

通信でヘルパー資格

コンピューターを見る女性 ビジネス

忙しくてヘルパーの資格を取れない人もあきらめない

ヘルパーの資格に魅力を感じている人でも、毎日忙しくてなかなか資格所得ができないという人もいるでしょう。

現状の仕事や、学校が忙しければ、自分が取りたい講座の受講を諦めなければならないはずです。

そうなると、どんなに願っていても、いつまでたっても資格所得は出来ませんね。

確かに、ほとんどの講座は昼間の時間に行われています。

しかし、忙しい人でも資格所得を可能とする講座がいくつかあるので、忙しくても決してあきらめてはなりません。

通信でヘルパー資格も取れる

ヘルパー資格には、通信講座と言うものもあります。

その為、ヘルパーは平日忙しいと言う人でもチャレンジすることができる資格となっているのです。

ヘルパー所得のための講座は、都道府県が認める機関で講座や実務を受けることが条件となっています。

この、認定機関も様々あり、それぞれいくつかの講座が開設されています。

日中の講座が多くあるものの、中には夜間や通信での講座も少なくはありません。

確かに、日中に根気詰めて勉強するよりも効率が悪くなるかもしれませんが、時間を有効活用できる通信講座は多くの人から人気を集めています。

ただし、通信であっても、テストや実務のために、最低でも数回は学校に訪れる必要があることは頭に置いておきましょう。

ヘルパーの通信講座の受け方

ヘルパーの通信講座の受け方は、まずは資料請求をすることから始まります。

自分が受けたいと思っている講座があるところに、電話やネットでお問い合わせをしてみましょう。

ヘルパー通信講座では、一般的に教科書を見ながら、自分で勉強を勧めることになります。

定期的にレポート提出が求められるので、期限までに与えられたレポートをオンラインや郵送で提出することになります。

また、テストや実務のために、合計で数時間は教室に出向くことがあります。

一般的な講座に比べれば実際に脚を運ぶ時間は少ないので、うまくスケジュール管理をしましょう。

現状の仕事の有給をつかい、学校の合間などをうまく使うようにするといいですね。

無料で働きながら介護の資格取得を目指せる

働きながらヘルパー資格取得を目指したいという方にぜひおすすめしたいのが求人サイトのかいご畑です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれます。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でおすすめしたいです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパー2級・1級の廃止

pixta_8295826_s

ヘルパー2級廃止

ヘルパーは平成24年度に廃止され、2013年度から新制度と変わりました。

新制度として開設されたのが、「介護職員初任者研修」と言うものです。

これまでのヘルパー2級との大きな違いは、より技術に重点を置いたカリキュラムになったことです。

また、筆記試験も加わり、より深い知識を習得することを求められるようになりました。

ヘルパー1級廃止について

ヘルパー2級に加えて、ヘルパー1級も2012年度をもって廃止となっています。

その代わりに設けられたのが、介護福祉士実務者研修というものです。

こちらは、旧ヘルパー1級から上級程度の人に向けた試験になっていて、より実践的な知識習得が求められる試験です。

一体今までと何が違うのかと言ったら、資格所得のルートが分かりやすくなったという事です。

また、受講期間は大体6か月、450時間の受講時間が必要となります。

ただし、学校によって入学条件に実務経験があることやヘルパー2級(介護職員初任者研修)終了などが求められることがあります。

ヘルパー1級・2級が廃止になる理由

ヘルパー1級・2級が廃止になる理由は、これまでの分かりにくかった資格制度を整えるためだと言われています。

これまでは、介護福祉士を目指すとしても、資格や試験が色々とあり、キャリアパスの選択肢があり過ぎるのが難点でした。

その為、重複した内容の勉強や、資格所得からキャリアアップの効率の悪さが問題視されていました。

実際に、2012年以前までは、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、介護職員基礎研修、介護福祉士など、色々な資格や修了証があり、それぞれの機関がバラバラに働き統一感がありませんでした。

ここで、ホームヘルパー2級は、介護職員初任者研修へ変更され、より介護の制度全体にまとまりが出て、多様化する介護市場に応じることができるようになると言います。

ただし、旧ヘルパー1級や2級をもっている人は、そのまま現状の資格を保有しているだけで仕事をこなすことが可能です。

いきなり資格が剥奪されるという事はないので、安心して大丈夫でしょう。

無料で介護の資格取得を目指せる

ヘルパー資格取得のための費用を少しでも抑えたいという方にぜひおすすめしたいのがかいご畑です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれる介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

新しいヘルパー制度

新しいヘルパー制度とヘルパー2級の今後

これまでの「ヘルパー2級」資格は、2013年の4月から「介護職員初任者」へと名称が変わります。
そして、これから資格を取る人は「介護職員初任者」という試験を受けることになるのです。

ただし、旧ヘルパー2級の資格を持っている人も、これまでと同じように介護の仕事で働くことが可能です。
行き成り資格がなくなるとか、給料が下がるなどと言う事はありません。

しかし、「介護職員初任者」は、ヘルパー2級に比べて資格所得の難易度が少し上がります。
実際の介護の現場では、「旧ヘルパー2級保有者」と「介護職員初任者」は同程度に扱われます。

しかし、介護職員初任者は、ヘルパー2級の2倍もの学習時間が必要となります。

実際に、ヘルパー2級では48時間程度の通学時間だったものが、これからは89.5時間も学校にいる時間が必要になります。
また、全課程修了時には筆記試験が必要となり、合格しなければ資格を与えられることはありません。

新制度の勉強内容の違い

新制度では、ただ単に勉強時間が長くだけではありません。
通学時間が倍に増えるだけあって、介護に必要な知識をより多く学ぶことができます。

講座で学ぶ受講時間は従来と同程度ですが、認知症に関する授業などが組み込まれることとなっています。
一方でこれまで行ってきた介護施設での実習は廃止され、より学校での勉強に時間を費やすことになると言います。

これは、介護実習と言っているだけで、ほとんどの場合見学のみで、大した意味をなさないという事から、通学のカリキュラムが増大しました。

現状でこれからの日本は、超高齢化社会を迎えます。
そして、少子高齢化社会で、どんどんとお年寄りが増え、介護職員の必要性を求められています。
国は介護職員として働ける人材の確保を求めていています。
これから新制度での資格所得も、実際に将来性が高くやりがいのある仕事につながると言えるでしょう。

働きながら無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!
介護職員初任者研修も受けられますので、一度チェックしてみてください。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

介護職員初任者研修

笑顔のナース

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、旧ホームヘルパー2級の事です。

また、訪問介護員養成研修や介護職員基礎研修が統一されて「介護職員初任者研修」という名称になりました。

平成25年度より、制度が改定されたことにより、ただ単なる名称だけが変更点ではありません。

例えば、認知症に関する知識の講座が盛り込まれ、資格所得までの受講講座の内容が変更されています。

より濃い勉強ができるようになっています。

介護職員初任者研修の仕事内容

この資格を保有している人は、訪問、在宅、施設を問わずに、介護の現場で仕事をすることができます。

個人宅であれば、ご利用者様の御宅にお邪魔をして、食事、入浴、お散歩の介助などをします。

また、一人ひとりに合わせて、日常に必要な手助けをするのもお仕事の一環です。

介護施設での仕事であれば、有料老人ホーム、高齢者向け住宅、グループホームなどが仕事場になります。

それぞれの施設の基準に従って、集団の中で一人ひとりのご利用者様を尊重してお手伝いをするお仕事です。

また、医療機関で院内ヘルパーとしての仕事も選択肢の一つです。

病院や診療所にて、医師や看護師の指導を受け、ご利用者様の身の回りのお世話をします。

着替え、食事の配膳など、その施設に合わせたお仕事の内容がまっています。

介護職員初任者研修の将来性

介護職員初任者研修の仕事は、決してなくなることはありません。

将来性があり、今後も行かせる職業と言えるでしょう。

2010年の時点で65歳以上の高齢者は、国民の25%に相当するという統計があります。

そして、その割合は、年々上昇することが予測されています。

高齢化社会に差し掛かり、介護サービスを受ける人が増える中、介護ができる人材の確保が急がれています。

都市部だけではなく、地方でも、高齢化により、介護職員のニーズが増えていることから、資格を持っていれば職に困ることはないと言えるでしょう。

無料で働きながら介護職員初任者研修の取得を目指せる

働きながら介護職員初任者研修の取得を目指したいという方にぜひおすすめしたいのが求人サイトのかいご畑です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれます。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でおすすめしたいです。
介護職員初任者研修以外にも以下のような資格を目指せます。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

介護職員実務者研修

pixta_4323865_S

介護職員実務者研修とは

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。

その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。

また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。

平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。

つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。

その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。

この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。

近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。

そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。

介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。

長い目で見て、将来性がある仕事です。

社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

働きながら無料で介護の資格取得を目指す

就業中にキャリアアップするための資格取得を支援してくれる制度を設けている求人サイトがあります。
それは介護業界専門の求人サイトであるかいご畑です。

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

仕事はやめられないけどステップアップしたいと考えている方には、大変おすすめしたいです。

かいご畑で受けられる無料講座例

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

介護福祉士

介護福祉士とは

介護福祉士とは、介護福祉の分野で設けられている国家資格です。
介護職として、第一線で仕事をするのが介護福祉士です。

一般的に、ケアワーカーと呼ばれることも多く、介護を必要としている高齢者に対して、直接支援をします。
食事、買い物、入浴のお世話など、その人一人ひとりに合わせた、日常生活の支障を解消することがお仕事の内容です。

高齢者や身体が不自由な人に対して、身の回りのお世話をする仕事となっていますが、体力勝負の仕事です。
足腰が不自由なお年寄りの介助は、時に肉体的、身体的に辛いと思う出来事も待っています。

その為、介護福祉士は女性だけではなく、男性の手も必要と言われます。
体力勝負の仕事だからこそ、体力に自信がある人こそ、チャレンジをすることが求められている資格です。

介護福祉士の試験とは

介護福祉士の試験とは、厚生労働省によって実施されます。
国で定められた国家資格で、合格をすれば介護の現場での仕事が待っています。

試験は、年に一度しか行われません。
年に一度しか行われない試験と言う事もあり、受験者がとても多くいる資格です。

第一次試験と第二次試験があり、第一次試験は1月頃、第二次試験は3月頃に行います。
試験地は、それぞれの都道府県が設けた会場で受験をすることになります。

試験の内容は、第一次試験が筆記試験です。
「人間と社会」、「介護」、「こころとからだのしくみ」の三領域についての質問があり、最後に総合問題を問われます。
一般的な知識から、専門性の高い内容まであるので、ある程度の勉強は必須だと言えるでしょう。
ただし、一時試験だけでも、毎回60%の人は試験に合格しているので、しっかりと勉強をすれば難しい試験ではないです。

そして、第二次試験は実技試験です。
実技試験も、これまでの学校や介護の現場での知識を生かせばさほど難しい内容ではありません。
実際に、試験全体での合格率は65%近く、他の国家資格と比べてもとても高いのが特徴です。

将来性の高い介護の現場で、国家資格を持っていれば、必ず職に困ることはありません。
介護福祉士は、介護職の必要性に対応するために、年々注目度が高まっています。

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。
その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。
また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。
平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。
つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。
その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。
この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。
近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。
そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。
介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。
長い目で見て、将来性がある仕事です。
社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

平成25年度から、介護の資格に関する制度が変わり、ヘルパーと言う名称は廃止されました。
その代わりに登場したのが、介護職員実務者研修と言うものです。

介護職員実務者研修とは、旧ヘルパー1級程度のレベルになります。
また、ヘルパー1級よりも上の介護職員基礎研修の代わりも務める資格です。

介護職員実務者研修は介護職員としての大きな一歩

介護職員実務者研修は、介護職員としてのキャリアを積むうえで大きな一歩となります。
平成28年度に行われる第29回介護福祉士試験からは、受験資格の一つに「介護職員実務者研修保持者であること」の項目が加わります。
つまり、介護職員実務者研修を終えていなければ、介護福祉士となることはできません。

介護福祉士の資格所得には、介護職員実務者研修の資格のほかに3年以上の実務経験が必要です。
その為、まずは介護職員実務者研修を終えて、社会に出て介護職員として働く必要があります。

3年以上のキャリアを積み、更にステップアップをしたいと思う人が、国家資格である介護福祉士の資格所得のチャンスをつかむことができるわけです。
この為、介護職員実務者研修は、介護職員として上を目指したい人にとって、必ず通らなければならない道です。

介護職員実務者研修の必要性

介護職員実務者研修としての資格保有は、これからどんどん必要性が増していきます。
近年は、高齢化社会が叫ばれている通り、お年寄りが増えて、さらなる介護の手が必要とされています。

一方で、外語職員として働く人の数が圧倒的に少なく、介護の担い手の必要性が叫ばれています。
そこで、介護職員実務者研修を修了した、高度な介護の知識を保有している人材はとても貴重です。
介護職員実務者研修を所得すれば、必ず就職口が見つかります。

また、3年間の介護職員としての仕事をこなした後に、国家資格を取れば、更に待遇のいい仕事が待っています。
長い目で見て、将来性がある仕事です。
社会から必要とされる仕事は、必ず遣り甲斐を感じることができ、ほこりをもって仕事に取り組むことができるでしょう。

これからヘルパーになるには

pixta_7774950_S

ヘルパー試験の廃止

これまでの「ホームヘルパー」の資格は、平成25年度をもって廃止されています。
旧ホームヘルパー2級の資格は、介護の仕事のファーストステップとも言われました。

事実、介護の現場で働くパート職員から、これから国家資格所得を目指す方まで、幅広い人が保有している資格の一つです。
ヘルパーの資格の廃止が決定される直前には、多くの人が資格所得をめざし、講座を受講しました。

この背景には、新資格である「介護職員実務者研修」は、ヘルパー2級に比べて難易度が上がることが上げられています。
今後、介護職に就くためには、旧ヘルパー2級程度とされる介護職員実務者研修の資格保有が条件の一つに加わりました。

これからヘルパーになるには

これからヘルパーとしての仕事に就きたいと思う人は「介護職員実務者研修」を受ける必要があります。
旧ヘルパー2級と同等に扱われる資格ですが、難易度がぐんと上がったことが難点の一つです。

ただし、厚生労働省で決められた各都道府県に設けられた学校に通い、真面目に講習に取り組めば、さほど難しい試験ではありません。
国家資格とは違いますので、長時間の勉強が必要なテストや試験もないです。

これまでのヘルパー2級の資格に比べた違いは、少しばかり専門的な知識が必要になったくらいです。
その為、学校に拘束される時間が少し増え、場合によっては必要なレポートの種類が増えただけと言えます。

人によっては、より多く勉強をしなければならないことに嫌気を感じるかもしれませんが、必要だから制度は改訂されたわけです。
しっかりと勉強をして身に着けた新しい知識は、必ず将来に生きると言えます。

旧ヘルパー2級所得者よりも、介護の現場に入る前に、より濃い内容の勉強ができることは素晴らしい事です。
既に制度が改訂された後ですし、前向きに考えて資格所得を目指すことが大切でしょう。

無料で介護の資格取得を目指せる

介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパーの資格試験

ヘルパー試験の廃止

これまでの「ホームヘルパー」の資格は、平成25年度をもって廃止されています。
旧ホームヘルパー2級の資格は、介護の仕事のファーストステップとも言われました。

事実、介護の現場で働くパート職員から、これから国家資格所得を目指す方まで、幅広い人が保有している資格の一つです。
ヘルパーの資格の廃止が決定される直前には、多くの人が資格所得をめざし、講座を受講しました。

この背景には、新資格である「介護職員実務者研修」は、ヘルパー2級に比べて難易度が上がることが上げられています。
今後、介護職に就くためには、旧ヘルパー2級程度とされる介護職員実務者研修の資格保有が条件の一つに加わりました。

これからヘルパーになるには

これからヘルパーとしての仕事に就きたいと思う人は、「介護職員実務者研修」を受ける必要があります。
旧ヘルパー2級と同等に扱われる資格ですが、難易度がぐんと上がったことが難点の一つです。

ただし、厚生労働省で決められた各都道府県に設けられた学校に通い、真面目に講習に取り組めば、さほど難しい試験ではありません。
国家資格とは違いますので、長時間の勉強が必要なテストや試験もないです。

これまでのヘルパー2級の資格に比べた違いは、少しばかり専門的な知識が必要になったくらいです。
その為、学校に拘束される時間が少し増え、場合によっては必要なレポートの種類が増えただけと言えます。

人によっては、より多く勉強をしなければならないことに嫌気を感じるかもしれませんが、必要だから制度は改訂されたわけです。
しっかりと勉強をして身に着けた新しい知識は、必ず将来に生きると言えます。

旧ヘルパー2級所得者よりも、介護の現場に入る前に、より濃い内容の勉強ができることは素晴らしい事です。
既に制度が改訂された後ですし、前向きに考えて資格所得を目指すことが大切でしょう。

ヘルパー資格の取得費用

attractive asian woman on white background

ヘルパー資格の取得費用とは

ヘルパーの資格所得にかかる費用は、都道府県により異なります。

これは、ヘルパー資格はあくまでも国家資格ではなく、厚生労働省により定められた機関での学習が必要とされているからです。

学校に通い、講座を受講することで得られる「終了証明書」をもって、ヘルパーの資格と認められているので、学校に通う事が絶対条件となります。

つまり、この学校の規定や講座の内容により、費用が大幅に変わってきます。

一般的に、最安値で50,000円程度で、高くて150,000円と言われています。

これは、地方によって差があり、サービス内容によっての違いだと考えられるでしょう。

学校によっては、資格を無事に取得し、学校指定の紹介先へ就職することで受講料の何割かが返金される制度もあります。

また、自分で仕事を探したとしても、就職お祝い金が支給される場合もあり、学校によって制度はまちまちです。

割引制度を活用する

ヘルパーの資格には、割引制度を活用できることが多いです。

所謂、ハローワークから情報が出ている求職者支援訓練学校では、通常の半額かそれ以下の価格で講座の受講が可能です。

また、母子家庭の母親に対して、受講費免除を設けている地方自治体もあります。

自分で申し込みをした場合でも、学校で定められている一定の条件を満たすことで、受講料の割引を受けられる制度があります。

例えば、友達同士での受講、紹介を通しての受講、学割など、学校によって割引制度はまちまちです。

ただし、割引制度を利用しても、テキスト代、健康診断、実務試験会場までの交通費などの諸費用は、自己負担となることが一般的です。

最終的に同じ資格を得られるのでしたら、少しでも安く受けられる方が得ですので、自分の条件を元にいくつかの学校に問い合わせをしてみることをおススメします。

ヘルパー資格の費用と分割

ヘルパー試験の受講費用は、大体50,000円~150,000円程度とされています。

中には、分割で支払いたいと思う人もいるかと思いますが、大体の学校では分割での支払いを認めています。

学校によっては、2回~最大で36回払いの選択肢を得られることもあるので、自分のお財布と相談しながらやりくりすることができます。

ただし、分割をすれば、それだけ利子が付きますので、賢く計算しなければなりません

中には、金利・手数料無料と言う学校もあります。

独自の分割方法を設けている学校もあるので、分割を検討しているのでしたら、資料請求後に詳しいと言わせをするといいですね。

無料で介護の資格取得を目指せる

ヘルパー資格取得のための費用を少しでも抑えたいという方には絶対知ってほしい情報です。
介護業界専門の求人サイトかいご畑では、就業中にキャリアアップを狙える資格の取得の支援を行ってくれるので、大変おすすめな介護職の求人サイトです!

かいご畑を運営するニッソーネットは別事業で介護の資格取得講座を開講しているので、質の高い授業を無料で受けられるという事でたいへん評判が良いです。

かいご畑で受けられる無料講座

介護職員初任者研修
実務者研修
介護福祉士
けあゼミ

ヘルパーの資格について

ヘルパーの資格の取り方

ヘルパー試験の廃止について

ヘルパーの資格の学校 口コミ・評判